男と女では「会話」に求めているものが違う!?

なぜ男女間で会話が噛みあわない事があるのか!?

131206a

(c)ThalesEGO

 

男と女というのは、様々な点において、

モノの捉え方や考え方に違いがあります。

 

ですから、恋愛においても、

あなたが好きな女性や彼女と、

良好なコミュニケーションをとっていくにあたって、

この男女の違いを理解しておくことは重要です。

 

この男女のモノの捉え方や考え方の違いを理解していないと、

我々男性が良かれと思ってやったことが、

女性に不愉快な思いをさせてしまう場合もあるわけです。

 

逆に、女性側が良かれと思ってやったたことが、

我々男性にとっては、全く理解できないようなこともあるわけです。

 

さて、そんな男女のスレ違いの事態が、しばしば起こるのが“会話”です。

 

あなたも、女性と会話をしていて、

話が噛み合わなくてイライラしたり、

なぜか相手が不機嫌になっていたという経験はありませんか?

 

このようなスレ違いが起きてしまうのは、

男性と女性とでは、多くの場合、

会話において求めているものが違うからなのです。

 

そこで今回は、

“男性と女性が会話に求めているものの違い”

についてお話します。

 

あなたもこの違いを理解すれば、

女性がなぜそのような言動をするのか、その気持ちが手に取るようにわかり、

いらぬ喧嘩を防ぐことができたり、好きな女性への有効なアプローチができたり、

二人の良好な関係を築いていくことができるはずです。

 

男性と女性と会話に求めているものの違い

 

アメリカの心理学者のジョン・ゴッドマン博士は、

数々のカップルや夫婦に対してカウンセリングを行い、

35年以上もの間、男女のすれ違いについて研究してきました。

 

ゴッドマン博士は、その経験や蓄積されたデータから、

“男性と女性とで会話に求めているものの違い”

について、以下の様に述べています。

 

男性は、会話で”問題を解決すること”を求めている

女性は、会話で”気持ちを聞いてもらうこと”を求めている

 

・・・つまり、

男性は会話を問題解決の道具にすぎないと考えているのに対し、

女性は会話それ自体を楽しんでいる傾向がある、

ということです。

 

あなたもこの違いは、肌で感じる事が多いのではないでしょうか?

 

で、この違いが、実際にはどのような場面で、

スレ違いを起こすかということですが、

 

例えば、

男性が、女性の悩み事や愚痴を聞いている場面などでは、

このスレ違いがよく起こります。

 

女性の悩み事に対し、男性としては力になろうと、

その問題解決の為のアドバイスなどをするのですが、

実は多くの場合、女性としてはアドバイスなど求めていないのです。

 

女性が求めていることは、

嬉しいとか、楽しいとか、悲しいとか、寂しいとか、辛いとか、

自分の感情をまず第一に相手に聞いてもらいたいのです。

 

もちろんアドバイスを求めている場合もあるでしょうが、

その場合においても、まずは女性側が今どう感じているのか、

その感情を聞いてあげてから、アドバイスをした方が、

女性としては素直に受け入れられるわけです。

 

また、スレ違いの例として多いのが、

男性は、解決すべき問題が無ければ会話をしない傾向があるので、

これに対し女性は、色々と感じたことなどを話したいのに、

会話が無い事にストレスを感じてしまうパターンです。

 

女性としては、その日にあった出来事や、それについて感じた事について、

パートナーの男性と共有したいという欲求があるわけです。

 

ですから、相手の話を聞いてあげられる男性は、

女性にモテたり、夫婦関係を良好にできるわけなのです。

 

 

ゴッドマン博士は、

このような、男女の会話に求めるものの違いがあるのは、

先史時代からの男女の役割の違いが原因ではないかと、

分析しています。

 

男性の役割は、狩猟でしたので、

獲物を捕えるという目的達成のために、刻一刻と変わる状況の中、

様々な問題解決をしていかなければならなかったわけです。

 

そんな中、男性に必要とされる会話は、

問題解決の為の意見であり、無駄口や余計な事を話していたら、

好機を逃したり、命を落とす危険性もあったわけです。

 

一方、女性の役割は、集落などで、

木の実の採集や男の帰りを待つことでしたので、

その間は他の女性たちと会話を絶やすことなく

コミュニケーションをとっていたわけです。

 

そのような中で、女性たちは会話において、

お互いの感情を伝えあったりして、コミュニケーションを密にして、

周りとの結びつきを大切しなければ、

集団生活で仲間外れにされたりして、生き残る事ができなかったわけです。

 

先史時代に、人類の生存のために染みついた、

このような男女の求める会話の違いが、

現代のカップルや夫婦のスレ違いになっているのですから、皮肉なものです。

 

 

とはいえ、このように男女では違いがあるものだと、

理解した上でコミュニケーションをとれば、

そのスレ違いは防ぐことができ、良好な関係を築くことはできるのです。

 

あなたも女性の感情面について聞いてあげよう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

おさらいしますと、

男性と女性とでは、会話に求めているものに違いがあり、

 

男性は、会話で”問題を解決すること”を求めている

女性は、会話で”気持ちを聞いてもらうこと”を求めている

 

ということです。

 

この違いを踏まえた上で、

我々男性が、女性との会話でするべきことは、

 

“女性の話を聞いてあげる、

特に女性がどのように感じたのか、その感情面を聞いてあげる”

 

ということです。

 

特に女性が話してくる悩み事や相談というのは、

案外、その具体的な解決策などは求めていなかったりして、

自分がどのような心境なのかを、聞いてもらいたいだけだったりするのです。

 

とても簡単なことではありますが、

多くの男性がやっていないことなので、

もしあなたが、会話の中で、しばしば女性の感情を聞いてあげれば、

それだけでも、モテるようになったり、女性から信頼されるようになります。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ