あるエリート銀行マンが合コンで連敗してしまう理由

合コンは合理的な出会い方ではありますが・・・

130714b

 

彼女をつくるにあたって、様々な出会いの場がありますが、

「合コン」という出会い方は非常に合理的な手法の1つです。

 

そして、合コンの「ただの1人の参加者」となるのではなく、

「主催者」となることによって、よりその旨みを味わえると言えます。

 

例えば、合コンの主催者になれば、

 

・味方になってくれる男友達を集め、連係プレーができる

・おとなしい男性でも、主催者になれば、ほどよく目立てる

・共通の友人を紹介し合うので、女性から信頼されやすい

・女性参加者から、リーダーとして見られ頼られる

・女性幹事経由で、女性全員の連絡先を無理なく入手できる

・他の男性に恨まれることなく、一番お気に入りの子にアプローチができる

・特に幹事の女性とは、共同作業をして、親近感が無理なく強まる

 

・・・などなど様々なメリットがあります。

 

また、ナンパやパーティーなどで、

初対面の女性と出会って連絡先を交換した場合においても、

 

相手の女性のレベルが高くて、いきなり1対1のデートに誘うのが難しい時は、

複数で遊ぶ提案をして、ワンクッションを置くと、

友達→恋人へのステップが、より自然でスムーズになるわけです。

 

その複数で遊ぶ提案の中で、

最も主催するのが手軽で、お互いのスケジューリングがしやすいのが、

「合コン」というわけです。

 

あなたは「合コン」でおいしい思いができているでしょうか?

 

私自身、おとなしくて取り柄の無い男なので、

初対面でレベルの高い女性に対して、

圧倒的なインパクトを与えることはほとんど無いと思いますが、

 

「合コン」というワンクッションを置くことにより、

無理なく仲を深めたり、恋愛関係へ発展させることができると、

実感しています。

 

さて、そんな合コンという出会いにおいて、

魅力的な人物にも関わらず、連戦連敗中のある男性がいます。

 

もしあなたが、この男性と同じタイプであれば、

合コンよりも適した出会い方に注力した方が良いかもしれません・・・。

 

持ち前のトーク力とギャグで、女性をバンバン笑わせる

 

私の知り合いに、タイゾーさんという、

30代後半で、銀行で商品企画の仕事をしている男性がいます。

 

タイゾーさんは、明るいキャラクターでトークもうまく、

背が高くて、リーダーシップもある人物です。

趣味も多彩で、テニス、コーラス、ダンスなどを習っているそうです。

おまけにエリート銀行マンです。

 

・・・ところが、このタイゾーさん、

これだけの武器を持っていながら、

多くの合コンに参加するも、連戦連敗中とのことなのです。

 

そこで、ある日、私が主催する会にタイゾーさん呼び、

彼と初めての合コンをすることになりました。

 

4:4の合コンで、

女性陣はパーティーでり知り合った20代のOL4人組で、

割と美人ぞろいです。

 

宴がはじまると、他の男性陣がノンビリしていた中、

タイゾーさんは序盤から、持ち前のトーク力で、ギャグを連発させ、

女性陣をバンバン笑わせています。

 

主催者の私としては、こういう男性メンバーがいると、

一気に輪が和むので、助かるものです。

 

そして、合コンが終わり、

私は男性メンバーの要望をそれとなく聞いたところ、

その会は4人とも可愛い子たちだったこともあり、

キレイに趣味が分かれました。

 

ですから、

私はA子に、タイゾーさんはB子に、といった様に、

4人とも異なる子へ連絡する、平和的な流れになったわけです。

 

翌日、会社に出社した私は、

合コンに参加した男性メンバーの1人である、

同僚のカツ君と、昨日の会の話をしました。

 

カツ君「いや~、昨日はタイゾーさんという人が

バンバン笑いとっていて、空気もっていかれちゃったよね。」

 

私「確かに、タイゾーさんは一番目立ってたね。」

 

カツ君「お前が合コンの後、それとなく女の子を振り分けてくれたから、

俺もあぶれずに済んだわ。」

 

・・・といった感じで、

カツ君から見ても、タイゾーさんは女性陣全員のハートを鷲掴みにする

魅力的な男性とうつったようでした。

 

ところが、男性陣からは魅力的に見えるタイゾーさんでしたが、

女性陣からは、意外な目で見られていたのです。

 

「笑わせる」つもりが、「笑われて」いた

 

私はその合コンに参加していた、

A子という子と連絡をとっていたのですが、

彼女と新宿で食事デートをすることになった時のことです。

 

合コンの女性メンバー同士は、良く知っている間柄だったので、

誰が誰から連絡があったか、既に知っていたようで、

その話題となりました。

 

A子「でね、誰が誰から連絡来たかって話をしたんだけど・・・。」

 

私「うん」

 

A子「B子がタイゾーさんから連絡もらったって聞いて、みんな爆笑したの(笑)」

 

私「え?何で爆笑?」

 

A子「ホラ、わかるでしょ?タイゾーさんはネタキャラといか・・・」

 

・・・つまり、

合コンの席でタイゾーさんはマシンガントークでギャグを連発し、

彼女たちを”笑わせていた”のかと思いきや、”笑われていた”のです。

 

A子「あとね、タイゾーさんは人の話聞かないで、1人で喋りすぎ(笑)」

 

・・・私はA子のこの言葉を聞いて、

タイゾーさんが、なぜ合コンで連戦連敗してしまうかが、ようやくわかりました。

 

私自身は、比較的おとなしい性格なので、

合コンという小さな輪で、じっくり仲を深めることが適していたのですが、

喋りすぎてしまうタイゾーさんにとっては、

あまり適した出会いの場では無かったのです。

 

合コンの主催者からすれば助かる存在なのですが、

彼自身はピエロになってしまい、おいしい思いができないのです。

 

おそらく、タイゾーさんはナンパをしたり、

大人数を集めてイベントをした方が、その魅力が女性に伝わるのです。

 

ということで、

もしあなたが、ついつい、いつも喋りすぎてしまうキャラクターなのであれば、

そのテンションとトーク力をナンパなり、大人数のイベントなど、

自分自身の長所が活きてくる出会い方をした方が良いでしょう。

 

やはり人にはそれぞれ、

出会い方1つにしても、適材適所があるものです。

 

食わず嫌いも良くはありませんが、

一通りの出会い方を経験をしたら、

自分自身が最もハイパフォーマンスができる出会いの場に注力した方が、

より早く効率的に結果が出ることでしょう。

 


あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?  

 

さらに、その大好きな女性を彼女にするためには、

一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?  

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、

毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、

イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。  

 

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。  

 

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、

確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。  

 

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、

アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、

必ず大好きな女性を彼女にすることができます。  

 

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。  

 

あなたも正しいアプローチの方法を学んで、

大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?

あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法  

 

あなたにおすすめの記事

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたの恋愛の悩み、全て解決します!

 


あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮

佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ