芸能人とファンの恋愛心理からわかること

「芸能人」と「ファン」の立場の違いによる恋愛心理

130111a

あなたは、

 

「アイドルの○○ちゃんと付き合いたいなぁ」

 

と思ったことがあるでしょうか?

 

または、

 

「芸能人になって女にモテまくりたいなぁ」

 

と思ったことがあるでしょうか?

 

2つとも芸能人が絡んでくる妄想になりますが、

前者と後者とでは意味合いが180度違うものになります。

妄想のままであれば、同じですが、

いざ自身で実践するとなると、立場が全く違うものになります。

 

前者は女性アイドルに対する1ファンの立場ですから、

「かなわぬ恋」なわけです。

 

後者は、芸能人(著名人)であるあなたに対して、

何百、何千人という女性ファンが、掃いて捨てるほどいる状況です。

 

たとえ、何の取り柄も無さそうだったり、

一般社会では嫌悪されそうな芸能人であっても、

何百万人、何千万人という女性に目に晒されることによって、

憧れの目で見て溺愛してくるマニアックな美女が必ずいるのです。

 

当然、後者の状況のほうが「おいしい」ですよね?

 

つまり、何を言いたいかというと、

恋愛において、女性との出会い、デート、付き合ってから、結婚してから・・・

すべてにおいて後者の状況を作り出せば、

あなたにとって心地よくなるということです。

 

逆に前者のように、女性アイドルとそのおっかけのような力関係や状況では、

その恋愛の成就は到底難しいものですし、

男性側が苦しい恋愛になるということです。

 

出会いの場でも、デートの場面でも、付き合ってからも意識するべきこと

 

芸能人とファンという構図は、その極端な例ですが、

これは普通の恋愛においても似たような構図が発生します。

 

例えば、様々な出会いの場にしても、

あなたが「芸能人のようなおいしい立場」なのか

「アイドルのおっかけのような無謀な立場」なのか

その程度の差はあれ、大別できます。

 

以下の記事では様々な出会いの場を

難易度と女性の容姿レベルという観点から比較しました。

>>出会いの場を徹底比較検証してみました

 

その中で、「女子校の教師」は、

この「芸能人になってファンにモテモテ」と

近い状況と言えます。

 

若くて大勢の女生徒に1年中囲まれた環境で、

「先生」と「生徒」という関係ゆえ、尊敬と憧れの目で見られ、

他の環境ではビミョーな男性でも、余裕でモテてしまうわけです。

 

また、「女性の多い職場」の男性も、

それ特有の苦労もあるのですが、やはり女性が圧倒的多数な中なので、

何もしなくても、必ず好意を寄せてくる女性が出てきます。

 

反対に、私の独断と偏見もありますが、

「出会い系サイト」を最も非効率的な出会いの場として挙げています。

 

以下の記事で、出会い系サイトの再現性の低さをお話しましたが、

>>出会い系サイトの悲惨な現実

 

悪質なサイトの中には、

男性ユーザーに対しては、出会い系サイトのバイトがサクラで対応し、

女性ユーザーに対しては、サイトの男性社員が対応して遊んでしまう

なんて、ところもあるのです。

 

男女比率で男性が圧倒的に不利で、

実質的には男:女=100:1ぐらいになる場合もあるそうです。

 

冒頭の例の、「アイドルのおっかけのかなわぬ恋」

に近い構図になっているわけです。

 

しかも、出会い系サイトの場合は、

アイドルと違って、可愛いかどうかなんて実際に会うまでわかりません。

写真なんていくらでも補正できますからね。

ビミョーな女性がとんでもないインフレを起こしている場合もあるのです。

 

それだけでなく、結局は媒体ありきの方法なので、

同じ難易度が高い出会い方にしても、

ストリートナンパのような普遍的なスキルが身につくわけでもありません。

 

そして、この「芸能人」と「ファン」のような立場は、

出会いの場だけではなく、その後のデートや

付き合ってからの関係にも影響してきます。

 

やはり、デートや付き合ってからであっても、

男性であるあなたが、女性からある種の「尊敬・憧れ」

の存在で居続ける方が、心地よい恋愛が成立します。

 

同じ「芸能人」と「ファン」の恋愛にしても、

女性タレントとその男性ファンのカップルと

男性タレントとその女性ファンのカップルとでは、

圧倒的に後者の例が多いです。

 

それは、男性は女性の見た目さえ可愛ければ

好きになる可能性はありますが、

 

女性は自分のことを憧れの目で見てくる男性には、

恋愛対象としての価値を見出しにくいからです。

女性から見て「尊敬・憧れ」の存在である男性に

恋愛感情を抱くものなのです。

 

要するに女性は、「自分より格上」と感じた男性を

好きになるケースがほとんどなのです。

 

もちろん、、「女性にひっぱってもらいたい」という男性もいますし、

「ナヨナヨした男が好き」という女性もいますが、

日本の場合、そのようにお互いのニーズが合致して

うまくいっているケースが少ないように思います。

 

彼女や奥さんにいつもコテンパにやられている男性は、

好きこのんでその状況になっているわけではありません。

 

やはり、ほとんどの男性は、

女性から尊敬や憧れの目で見られる存在でい続けたほうが、

心地よいですし、お互いの関係も良好なのです。

 

今、あなたと女性の立ち位置はどうなっていますか?

 

今回のお話をまとめますと、

 

あなたと、今アプローチしている女性、つきあっている彼女との関係で、

どちらが「芸能人」で、どちらが「ファン」になっているか、

その二人の立ち位置を常に考えていてほしいということです。

 

もちろん、あなたが「芸能人」側でいてください。

 

たとえ、その女性が、あなたにとって「憧れの存在」

であったとしてもです。

 

出会ったばかりの状態では、女性の方が立場が上だったりしても、

良好な恋愛関係に発展させるために、じょじょに男性であるあなたが、

立場を上にしていかなければならないということです。

 

そして、その女性を惚れさせたいなら、

「かなわぬ恋を追いかける哀れなファン」

という状況に陥らないようにしてください。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ