目力をアップさせて魅力的な男になる3つのエクセサイズ

人の顔のパーツの中で、最も第一印象を左右する要素とは!?

131216a

 

恋愛おいて、「見た目」というものは、

なんだかんだで重要な要素な1つです。

 

しかし、このサイトで何度もお話しているように、

男性の場合は、生まれつきの顔の良い悪いといった、

先天的な見た目の要素はそれほど重要ではありません。

 

重要なのは、髪型、服装、清潔感、雰囲気など、

後天的に身につけることができる見た目の要素を、しっかりと磨き上げる事です。

 

これにより、どんな男性でも、

正しいコーディネートをすれば、カッコ良くなることが可能なわけです。

 

そして、このような自分磨きの1つに、

その男性の「顔」をカッコ良くさせてしまう方法もあります。

 

もちろん、整形手術をするわけではありませんし、

女性のようにメイクアップをするということでもありません。

 

その男性本来の良さを引き出す方法、と言った方が正確かもしれません。

 

あなたは自分自身の「顔」の魅力を100%引き出せているでしょうか?

 

以前、コチラの記事では、

顔をシャープにするためのエクセサイズをご紹介しましたが、

これも、その男性本来の良さを引き出す方法の1つです。

 

そして、今回お話したいのは、

「顔」のパーツの中でも、第一印象を決める最も重要な要素と言える

「目」の魅力を最大限に引き出す方法です。

 

やはり、目力(めぢから)があったり、強いアイコンタクトが出来ると、

女性からは、魅力的な男性と見られます。

 

逆に、目に力が無いと、

覇気が無い印象になってしまったり、その人の魅力が半減してしまったりします。

 

今回のお話する方法は、非常に簡単ですので、

ぜひ、あなたもこのエクセサイズで目力をアップさせて、

最大限に魅力を引き出して、気になる女性や好きな女性を虜にしてください。

 

「死んだ魚の目」を持つ男の話

 

さて、今回、「目力」をテーマにお話するのは、

実は私自身がかつて、目に力が無くて、

恋愛ほかコミュンニケーションにおいて損をしていたと感じるからです。

 

私は、幼稚園から中学生まで、長い間メガネをかけていて、

高校に入ってからコンタクトレンズにしたせいか、

時々、「眠たそうな目」と、人に指摘されることがありました。

(根拠はありませんが、普段メガネをかけている人が裸眼になると、

眠たそうな目になる傾向があるように思います。)

 

私は社会人になって何年目かのある時、

大学時代の友人と飲んでいる時に、

「ちょっと、目を大きく開いてみて」

と、言われたことがありました。

 

私が、意識的に目を大きく開くと、その友人はこう言ってきました。

 

「お前、ずっと目に力を入れてたら、

大学時代、もう少しいい思いができたんじゃないの?」

 

・・・私はそれを聞いて、

「大学時代の時点で指摘してくれよ!」

と思ったものです(^^)

 

また、これ以外にも、何人かの女性に、

「亮君とはじめて会った時、すごい寝不足なのかと思った(^^)」

とも言われたことがありました。

 

思い返せば、学生時代なども、

自分では真面目に授業や部活に真剣に取り組んでいても、

時々、先生や先輩から、やる気があるのか心配されていたのですが、

これもひょっとしたら、目に力が無かったせいかもしれません(^^;

 

やはり、覇気が無く、眠たそうで、疲れているような目では、

全てのコミュニケーションにおいて、マイナスになってしまうわけです。

 

 

・・・と、私の話などはどうでも良いとして、

さっそく、あなたの目力をアップさせるエクセサイズをお話します。

 

眼輪筋を鍛えて、目力をアップさせる3つのエクセサイズ

 

目力をアップさせる方法は色々あるのですが、

やはり、多くはメイクアップ込みの女性向けのものが多いです。

 

そんな中、健康・医療などのアドバイザーとして活躍されている、

高林克枝先生の目力アップ法は、

男性にも実践ができて、なおかつ最も手軽で簡単な方法です。

 

目力をアップさせるには、

目の上下にある「眼輪筋」という筋肉を鍛える必要があります。

131216b

 

ということで、

この「眼輪筋」を鍛える方法が、以下の3つのエクセサイズになります。

 

【眼輪筋を鍛える3つのエクセサイズ】

 

①上まぶたの眼輪筋を鍛えるエクセサイズ

131216c

●STEP1:人差し指を眉頭に、中指を眉尻にあて、

目の上でVサインをするような形をつくる。

 

●STEP2:2本の指で、眉を押し上げて、3秒間保つ。

 

●STEP3:両手の指を離してリラックスする。

 

●STEP4:STEP1~3を3回繰り返す。

 

 

②まぶたのフチの眼輪筋を鍛えるエクセサイズ

131216d

●STEP1:目を閉じる。

 

●STEP2:上まぶたのフチに力を入れるようにして、3秒間保つ。

 

●STEP3:まぶたの力を抜いて、リラックスする。

 

●STEP4:STEP1~3を3回繰り返す。

 

 

③下まぶたの眼輪筋を鍛えるエクセサイズ

131216e

●STEP1:人差し指を目尻に、中指を目頭にあて、

目の下でVサインをするような形をつくる。

 

●STEP2:中指を外側へ引き伸ばすようにして、3秒間保つ。

 

●STEP3:両手の指を離してリラックスする。

 

●STEP4:STEP1~3を3回繰り返す。

 

参照元URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/299504/2/

 

以上が、眼輪筋を鍛える3つのエクセサイズになります。

 

30秒~1分程度の時間でできてしまいますし、非常に簡単ですよね?

 

あなたも、今すぐエクセサイズを実践してください

 

ということで、

あなたも今すぐこのエクセサイズを実践してみてください。

 

1週間、2週間と続けて、習慣化していけば、

必ずあなたの目力がアップして、より魅力的な顔つきになります。

 

そして、あなたの周囲の女性たちや、出会いの場で出会う女性たちの反応も、

明らかに変わってくることでしょう。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ