恋愛の知識やテクニックを付けても女性にモテない理由

迷える恋愛マスター”ジミーさん”、恋愛を大いに語る

130211a

 

先月、ある飲み会で、

タレントのジミー大西さんに似た30代の小太りの男性(以下、ジミーさん)

が、恋愛について大いに語っていました。

 

なんでも、ジミーさんは、数十万円ものお金を払って、

女性にモテるための塾で、恋愛を学んでいたそうです。

 

ジミーさんは、身長は160cmぐらいで体重90kgぐらいの

ぽっちゃり体型ですが、人懐っこい笑顔と関西弁なので、

 

パッと見は、

「コミュニケーションがうまくて女性にモテるタイプ」

に見えないこともありません。

 

そんなジミーさん、

お酒がまわるのに比例して、さらに周囲の人に

恋愛のレクチャーなどをはじめて、饒舌になっていったのですが、

 

私は、彼の発言にはところどころ「違和感」を感じるようになりました。

 

例えば、

 

ジミーさん「女っていうのは、みんな腹黒くてしたたかな生き物だから、

それを前提に、狡猾に女を落としていかなくちゃいけないんですよ!」

 

・・・などとシャウトしています。

 

もちろん女性がしたたかな部分がありますし、

狡猾に女性を落とすことは時には必要なのですが、

 

私の目にはジミーさんが、

何だか、その「恋愛の塾」とやらで教わったことを曲解して、

空回りしているように見えたのです。

 

そして、ジミーさん、今度は私に

i-phoneのメール画面を見せながら、こう言ってきます。

 

ジミーさん「見てください。この女はもう完全に俺に惚れてるんですよ!

“女が惚れる文章のテンプレート”っていうのがあって、それを使ってるんですよ!」

 

私「その女性とは何回かデートしたんですか?」

 

ジミーさん「いや、1回も会っていないです。会っていないけど、

メールのコピーライティングの力で、この女は完全に落ちてるんですよ!」

 

・・・確かに、現代人の生活に定着している「メール」というものは、

恋愛コミュニケーションに非常に影響力のあるツールです。

 

私自身、メールテクニックを改善することにより、

女性の感情を揺さぶったり、恋愛の成功率を圧倒的に高めることができました。

 

しかし、それは、デートなどの、「直接女性と会う行為」

と掛け合わせることにより、効果があるのです。

 

メールはあくまで補助なものであって、

女性を落とす決定打は、直接会っている時です。

 

 “女性と1回も会うことも無く、メールだけで惚れさせる”

 

・・・このようなキャッチコピーの

恋愛系情報商材を、私は目にしたことはありますが、

その内容はあまりにヒドいものだったと記憶しています。

 

どうやらジミーさんも、

「恋愛の塾」で、メールだけで女性が落ちるということを

教わったようです。

 

さて、そんな彼ですが、

その飲み会が終わり、二軒目となった時、

それまでのハイテンションとはうって変わって、全く違う表情を見せたのです。

 

高額な「恋愛塾」に通ってもなぜ結果が出ないのか!?

 

二軒目の店で、ジミーさんは、

その飲み会に参加していた一人の女性に、

こんなことを言われました。

 

女性「どうして、ジミーさんは、そんなに女性が信用できないんですか?

もっと、他人を信用しても良いと思いますよ。

それに、ジミーさんは明るくて魅力的なんだから、

出会い系サイトだけでなく、実際に女性に出会える場に行った方が良いですよ。」

 

するとジミーさん、一軒目のハイテンションぶりとはうって変わって、

しんみりとしたトーンで、とつとつと話し出しました。

 

ジミーさん「・・・実は、俺、33年間、彼女ができたことが無いんです・・・。

・・・どうもリアルでの女性との出会いは良い思いをしたことが無いんで、

デジタルな媒体の出会いの方が安心できるんです・・・。」

 

どうやら、ジミーさんは、

若い頃から恋愛や女性にかなりのコンプレックスを持っていて、

 

そんな中入った「恋愛の塾」で知識やテクニックを身に付け、

出会い系サイトの女性にメールのやりとりを実践したら、好反応だったため、

その塾の講師を盲信・曲解してしまっていたようです。

 

ジミーさんはそんな質の悪い塾などに通わずに、

より多くの女性に出会うなり、とっとと女性とつきあうなり、

実際の恋愛経験を積んでいれば、

より手っ取り早くモテる男性になっていたことでしょう。

 

確かに、恋愛の知識やテクニックは有効な武器になりますし、

上級者にアドバイスを受けるのも効果があることです。

しかし、いつまでも人に依存していては、

様々な場面で能動的な判断ができません。

 

それになにより、恋愛を自由に楽しむことができないでしょう。

 

基本的なことを学んで土台ができたら、

あとは自分自身が行動して経験したことが、

その人に合ったオリジナルの最強の恋愛ノウハウになるのだと思います。

 

まずは、自分自身で行動してみて悩んで、

それでも答えが出なかった時にはじめて、

正しい答えを出してくれるエキスパートに意見を聞いてみれば良いのです。

 

これは、仕事でも勉強でもスポーツでも同じことですね。

 

恋愛は知識ばかりの頭でっかちにならずに、実際に女性に会って実践することが近道

 

さて、そんなジミーさんですが、

その飲み会の二次会で女性から受けた言葉から、考えることがあったのか、

今ではパーティーなどの実際に女性と出会う場に出向いているようです。

 

そして、そこでの経験に何か学ぶことがあったのか、

現在、95kgある体重を60kg台まで落とすようダイエット中とのことです。

 

体重が増えやすい人は、吸収が良いので、

ウエイトトレーニングに励めば、それだけ筋肉もつきやすく、

おそらくジミーさんも60kg台に絞ったら、

イカツイ系のなかなか女性ウケする外見になることが容易に予想できます。

 

傍から見ていると、ジミーさんは、

明らかに以前よりもモテる男性に近づいているのがわかります。

 

これも、ご自身で実際に女性と出会い接することにより、

今の自分に必要なことが何かが明確にわかったからだと思います。

 

他人から「あなたは、体重落とした方がいいよ」と、

指摘されても腑に落ちないでしょうが、

人間は、自分自身で悩んで考え抜いた末の結論なら、

納得して行動できたりするものです。

 

ぜひ、あなたも恋愛の知識やテクニックを得たら、

頭でっかちにならずに、

実際に女性と会った状態で実践することをおすすめします。

 

そうすれば、明日にでも具体的な結果が出る可能性もあるのです。

 


あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?

 

さらに、その大好きな女性を彼女にするためには、

一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、

毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、

イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。

 

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。

 

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、

確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。

 

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、

アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、

必ず大好きな女性を彼女にすることができます。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも正しいアプローチの方法を学んで、

大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?

あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ