何回目のデートで告白するべきか?

男性であるあなたがリードして関係をつくる

130102a


あなたは、お気に入りの女性をデートに誘って、

何回も同じようなデートを繰り返し、

なかなか関係が進展しない、という経験はあるでしょうか?

 

そして、そのうちその女性とは、

関係が途切れていく・・・。

 

やはり、男と女なので、

何回も1対1のデートに応じている女性というのは、

男女の関係へ発展することを期待しています。

 

そして、日本社会において、日本人女性が相手ならば、

男性側が意識的に恋愛関係へ発展させるよう、

空気をつくりあげて、リードしていく必要があります。

 

我が強そうな女性であっても、

一見積極的な女性であっても、

あなたより年上だったり、上司や先輩の女性であっても、

恋愛において女性は受身でいるものです。

 

ですから、あなたが好きな女性をデートに誘う場合は、

「今回のデートではキスまでしよう」とか、

毎回のデートで、確実に関係が進展するように、

前もって考えておく必要があるのです。

 

そして、この事に関して、

私が最も多くいただくご質問のひとつが、

「何回目のデートで告白したら良いのでしょうか?」

ということです。

 

今回は、このご質問について、回答します。

 

ぜひ、あなたが狙っている女性を落とす目安にしてください。

 

そもそも”告白”にこだわる必要は無い!?

 

このブログでも、以下の記事などでお話していますが、

そもそも「告白すること」にそこまでこだわる必要はありません。

>>なぜ告白は失敗するのか? その①

>>なぜ告白は失敗するのか? その②

 

「いつの間にか付き合っていた」

というカップルが多いのも、

 

20歳以上の大人の恋愛では、

変に告白にこだわらず、より自然な流れで

恋愛関係に発展させているからと言えるでしょう。

 

そして、これも何度もお話していますが、

恋愛関係に発展させるために必要な要素である、

 

・思わせぶりな発言

・スキンシップ

 

・・・この2つをデートの最中に織り交ぜていけば良いわけです。

 

そして、「キス」や「体の関係」をもつことができれば、

貞操観念がそれなりにある女性であれば、

あなたのことを特別な存在と思うわけです。

 

そうすれば、あなたから告白をしなくても、

女性から告白や、告白めいた言葉が出てくるので、

そこで、付き合うことを確認し合えば良いわけです。

 

ということで、

「何回目のデートで告白したら良いのでしょうか?」

というご質問に関してですが、

 

まず、告白だけが絶対的なことであることと考えず、

 

「何回目のデートで告白するか」

「何回目のデートで体の関係を持つか」

 

どちらでも、

状況や相手の女性のキャラクターなどに合わせて、

フレキシブルに考え分けわれたほうが、

より女性をゲットできる確率があがるわけです。

 

相手の女性が、

19歳ぐらいで、女子校育ちでほとんど恋愛経験が無い

とかだったら、わかりやすく告白してあげるのも良いでしょう。

 

しかし、恋愛経験があったり、大人の女性であれば、

告白にこだわりすぎると、かえって野暮ったくなるので、

体の関係を持ったほうが、自然な流れになるのです。

 

ですから、今回のご質問について、

「何回目でのデートで付き合うべきか?」

ということで、掘り下げてお話していきましょう。

 

何回目のデートで付き合うべきか?

 

「何回目のデートで付き合うべきか?」

ということに対する回答ですが、

 

私の見解としては、

“はやくて2回目、おそくても5回目のデートで付き合う”

ぐらいが、多くの男性にとって成功しやすいと考えます。

 

最も、戦略を立てやすいのは、

“3回目のデート”です。

 

それぞれのデートにおいて、

 

「今回のデートでは手をつなごう」

「今回のデートではキスまでしよう」

「今回のデートでは体の関係を持とう」

 

と、確実にスキンシップをステップアップさせていくのです。

 

1回目のデートだけでも、

短時間で女性の感情を何回も揺さぶり、

一気に恋愛モードになって体の関係を持つことは可能でしょう。

 

しかし、どうしても1回のデートだけで体の関係を持ってしまうと、

お互い、どこか“安っぽい関係”という感情が残ってしまい、

その先、長く関係を続けるのが難しかったりします。

 

ですから、あなたがその女性を彼女にしたいのであれば、

はやくても2回目のデートで体の関係をもって付き合う、

と、考えておくと良いです。

 

では、今度は逆に、7回、8回とデートの回数を重ねて

毎回、「食事だけしてバイバイ」のデートだったらどうでしょうか?

 

女性としても、それだけの回数を時間を割いて

1対1で会っているのに、全く男性からのアクションが無いと、

「これ以上は時間のムダ」と判断され、音信不通になってしまうでしょう。

 

特に、ある程度の年齢の女性は、タイムリミットに敏感ですから、

脈が無いのであれば、さっさと次に行きたいと思うでしょう。

 

ということで、

関係を進展させずにダラダラと

毎回同じようなデートをしているのもNGです。

 

ですから、おそくても5回目、6回目のデートでは、

体の関係をもつなり、キスをするなり、

二人が男女の関係であることを決定づける必要があります。

 

 今回のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回のお話をまとめますと、

 

「何回目のデートで告白したら良いのでしょうか?」

というご質問に対して、

 

まず、

 

女性とつきあうために、

最もこだわるべきことは、告白ではなく

デート中の思わせぶりな発言やスキンシップで、

確実に恋愛関係を育んで、自然な流れをつくることが重要

 

ということ。

 

そして、

 

はやくても2回目、おそくても5回目のデートで付き合う

のが最も戦略が立てやすく、成功しやすい

 

ということです。

 

ぜひ、今回のお話のイメージで、

あなたのお目当ての女性を確実に攻略してください。

 

尚、好きな女性とのデートで絶対に失敗したくない方は、以下の教材は必見ですよ。

デートの教科書 ~初デートからつきあうまでのすべての流れ~ レビュー

 

 

 


あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?  

 

さらに、その大好きな女性を彼女にするためには、

一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?  

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、

毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、

イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。  

 

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。  

 

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、

確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。  

 

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、

アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、

必ず大好きな女性を彼女にすることができます。  

 

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。  

 

あなたも正しいアプローチの方法を学んで、

大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?

あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法  

 

あなたにおすすめの記事

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたの恋愛の悩み、全て解決します!

 


あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮

佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ