自分に合ったタイプの女性と出会うための観点

オードリー・若林氏、春日氏に8年間彼女ができない原因

130520a

 

お笑いコンビ・オードリーの

若林さんと春日さんは、二人とも30代前半の独身男性です。

 

とあるイベントで、この二人が、

8年間彼女がいないことを告白していました。

 

若林さんは、彼女ができない原因を、

「二人とも人見知りで、あまりお酒を飲みに行かない」

と分析しています。

 

確かに、お酒を飲む場所に行く機会が多ければ、

それだけ女性との出会いやコミュニケーションの場は増えます。

 

あなたは、お酒はよく飲みにいくでしょうか?

それとも、あまりそのような場は得意では無いでしょうか?

 

もし、あなたがお酒が好きで、

女性のタイプも夜遊んでいる子が好きなのであれば、

クラブほか、そのような場所で出会うのは1つの手段です。

 

しかし、あなたがあまりそのような場所が得意でなかったり。

また、お酒は苦手で無いにしても、夜遊びまわっている女性が、

タイプで無いのであれば、出会うべき場所はまた違ってきます。

 

ひょっとしたら、オードリーの両氏も、

言い寄ってくる女性はいるにしても、

なかなか、自分たちのノリに合う女性達と出会うチャンスが、

無いのかもしれません。

 

そこで今回は、

あなたに合ったタイプの可愛い女性と出会うにはどうすれば良いか、

1つの観点をお話します。

 

やはり、ノリが合わない者同士では、

お互い無理したり、不幸になってしまいますので、

一回だけ遊ぶ関係の女性ならまだしも、彼女にするような女性は、

自分が自然体でいられるようなタイプと付き合うことは大切です。

 

2つの女性のタイプ・・・あなたが無理なく付き合えるのは!?

 

まずはじめに、

かな~り大雑把に女性のタイプを2つに分けますと、

 

・夜遊びが好きで、派手なタイプ

・清楚なタイプ

 

となります。

 

もちろん、

派手な外見なのに地味な生活を送っている子がいたり、

清楚な外見なのに派手に夜遊びまわっている子もいるので、

明確な線引きはできない場合もあります。

 

また、ファッションの系統も女性のキャラクター様々なので、

とてもザックリした分類ではあります。

 

しかし、なんとなく、

あなたにとって、どちらのタイプが、

無理なく自然体で付き合えるかは、判断できるのではないでしょうか?

 

もちろん、男性であれば、

派手とか、清楚とかのタイプの前に、

まずは、女性の容姿レベルが高いことが、第一条件になることが多いでしょう。

 

これに関しては、派手目の子だろうと、清楚系の子だろうと、

どちらのタイプにもも容姿レベルが高い子はいます。

 

ですから、どうせ可愛い女性をゲットするのであれば、

よりあなたにとって、ストレスの無く付き合えるタイプを最初に見極めた方が、

どのような出会いの場に行けば良いかの判断がつくわけです。

 

私の友人で、

非常に真面目な性格の建築士の男性がいるのですが、

彼は一時期、女性にモテたくてクラブナンパにはげんでいました。

 

一生懸命、おもしろいキャラクターをつくって、

「ボク、宇宙人だよ~ん!」

などと言ってクラブで頑張って女性に声をかけまくっていました。

 

彼はその頑張りで、それなりに女性経験は増えましたが、

やはりちょっと無理している部分があったので、

長く付き合える彼女がなかなか出来ませんでした。

 

もちろん、そこで培った経験は

コミュニケーション能力の向上など身になったのですが、

彼に合ったちゃんとした彼女ができたのでは、

クラブではない出会いの場でした。

 

要するに、彼はもともと派手目の女性は

それほど得意ではないのに、そのような出会いばかりで、

なかなかちゃんとした彼女が出来たなかったのですが、

出会いの場を変えることにより、自分に合ったタイプの女性と出会えたのです。

 

実は、先ほどお話した2つの女性のタイプというのは、

出会いの場の“ある観点”を変えることによって、

見事に住み分けがされていることがわかるのです。

 

出会いの場を選ぶ、1つの観点

 

では、それぞれのタイプの女性と出会うには

どのような出会いの場に行けば良いのかということですが、

その違いとは“時間帯”です。

 

つまり、それぞれの女性に出会うには、

 

・夜遊びが好きで、派手なタイプ=夜に出会う

 

・清楚なタイプ=昼間に出会う

 

と、ザックリと捉えておけば良いわけです。

 

もちろん、例外もありますが、おおよそその傾向があります。

 

具体的には、派手なタイプの女性と出会いたいなら、

先ほどの男性のようにクラブに行ったり、

また、異業種交流会などのパーティーも夜や深夜に開催されているものに

行けばよいわけです。

 

そして、清楚系の女性と出会いたいなら、

異業種交流会などのパーティーは昼開催のものに行き、

また、オフ会なども、お酒を飲むイベントに限らず。

昼間の「カフェ」や「お茶」のイベントに参加すれば良いのです。

 

特に、社会人男性からすれば、

出会いと言えば、夜お酒を飲む場という発想になりがちですが、

実は、昼間のノン・アルコールの場にも可愛い女性はいるのです。

 

先ほどの建築士の男性も、

昼に開催されていたイベントで、ようやく自分が無理なく付き合える

可愛い彼女をゲットできたのです。

 

一昔前の感覚だと、

ある程度お洒落で可愛い子は夜遊びまわっていて、

残りは地味目の子しかいないようなイメージがあるかもしれませんが、

 

今の子は、変に無理したり背伸びせず、

それぞれ自分に合ったライフスタイルを過ごし方をしているのか、

夜も昼も、どちらの出会いの場でもお洒落で可愛い子はたくさんいるのです。

 

ですから、

夜か昼かという観点でも、

あなたのタイプの女性の多い出会いの場をセレクトした方が、

より理想の彼女をゲットできるスピードや効率が上がるわけです。

 

昼間のお酒を飲まない場でも女性との出会いがある

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

夜の出会いか、昼間の出会いか、

これも、あなたに合った女性がいる出会いの場を選ぶための

1つの観点なのです。

 

特に社会人男性の場合は、

出会いと言えば、夜お酒を飲む場という発想の方が多いかもしれませんが、

昼開催のイベントやパーティー、オフ会なども、

1つの出会いの場の選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

 


あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?  

 

さらに、その大好きな女性を彼女にするためには、

一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?  

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、

毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、

イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。  

 

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。  

 

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、

確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。  

 

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、

アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、

必ず大好きな女性を彼女にすることができます。  

 

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。  

 

あなたも正しいアプローチの方法を学んで、

大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?

あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法  

 

あなたにおすすめの記事

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたの恋愛の悩み、全て解決します!

 


あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮

佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ