好きな女性に余計なメールやLINEを送って失敗しないための5つの方法

わかっちゃいるけど、大好きな女性には、ついつい余計なメールを送ってしまう・・・

 

恋愛においては、しばしば、

「女性は、男性からマメに連絡してもらうと嬉しい」

ということが言われます。

 

そのためか、世の中の多くの男性が、アプローチ中の好きな女性に対して、

特に用も無いのにメールを送ったり、一日に何通もメールを送ったり、

毎日「おはよう」や「おやすみ」のメールを送ったり、スタンプや写メを送りまくったりしています。

 

あなたもそのような経験はありませんか?

 

しかしながら、ここで注意しなければならないのが、この言葉の真意は、

「女性は、”好きな”男性からマメに連絡してもらうと嬉しい」

ということなのです。

 

つまりこれは、女性はあくまでも、

彼氏や好きな男性からマメに連絡してもらうのが嬉しいということなのです。

 

裏を返せば、女性はまだ好きでもない男性からマメに連絡されたところで、嬉しいとは思いませんし、

それどころか「重い」とか「迷惑」などと感じてしまうこともあるわけです。

 

その結果、女性から恋愛対象外とみなされ、

メールの返信が来なくなり、やがて音信不通になってしまうわけです。

 

ですから、我々男性が好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

付き合うなり、相手がこちらに異性としての好意を持つまでの間は、

必要最低限以外の余計なメールやLINEは送るべきではないのです。

 

必要最低限以外の余計なメールやLINEとは、例えば以下のようなものです。

 

・女性から返信が来ない間に2通3通とメッセージを送る

・特に用も無いのにメッセージを送る

・意味不明な内容のメッセージを送る

・毎朝毎晩「おはよう」や「おやすみ」のメッセージを送る

・今日あった出来事を報告するような日記のようなメッセージを送る

・写メやスタンプを送りまくる

・「好き」だの「可愛いね」だの、好意丸出しのメッセージを送る

・告白する

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

このような余計なメッセージは一切送る必要は無いのです。

 

ところが、多くの男性というのは、これが頭ではわかっていても、

相手の女性が好きで好きでたまらないからこそ、

ついつい余計なメールやLINEを送ってしまうものです。

 

実際、当サイトの読者の方々からも、

「大好きな女性だからこそ、ついつい余計なメールやLINEを送ってしまい、

その結果、毎回ウザがられて、音信不通になっています。。。」

などといったご相談を数多くいただいてきました。

 

何を隠そう、私自身もかつては、

好みの女性と連絡先交換をすると、嬉しくてついつい余計なメールを送ってしまい、

その度に、女性から「重い」と思われたり、迷惑がられて、音信不通になっていました。

 

では一体、どうすれば、我々男性は、

好きな女性に対して余計なメールやLINEを送って失敗することを防ぐことができるのでしょうか?

 

そこで今回は、

好きな女性に余計なメールやLINEを送って失敗しないための5つの方法

と、題してお話していきます。

 

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、

好きな女性にアプローチするにあたっては、上手にメールやLINEのやりとりをしていきましょう。

 

好きな女性に余計なメールやLINEを送って失敗しないための5つの方法

 

それでは早速ですが、

好きな女性に余計なメールやLINEを送って失敗しないための5つの方法

とは、以下の通りです。

 

①メールやLINEは、付き合うまでの間は「デートをするための連絡ツール」ぐらいに考えておく

②複数の彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていく

③デート中に必ず次のデートの約束をしておく

④文章を作成したらすぐに送信せずに、時間を置いて冷静になってから読み直してみる

⑤酔っている時や妙にテンションが高い時は極力メッセージを送らない

 

これらのポイントをしっかりとおさえることにより、

アプローチ中の好きな女性に余計なメールやLINEを送って失敗することも無くなるわけです。

 

では、1つ1つのポイントについて、詳しく解説していきましょう。

 

①メールやLINEは、付き合うまでの間は「デートをするための連絡ツール」ぐらいに考えておく

 

このサイトでは何度もお話していることですが、

メールやLINEのやりとり”だけ”では、女性との関係を進展させることはできません。

 

もちろん、メールやLINEのやりとりでも、ある程度は仲良くなることはできますが、

それ”だけ”では、二人の関係を具体的に進展させることはできないわけです。

 

それどころか、冒頭でもお話しましたように、

相手の女性がまだこちらに異性としての好意を持っていない時点において、

余計なメールやLINEを送ってしまったら、「重い」とか「迷惑」などと思われてしまうわけです。

 

やはり、二人の関係を具体的に進展させることができるのは、

二人で直接会っている「デート」の場面なのです。

 

例えば、二人の関係を進展させるために絶対不可欠な行為として「スキンシップ」がありますが、

これは、二人で直接会っている「デート」の場面でなければ絶対にできない行為なわけです。

 

当然のことながら、メールやLINEのやりとりの中では、

女性と手をつないだり、ハグをしたり、キスをすることは、絶対にできませんよね?

 

なので、女性との関係を進展させるためには、何はともあれ「デート」をする必要があるわけです。

 

ハッキリ言って、女性との関係を進展させるためには、

100回のメールよりも、1回のデートをする方が重要なのです。

 

ですから、メールやLINEというものは、相手の女性と付き合うまでの間は、

「デートをするための連絡ツール」ぐらいに考えておいた方が良いわけです。

 

このような意識をしっかりと持つことにより、

メールやLINEのやりとりを、デートの日程調整なり、待ち合わせの連絡なり、

本当に必要最低限の連絡のみにとどめることができるわけです。

 

②複数の彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていく

 

多くのモテない男性が、

好きな女性に対して、ガツガツして余裕の無い行動をしてしまう原因の1つとして、

“ターゲットの女性が1人しかいない”

ということが挙げられます。

 

ターゲットの女性が1人しかいないと、その子に盲目的になってしまい、

「俺はこの子をモノにできなかったら終わりだ!」

みたいな余裕の無いテンションになってしまうわけです。

 

そうなると、メールやLINEのやりとりにおいても、

女性からちょっと返信が来ないだけで、いてもたってもいられなくなり、

ついつい余計なメッセージを送ってしまったりするわけです。

 

このような余裕の無い行動をしないためにも、

彼女ができるまでの間は、1人だけの女性をターゲットにするのではなく、

複数の彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていくべきなのです。

 

ターゲットの女性が1人だけでなく、複数の彼女候補がいれば、

気持ちが分散され、1人1人の女性に対して、余裕の態度で接することができるわけです。

 

ですから、1人の女性からメールの返信が来なくても、

「今、忙しいのかな」ぐらいに思って、余裕の態度で待っていられるわけで、

余計なメールを送ることも無くなるわけです。

 

出会いが少ない男性は、たまに好みの女性と出会うと、

「俺にはこの子しかいない!」などと盲目的になってしまうものですが、

おいしい出会いの場や出会いの方法を知っていれば、

その女性と同じぐらい魅力的な女性といくらでも出会うことができるわけです。

 

ということで、ぜひあなたも彼女ができるまでの間は、

1人だけの女性をターゲットにするのではなく、

出会いを増やして、複数の彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていきましょう。

 

③デート中に必ず次のデートの約束をしておく

 

デートの約束というものは、

メールやLINEなど相手の女性と直接会っていない場面よりも、

相手の女性と直接会っている場面での方が、より断られにくくなります。

 

やはり、女性からすれば、

メールやLINEでデートに誘われたら、はぐらかしたり、無視することもできますが、

面と向かって誘われたら、断りづらいですし、ましてや無視することなんて絶対にできないわけです。

 

ですから、我々男性としては、二回目以降のデートの約束をする際には、

必ず相手の女性と直接会っているデート中に約束をしておくべきなのです。

 

そして、このデート中に次のデートの約束をしておくということは、

その後のメールやLINEのやりとりにも大きく影響するのです。

 

なぜなら、デート中に次のデートの約束をしておけば、

その後、メールやLINEで、アポを取るために女性を必死に追いかける必要が無くなるからです。

 

やはり、デートのアポを取るために、

メールやLINEで女性を必死に追いかけるような形になってしまうと、

どうしても男性側が下の立場になってしまいますからね。

 

これが、デート中に次のデートの約束をしておけば、

その後のメールやLINEのやりとりでは、「特に用が無ければ連絡をしない」という、

余裕たっぷりの態度を貫くことができるわけです。

 

別にメールやLINEをしなくても、次また会うことが確約されているわけですから、

こちらは、ジタバタすることなく、ドンと構えていられるというわけです。

 

ということで、デート後のメールやLINEのやりとりで女性を必死に追いかけないためにも、

必ずデート中に次のデートの約束をしておくべきなのです。

 

④文章を作成したらすぐに送信せずに、時間を置いて冷静になってから読み直してみる

 

相手の女性と直接会って会話している場合であれば、

こちらがうっかり変なことを言ったとしても、茶化したり冗談にして、

訂正したり、はぐらかすることができます。

 

ですが、メールやLINEのメッセージというものは一度変な文章を送ってしまったら、

それが「形」として、半永久的に残ってしまうわけです。

 

そのメッセージを訂正するために、さらにメッセージを送ったりなんてしたら、

まずまず必死で痛々しい様相になってしまうわけです。

 

女性によっては、周りの女友達などに、

「こんなキモいメールが来たんだけど。。。」

などと言って、あなたの変な文章のスクリーンショットを見せびらかして、

笑い者にするなんてこともあるわけです。

 

ですから、アプローチ中の好きな女性にメールやLINEを送るにあたっては、

文章を作成したらすぐに送信するのではなく、一旦、下書き保存なりをして、

時間を置いて冷静になってから今一度読み直すべきなのです。

 

そして、冷静な頭で改めて文章を読み直してみて、

余計な文章を削ってみたり、相手に媚びるような表現の文章を削ってみたり、

あからさまに好意を示すような表現の文章を削ってみたり、

そもそも送る必要の無いメッセージであれば、送信自体を辞めるなりするわけです。

 

冷静な頭で改めて文章を読み直してみて、

本当に必要なメッセージで、表現にも問題が無ければ、送信するわけです。

 

この様に、作成したメッセージをすぐに送信せずに、一旦下書き保存して見直すとなると、

相手の女性に送るまでに時間がかかってしまうわけですが、これに関しては全く問題ありません。

 

なぜなら、女性がこちらからのメールやLINEの返信を待つ間というのは、

多かれ少なかれ、こちらのことを考える時間になるからです。

 

女性はあなたからの返信がなかなか来ないと、

「○○君から返信来ないけど、今仕事忙しいのかなあ?」

などと、頭の中であなたのことを考える時間が増えるわけです。

 

この様に、相手にこちらのことを考えさせる時間が増えると、

「あれ!?てゆーか、あたし、なんで○○君のことばかり考えてるんだろう?」

などと、こちらのことを意識して、恋愛感情が芽生えるキッカケになったりするわけです。

 

ですから、たっぷりと時間をかけてからメッセージを送る事に関しては、何も問題無いわけです。

 

ということで、好きな女性にメールやLINEを送るにあたっては、

作成した文章をすぐに送らずに、一旦下書き保存などをしておいて、

時間を置いてから、今一度冷静な頭で読み直してみるようにしましょう。

 

⑤酔っている時や妙にテンションが高い時は極力メッセージを送らない

 

お酒が入って酔いがまわっている時や、妙にテンションが高い時などは、

その時の勢いで、恥ずかしい文章や変な文章を書いてしまいがちです。

 

そのような時に好きな女性にメールやLINEを送ってしまうと、

余計なことを書いていたりして、大抵は後悔します。

 

例えば、私自身は仕事で取引先との商談がうまくいった後などは、

緊張から解き放たれた解放感も手伝って、妙にテンションが高くなったりするのですが、

そのような時には、いつも好きな女性にイタイメールを送っていました(笑)

 

ですから、酔っ払っている時や妙にテンションが高い時は、

その時の勢いで変なメールやLINEを送らないように注意しましょう。

 

文章を作成するまでなら良いですが、

④のポイントでお話したように、その場で送らずに、一旦下書き保存なりして、

時間をおいてから冷静な頭で読み直すようにしましょう。

 

 

以上、

好きな女性に余計なメールやLINEを送って失敗しないための5つの方法

についてお話しました。

 

あなたも、好きな女性へは必要最低限以外の余計なメールは送らないようにしよう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

おさらいしますと、

好きな女性に余計なメールやLINEを送って失敗しないための5つの方法

とは、以下の通りです。

 

①メールやLINEは、付き合うまでの間は「デートをするための連絡ツール」ぐらいに考えておく

②複数の彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていく

③デート中に必ず次のデートの約束をしておく

④文章を作成したらすぐに送信せずに、時間を置いて冷静になってから読み直してみる

⑤酔っている時や妙にテンションが高い時は極力メッセージを送らない

 

これらのポイントをしっかりとおさえることにより、

アプローチ中の好きな女性に余計なメールやLINEを送って失敗することも無くなるわけです。

 

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、

好きな女性にアプローチするにあたっては、上手にメールやLINEのやりとりをしていきましょう。

 


あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?

 

さらに、その大好きな女性を彼女にするためには、

一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、

毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、

イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。

 

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。

 

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、

確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。

 

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、

アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、

必ず大好きな女性を彼女にすることができます。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも正しいアプローチの方法を学んで、

大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?

あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ