「いじる・からかう」事で、女性の好意が倍増する理由

女性を「ほめる」だけでなく、「いじる・からかう」事も大事!?

131012a

 

女性との会話・コミュニケーションにおいて、

相手を「ほめる」事は、非常に効果的で、

好意を抱かれるキッカケにもなります。

 

誰でも、ほめられたら悪い気はしないですし、

ほめられても、一見、嬉しそうにしていない女性でも、

内心では結構喜んでいたりするものです。

 

もちろん、その女性が、

四六時中、人から「美人ですね」と褒められているのであれば、

容姿を褒めても、それほど効果はありませんし、媚びてると思われたり、

「その他大勢の男と同じね」と思われてしまうでしょう。

 

その場合であっても、

女性の「内面的な部分」を、ほめてあげれば、悪い気はされないですし、

「この人は、私の容姿ではなく、内面的な部分を理解してくれている」

と、女性から思われ、特別な感情を抱かれるキッカケとなるわけです。

 

つまり、相手の女性の内面的な部分をほめてあげるという事は、

ほぼ全ての女性に喜ばれ、なおかつ、こちらの立場を下げる事も無いので、

全くリスク無く、相手から好印象を抱かれるコミュニケーションと言えるわけです。

 

あなたは、好きな女性の内面的な部分をしっかりほめているでしょうか?

 

さて、この女性を「ほめる」という事に加え、

さらに取り入れると効果的なのが「いじる・からかう」という、

コミュニケーションです。

 

しかし、この「いじる・からかう」というコミュニケーションは、

効果が絶大な反面、やり方を間違えたり、やりすぎてしまうと、

女性を怒らせてしまったり、嫌われてしまうリスクもあり、

男性によっては、やや難しいテクニックとも言えます。

 

そこで、1つのやり方として、おすすめなのが、

女性をいじって、からかった後に、すかさず「ほめる」事でフォローする

という会話パターンです。

 

女性を「いじる・からかう」⇒「ほめる」

というコンボで会話・コミュニケーションをするわけですね。

 

「いじる・からかう」という前段があることにより、

普通に「ほめる」よりも、何倍も女性から好印象を抱かれるわけです。

 

「本当にそんな効果があるの?

女性をいじったり、からかったりしてリスクを犯すよりも、

ずっとほめている方が良いんじゃないのか?」

 

と、あなたは思うかもしれません。

 

そこで今回は、

「いじる・からかう」事で、その後の「ほめる」事が

相手に好意を抱かせるのに、どれだけ効果的なのか、

その論拠となりうる、ある心理的実験結果について、シェアしたいと思います。

 

ぜひ、あなたも好きな女性に対して、

ただほめるだけではなく、

時には、「いじる・からかう」⇒「ほめる」のコンボ技を仕掛けて、

相手の恋愛感情を増幅させてみましょう。

 

評価の変化により、好意度が変わる「好意の賞賛・避難実験」

 

あなたはこのような経験はあるでしょうか?

 

自分に対して、はじめは批判的だったり、嫌っていた人が、

急に良い評価をしてくれるようになると、

その人に対して好意を抱くようになる。

 

または、

 

自分に対して、はじめは良い評価をしてくれていた人が、

急に悪い評価をしてくるようになると、

その人に対して、深い憎しみがわいてくる。

 

例えば前者は、

入社時に厳しくて、何をやっても叱ってきた上司が、

1年後には認めてくれるようになり、

その上司に深い忠誠心などが芽生えるようなケースです。

 

後者は、

はじめはラブラブだったカップルが、あるケンカをキッカケに、

急にお互いの事が嫌いになり、深い憎悪を抱くようなケースです。

 

この事に関して、ある心理学者が、

「好意の賞賛・避難実験」という実験を行いました。

 

この実験は、まず、

被験者が、面接官と短い会話をし、

面接官が被験者の印象を評価します。

 

そして、面接官の被験者に対する評価は、

以下の4パターンのいずれかで、被験者に伝えられました。

 

①はじめは悪い評価をし、途中から良い評価へ移行する

②はじめから終わりまで、一貫して良い評価をする

③はじめから終わりまで、一貫して悪い評価をする

④はじめは良い評価をし、途中から悪い評価へ移行する

 

そして、面接終了後、被験者に、面接官への好意度を聞きました。

 

その結果、被験者の面接官への好意度は、以下の様な結果になりました。

 

●図:好意の賞賛・避難の実験結果

131012c

 

最も、被験者から好意度が高かったのは、

はじめは悪い評価をし、途中から良い評価へ移行した面接官でした。

 

次いで、好意度が高かったのが、

はじめから終わりまで、一貫して良い評価をした面接官、

 

そして、被験者から最も好意度が低かったのは、

はじめから終わりまで、一貫して悪い評価をした面接官ではなく、

はじめは良い評価をし、途中から悪い評価へ移行した面接官でした。

 

最終的に良い評価をしてくれたかが否かが、

その面接官への好意度の高さに影響しています。

 

そして、評価が途中で変化すると、

「悪⇒良」の場合は、大幅に好意度が上がり、

「良⇒悪」の場合は、大幅に好意度が下がっています。

 

これは、以下の記事でもお話した

ヤンキーが子犬を助けていたら、評価が大幅に上がり、

優等生がカンニングをしたら、評価が大幅に下がってしまう、

「ギャップ」の心理的作用と似ていますね。

「ギャップの魅力」ってなに?

 

このような感情の増幅というのは、

女性からの好感度を大幅に上げ、恋愛感情を芽生えさせる事もあれば、

反対に、好感度を大幅に下げ、憎悪の対象になることすらあるわけです。

 

そして、冒頭でお話した

「いじる・からかう」⇒「ほめる」という会話の流れも、

一種の「悪⇒良」への評価の変化で、

女性の感情を増幅させ、恋愛感情を芽生えさせるキッカケになるわけです。

 

終始「ほめる」だけでも、女性からの好感度は上がりますが、

「いじる・からかう」からの変化をつけることにより、

より強力に作用させる事ができるわけです。

 

あなたも、好きな女性に「いじる・からかう」⇒「内面的な部分をほめてフォローする」のコンボを使ってみよう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

男性によっては、大好きな女性に対して、

「いじる・からかう」事が、なかなかできないかもしれません。

 

しかし、その後すかさず、女性を「ほめる」事で、

最終的に良い評価をすれば、嫌われるようなリスクはほとんど無いわけです。

 

それどころか、ただ終始女性をほめているだけの場合よりも、

「悪⇒良」の評価の変化で、女性の感情を強く揺さぶり、

より強力な好意を抱かせることができるわけです。

 

ということで、早速あなたも、好きな女性に

「いじる・からかう」⇒「内面的部分をほめてフォローする」

という会話のコンボを、仕掛けてみてください。

 

これにより、必ず女性の身も心も、あなたに急接近してきますよ。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ