恋愛のはじめは「ギブ・アンド・ギブ」で考える

「ギブ・アンド・テイク」と「ギブ・アンド・ギブ」の違い

130420a

 

こちらが相手に何かを与える代わりに、

相手にも何かを要求する

 

「ギブ・アンド・テイク」(give and take)

 

という言葉・考え方があります。

 

相手の見返りを期待して何かしてあげるという、

ある意味とてもわかりやすく、“対等な関係“とも言えます。

 

あなたも今まで、仕事やプライベートにおいて、

「ギブ・アンド・テイク」の関係を築いたことがあるのではないでしょうか?

 

では、あなたは、

 

「ギブ・アンド・ギブ」(give and give)

 

という、言葉・考え方をご存知でしょうか?

 

意味は、言葉の並びの通り、

こちらが一方的に相手に与え、

相手からの見返りは求めない考え方です。

 

相手に与えることによって喜んでもらうことにより、

こちらも嬉しくなるので、さらに与えるということです。

 

ここで、

「世の中、そんな綺麗事ばかりじゃないでしょ?」

と、反論があるかもしれません。

 

しかし、この「ギブ・アンド・ギブ」の考え方は、

例えば、商売で成功する人が持っていたりします。

 

「ギブ・アンド・テイク」の考え方しか無ければ、

こちらが与えたサービス・商品に対して、

相手から対価のお金をもらう、単発の契約になることが多いです。

相手が買わなければ、それで終わりです。

 

しかし、「ギブ・アンド・ギブ」の考えもあわせ持っていれば、

こちらがサービス・商品・情報などを何回も提供する機会を持つことによって、

相手と複数回の接触をするので、そこに「信頼関係」が生まれ、

 

最初は与えるばかりで利益が無いとしても、

長い目で見てより多くの利益を得たり、また、息の長い商売もできるわけです。

 

この「ギブ・アンド・ギブ」は商売の場面だけでなく、

新たに人間関係を構築する場面でも同じことが言えます。

 

例えばあなたに、プライベートで、

昨日今日はじめて出会ったばかりの男性がいるとします。

 

その男性が、

「ギブ・アンド・テイク」のスタンスで接触してくる場合と、

「ギブ・アンド・ギブ」のスタンスで接触してくる場合、

どちらと仲良くなりたいと思うでしょうか?

 

子供時代や学生時代にできた友達であれば、

損得勘定なしで長い付き合いができるかもしれませんが、

 

男性の場合、

社会人になると使える時間が非常に限られているので、

大人になってからつくる男友達というのは、

よほどのメリットや共通項が無ければ、時間のムダと考える人が多いです。

 

ですから、多くの男性にとって、

異性であったり、仕事絡みでも無い限り、

「ギブ・アンド・テイク」ぐらいでは足りないのです。

 

「ギブ・アンド・ギブ」ぐらい与えてくれる男性であってはじめて、

「まあ、仲良くなっても良いかな?」と思ったりするものなのです。

 

恋愛も最初は「ギブ・アンド・ギブ」ぐらいで丁度良い

 

そして、この「ギブ・アンド・ギブ」は、

あなたが新たに出会った女性と仲良くなる場合も大切な考え方です。

 

最初は男性であるあなたが、デートでどこへ行くか決めたり、

女性が好きな話題を提供して会話で楽しませたり、

仕事やプライベートの愚痴があれば聞いてあげたりして、

なおかつデート代も全部出すわけです。

 

徹底的に女性本位の立場に立ってあげるわけです。

 

正に「ギブ・アンド・ギブ」ですよね?

 

こちらが女性をデートに誘ったにもかかわらず、

「デート代はこちらが出してるんだから、会話はお前が楽しませろ」

みたいな「ギブ・アンド・テイク」の精神では、明らかに足りないわけです。

キャバクラや風俗とは違うのです。

 

しかし、ここで注意しなければならないのが、

いくらこちらが一方的に与えると言っても、

 

決してこちらが、下手(したて)に出て媚びるような態度を取ったり、

高価なプレゼントを買ってあげたり、

何でも言うことをも聞かなければならないということではありません。

 

あくまで、男性側の立場を”上”に保ちつつも、

女性を楽しませたり、愚痴や悩みを聞いてあげたり、

おもしろい場所に連れていってあげたりして、

一方的に与えるのです。

 

そして、女性も、そこまでしてくれるあなたに

じょじょに何かお返しをしたいと、自然に思うようになります。

 

最初のうちは、

“10与えて1返ってくれば良い”

と、考えておいて丁度良いぐらいです。

 

女性が、あなたに完全に惚れるようになれば、

今度は女性があなたに、色々尽くしてくれるようになったりするわけです。

 

男性は彼女ができても浮気性だったりしますが、

女性というのは惚れた男性には本当に一途になるものです。

 

最初、あなたが女性に一方的に与えていたものも、

自然と、女性は何倍にして返してくれるわけです。

 

もし、あなたが、どうしても

「なんで、あんな女に一方的に与えなきゃなんねーんだ!」

と思うのであれば、

それはターゲットとなる女性が間違っている可能性が高いです。

 

あなたが、心から自然と、

「この女になら与えてやりたい」

と思える女性をターゲットにしてください。

 

最終的には必ずあなたに何倍にもなって返ってきます

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

あなたが、気になる女性・好きな女性を

アプローチするにあたって、「ギブ・アンド・テイク」の精神では、

 

「何でこちらがデート代を出してるのに、

どこ行くか考えて、相手が好きな話題を提供して楽しませたり、

愚痴や悩みを聞いてやんなきゃなんないんだよ!」

 

などと不満に思ってしまうことでしょう。

 

ですから、

最初は「ギブ・アンド・ギブ」の精神で、

“10与えて1返ってくれば良い”

ぐらいに考えて、まずは一方的に与えましょう。

 

何度も言いますが、一方的に与えるといっても、

あくまでこちらの立場は女性よりも“上”に保ってください。

 

そして、女性があなたに惚れるようになったら、

必ず何倍にもしてあなたに返してくれますので、安心してください。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ