結婚相手にするべきではない女性の10の特徴

うまくいかないのはあなたの責任では無い

130510a

 

理想の彼女や結婚相手となる女性をつくるために、

多くの男性が出会いを求めたり、外見やコミュニケーション能力を磨いたり、

アプローチの仕方を工夫したり、様々な努力をされています。

 

あなたも様々な努力で、

年を増すごとに魅力的な男性になっているのではないでしょうか?

 

努力の甲斐があって、

女性にモテるようになったり。理想の彼女ができる男性がいる一方で、

好きな女性となかなか関係が進展しなかったり、

結婚という関係までは進まない男性もいます。

 

もちろん、その男性にはまだまだ改善の余地がある可能性もありますが、

必ずしもその男性自身に問題があるとは限りません。

 

・・・つまり、

女性側に人間として問題があるので、

いくら男性側が素晴らしくても、

恋愛関係に発展しなかったり、結婚が見えてこないというケースです。

 

そのような場合は、とっとと他の魅力的な女性に行った方が、

往々にして、その男性にとって早く良い結果が出るものです。

 

どんなに自分磨きをして魅力的でアプローチが上手い男性であっても、

世の中には落とせない女性や、結婚まではいかない女性というのが

必ずいます。

 

その様な場合は、自分に非があるかのように思う必要は無いのです。

 

環境や周りのせいにしないで、自らを省みることによって、

人間が成長することは確かではあるのですが、

 

だからと言って、過度に自分自身を責めたり、落ち込むことは無いのです。

 

やはり、女性側に問題がある場合もあるのです。

 

そこで今回は、

「結婚相手にするべきではない女性の10の特徴」

ということについて、あるサイトに興味深い記事がありましたので、

シェアしたいと思います。

 

もしあなたがアプローチがうまくいっていないのなら、

それは相手の女性側に問題があるのかもしれませんよ?

 

結婚に向かない女性の10の特徴

 

まずは、以下の記事を読んでみてください。

 

結婚したい30代40代の男性の皆さん、

本当に結婚したいなら女性の性格を良くみて選んで下さい。

25歳以上の独身女性の半分は生涯独身になります。

女性の場合の結婚出来る率は

25歳 50%
30歳 15%
35歳 6%
38歳 3%
40歳 1%

となります。

生涯独身女性を選んだ所で、
結婚までたどり着けないし、
たどり着けてもすぐに離婚します。統計的に見た結果です。

基本的に下の項目に一つでも、
当てはまる女性は生涯独身女性の可能性が大きいので、
選ばないようにして下さい。

1:我が強い(相手の意見を聞き入れない)

2:自分の時間が欲しいと言う

3:会いたがらない

4:慎重派
(30歳頃から慎重派になります。
自分の価値を知らずに慎重派になり、
40近くまで独身の女性はかなりいます。
そして生涯独身です。恋人=結婚と思うのが難点です。)

5:恋人より趣味に走る

6:自分を大事にしすぎる(エゴが強い)

7:相手の気持ちになろうとしない

8:いつまでも親元暮らし

9:理想が高い

10:自分の性格に合う相手を選び続ける

以上が判断基準です。

簡単な選び方は30代以上を切り捨てて
20代を選ぶ方法もあります。

30代女性と出会いがあっても上手く行かない人は多いです。
とりあえず、20代を狙って下さい。

事実、上記にあげた性格で
何十回も婚活をして上手くいけてない女性は沢山います。
むしろ、過半数かもしれません。
美人で人として出来ていても、上記の性格の女性は避けて下さい。

引用元:http://ouyo.skip-in.com/copy/post-4.html

 

・・・いかがでしょうか?

 

もちろん、これらの10項目に当てはまるものがあったり、

30代以上の独身女性でも、良い人はいるでしょう。

 

しかし、確かに私の周りでも結婚できない女性というのは、

これらの特徴が当てはまっています。

 

そして、このような女性にアプローチするよりも、

20代で容姿も良くて性格の良い女性にアプローチした方が、

その男性が幸せになる確率は圧倒的に高いです。

 

ですが、男性が相手の女性に盲目的に好意を抱いていると、

これらの女性側の問題点を見落としがちになり、

いつまでも結果がでなかったり、女性に振り回されて不幸になってしまうのです。

 

容姿レベルが高い女性であっても、

30代以上であればこのような問題を抱えている可能性が高いので、

注意が必要です。

 

早めに見切りを付けて、マトモな女性にアプローチを

 

あなたのアプローチ中の女性が、

以下の10項目に当てはまらないか、今一度確認してみてください。

 

1:我が強い(相手の意見を聞き入れない)
2:自分の時間が欲しいと言う
3:会いたがらない
4:慎重派
5:恋人より趣味に走る
6:自分を大事にしすぎる(エゴが強い)
7:相手の気持ちになろうとしない
8:いつまでも親元暮らし
9:理想が高い
10:自分の性格に合う相手を選び続ける

 

・・・これらに当てはまるからといって、

もちろん、うまくいってるのであれば、

直ちに別れろ、というわけではありません。

 

もし、あなたのアプローチが難航していたり、

うまくいってないのであれば、

その女性に問題があるのだと、早めに見切りをつけて、

他の魅力的な女性にアプローチをすることをおすすめします。

 

そして、問題の無い独身女性の判断基準として、

30代以上の女性よりも、20代の女性の方がマトモであることは、

確率論の観点からして、確かなことです。

 

その際、あなたは自分自身を責めたり、

罪悪感を持つことは無いということです。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

2 Responses to “結婚相手にするべきではない女性の10の特徴”

  1. 初コメントにて失礼いたします!

    女性の特徴もよく捉えながら、接しなければなりませんね^^

    • 管理人@佐藤 亮  管理人@佐藤 亮  より:

      山田様

      はじめまして、コメントありがとうございます。

      最初は女性の容姿ばかりに目がいってしまうのが、
      男性のサガですね(^^)

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ