女性を初デートに誘う時、断られないための6つのポイント

女性をデートも誘うも、毎回やんわり断られてしまう・・・

151114a

 

男性が、好みの女性と出会って連絡先を交換した場合、

その先、二人の関係を進展させていきたいのであれば、

必ず“デート”に誘い出す必要があります。

 

もちろん、メールやLINE、電話のやりとりなど、

相手と直接会わないコミュニケーションであっても、

女性とある程度仲を深めることはできますが、

それだけでは、二人が深い関係になることはできません。

 

やはり、相手と直接会うコミュニケーションである”デート”をしてこそ、

スキンシップなどをして、二人の関係を具体的に進展させることができるわけです。

 

あなたは、好みの女性と出会って連絡先を交換をした場合、

その後、しっかりとデートに誘い出しているでしょうか?

 

・・・・。

 

さて、女性をデートに誘うことに関して、

読者の方から、以下のご質問をいただきました。

 

user1

【質問内容】

女性のデートの誘い方について教えてください。

 

私はここ数ヶ月の間、

合コンやパーティーで出会った女性を3人ほどデートに誘ったのですが、

毎回やんわり断られたり、ドタキャンされたりしています。

 

以前は女性を誘ったら初デートぐらいまではできていたのですが、

最近では初デートすらできない状況です。

 

どうすれば、女性からデートを断られなくなるのでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

 

・・・この読者の方は、女性と出会って連絡先交換をして、

初デートに誘い出すまでは良いのですが、

その後、毎回女性から、やんわり断られたり、

ドタキャンされてしまっているようです。

 

あなたも、この読者の方の様な経験をしたことはあるでしょうか?

 

私自身もかつて、女性を初デートに誘うも、

やんわり断られたり、ドタキャンされてしまった経験が何度もありました(笑)

 

では、一体どうすれば、女性を初デートに誘った時に断られなくなるのでしょうか?

 

そこで今回は、この読者の方のご質問にお答えする形で、

女性を初デートに誘う時、断られないための6つのポイント

と、題してお話していきます。

 

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、

好みの女性と連絡先交換したら、上手に初デートに誘い出していきましょう。

 

女性を初デートに誘う時、断られないための6つのポイント

 

それでは早速ですが、

女性を初デートに誘う時、断られないための6つのポイント

とは、以下の通りになります。

 

①出会いの場に行く前に第一印象を磨き上げておく

②なるべく直接会っている時に約束を取り付ける

③必要最低限以外のメールをしない

④初デートは食事デートが無難

⑤デートの日程は、複数の候補日を提案して女性に選ばせる

⑥いきなり1対1が無理そうであれば、まずは複数で遊ぶ提案をする

 

これらのポイントをしっかりとおさえれば、

女性を初デートに誘って断られることは、ほぼ無くなるわけです。

 

もちろん、すべてのポイントをおさえなければならないということではなく、

あなたのケースに応じて、必要なポイントを実践してください。

 

では、1つ1つのポイントについて、解説していきましょう。

 

①出会いの場に行く前に第一印象を磨き上げておく

 

基本的なことですが、合コンなりパーティーなり、出会いの場に行く前には、

必ず、自分自身の第一印象を極限まで磨き上げておく必要があります。

 

なぜなら、人は初対面においては、相手の中身まではわからないため、

どうしても外見から、その人を判断せざるをえないからです。

 

ですから、いくら中身が素晴らしい人物であっても、

外見にまったく気をつかっていなければ、

相手から興味すら持ってもらえない可能性もあるわけです。

 

これは、恋愛においても言えることで、

外見にまったく気をつかっていない男性は、

出会いの場においては、女性から興味すら持たれなかったり、

最悪、「生理的に受けつけない」などと、思われてしまうこともあるわけです。

 

ここで、

「でも、連絡先交換ができている時点で、

女性がこちらにまったく興味が無いってことはないでしょ?」

などと、思うかもしれませんが、

 

女性というのは、全く興味がない男性が相手であっても、

会っているその場で連絡先を聞かれたら、

とりあえず教えてしまったりするのです。

 

女性からすれば、興味の無い男性に対して、面と向かって断るのも気まずいので、

「この人、しつこそうだから、とりあえず連絡先交換だけして、

もしメールとか電話が来たら、無視すればいいか・・・。」

などと思って、その場ではとりあえず笑顔で連絡先交換したりするわけです。

 

そして、そんな状態で連絡先を交換した女性に対して、

後でメールやLINEでデートに誘ったところで、

当然のことながら、やんわり断られたり、ドタキャンされてしまうわけです。

 

ですから、出会いの場に行く前には、

必ず自分自身の第一印象を極限まで磨き上げておく必要があるのです。

 

ここで言う、“第一印象”とは、

生まれつきの顔の良い悪いなどの先天的要素のことではありません。

 

重要なのは、髪型。服装、清潔感、体型、雰囲気。などといった、

誰でも後から改善していくことができる後天的要素です。

 

これらの第一印象の後天的要素をしっかりと磨き上げれば、

どんな男性であっても、魅力的な外見になることができ、

その結果、女性から興味・関心を持たれるようになり、

デートに誘い出せる確率も格段に上がるわけです。

 

②なるべく直接会っている時に約束を取り付ける

 

初デートの約束をする場合は、

メールやLINEなどの相手と直接会っていない場面よりも、

合コンやパーティーなど、相手と直接会っている場面での方が、

より女性から断られにくくなります。

 

やはり、女性からすれば、

メールやLINEでデート誘われても、無視したり、断りやすいですが、

直接会っている場面で誘われたら、相手と面と向かっているので断りにくいものです。

 

また、女性というのは自分が悪者になりたくない生き物でですから、

相手と面と向かっている時に約束した以上は、

それを後になってドタキャンしづらいわけです。

 

ですから、可能なのであれば、

出会いの場で女性と連絡先交換をしている時点で、デートの約束をしておきましょう。

 

ただし、その場では具体的な日程までは決定できないかもしれないので、

「今度、また飲みに行こう」

などと、曖昧な言い方でもじゅうぶんです。

 

これにより、後でメールやLINEで、

女性とデートのアポを取るために必死に追いかけたりして、

こちらの立場を下げることも無くなるわけです。

 

③必要最低限以外のメールをしない

 

好みの女性と連絡先交換をした場合は、

女性がこちらに異性としての好意を持つまでは、

必要最低限以外の余計なメールやLINEをする必要はありません。

 

なぜなら、一般的に女性というのは、

彼氏や好きな男性からマメに連絡されるのは嬉しいのですが、

まだ好きでもない男性からマメに連絡されたところで、

まったく嬉しくないですし、迷惑にすら感じたりするからです。

 

そして、以下のグラフの様に、男女間では恋愛感情の高まりに時差があるため、

二人が出会って連絡先交換をしたばかりの時点においては、

多くの場合、女性はこちらに多少の興味や関心はあっても、

まだ異性としての好意までは持っていないわけです。

131114a

ですから、女性と出会って連絡先交換をしたばかりの時点においては、

必要最低限以外の余計なメールやLINEを送るべきではないのです。

 

そして、具体的に、

必要最低限以外の余計なメールやLINEとは、以下の様なものになります。

 

・女性からメールが来たら、うれしくて即返信する

・女性から返信が無いうちに2通3通と送る

・一連の流れが終わったのに、まだメールを送る

・その日あった出来事を送る日記の様なメール

・顔文字、絵文字、デコメ、スタンプなどを使いまくる

・おもしろ画像や写メなどを送りまくる

・あからさまに好意を伝えるメール

・毎日「おはよう」や「おやすみ」のメールを送る

・仕事の愚痴などネガティブな内容のメール

・1日に何通も何通もメールを送る

・「今メールできる?」「今なにしてる?」といったメール

・疑問形のメールを送りまくる

・「メールくれてうれしい!」という内容のメール

・メールで告白する

 

上記の様な余計なメールやLINEは一切送る必要はないわけです。

 

まだ女性がこちらに異性としての好意を持っていないのに、

この様な余計なメールを送りまくってしまったら、

デートに誘ったところで、女性からやんわりと断られてしまったり、

メールのやりとりが面倒くさいと思われて、返信してくれなくなったりするわけです。

 

なので、女性がこちらに異性としての好意を持っていない時点においては、

必要最低限以外の連絡はするべきではないのです。

 

そして、その必要最低限の連絡こそが、

デートの約束や待ち合わせなどの連絡なのです。

 

ですから、こちらからはデートの約束や待ち合わせの連絡以外は、

基本的にはする必要はないのです。

 

④初デートは食事デートが無難

 

初デートのプランニングとしては、

ありきたりではありますが、食事デートが無難です。

 

なぜなら、食事が嫌いな女性というのは、まずいませんから、

ハズれることが無いからです。

 

そして、出会って間もない二人が、

お互いのことを知るためにじっくり話すにあたっては、

食事の空間というのは最適だからです。

 

また、食事デートであれば、時間としても2~3時間あれば済みますし、

休日に限らず、平日の仕事の後の夜の時間帯でも予定を合わせられるので、

お互いスケジューリングしやすく、

出会ってから間延びせずに、初デートをむかえることができるわけです。

 

ところが、これが初デートで食事以外のイベントとなると、

相手の女性が好きなことだったり、楽しめることであれば良いですが、

まだ女性の趣味や趣向がわからないのであれば、

ハズしてしまう可能性もあるわけです。

 

また、終日使うようなイベントであれば、休日に予定を合わせなければならないので、

なかなかお互いのスケジュールが合わなくて、結局フェードアウトしてしまったり、

出会ってから初デートまでの間が間延びしてしまい、

女性の気持ちが冷めてしまったりする可能性もあるわけです。

 

ということで、初デートとしては、食事デートが無難なわけです。

 

時間帯としては、平日の仕事の後に予定を合わせられたり、

お酒を飲みながらより親密なムードをつくりあげることができるので、

夜の時間帯の方が良いです。

 

ただし、以下の記事でもお話しましたように、

ネットの出会い・・・特に婚活サイトのようなやや真面目なノリの出会いの場合は、

女性の警戒心を無くすため、初デートは、ディナーよりも、ランチにした方が、

より誘い出しやすくなります。

初デートはランチに行くべきか?ディナーに行くべきか?

 

⑤デートの日程は、複数の候補日を提案して女性に選ばせる

 

デートの日程を決める時には、

候補日を1日だけ挙げて提案するのではなく、

複数の候補日を提案して、女性に選ばせるようにしましょう。

 

なぜなら、候補日を1日だけ挙げて提案した場合、

女性の都合が合わなかった場合、それで話が終わってしまう可能性もあるからです。

 

例えば、あなたが女性に以下のメールを送ったとします。

 

「食事に行く件だけど、来週の土曜日空いてるかな?」

 

これに対し、女性はその日都合が合わなかった場合、

「う~ん、その日は予定があって無理です・・・。」

などと、返信してくるわけです。

 

もちろん、ここで代替日を提案してくる子もいるのですが、

まだ出会ったばかりで、女性がこちらにまだ好意を持っていない時点では、

そこまで気をまわさないこともあるわけです。

 

そして、女性としては、一旦、自分から「No」を言ってしまうと、

なんとなくデート自体までもキャンセルするような心理状態になっていくわけです。

 

そうなると、いつの間にか、

デート自体も無くなってしまったかのような雰囲気が、

二人に間に出来あがってしまうわけです。

 

ですから、我々男性としては、

なるべく女性に「No」と言わせないで、否定の言葉を言わせないで、

デートに誘っていくべきなのです。

 

そこで、複数の候補日を提案して誘っていけば、

女性が「No」を言う確率がグンと下がるわけです。

 

例えば、

 

「食事に行く件だけど、今月の土日で空いている日ある?」

 

などと、複数の候補日を提案するわけです。

 

もしくは、

 

「食事に行く件だけど、来週以降で空いている日ある?」

 

などと、より選択肢の幅を広げてあげても良いでしょう。

 

そうすると女性としても、

 

「●日と、×日、△日なら、大丈夫ですよ(o^∇^o)ノ」

 

などと、回答しやすくなり、

「No」を言う可能性も激減するわけです。

 

ということで、

デートの日程を決める時には、

必ず複数の候補日を提案して、女性に選ばせるようにしましょう。

 

⑥いきなり1対1が無理そうであれば、まずは複数で遊ぶ提案をする

 

もし、相手の女性のこちらへの食いつきがイマイチだったり、

かなりレベルが高い女性だったり、

いきなり1対1のデートに誘うのが無理そうなのであれば、

まずは、複数で遊ぶ提案をして、ワンクッション置くと良いです。

 

複数で遊ぶ提案とは、

飲み会なり、バーベキューなり、花見なり、スノボーなり、

男女数人で遊べるようなイベントを、その女性と一緒に企画するわけです。

 

その様な複数で遊ぶイベントであれば、

女性がこちらにほとんど興味が無かったとしても、

1対1のデートに比べれば、こちらの誘いに応じてくる可能性は高くなるわけです。

 

そして、イベントを通じて、

女性と仲を深めたり、共同作業をしていく中で、

当初よりもお互いの距離は縮まり、

その後は、無理なく1対1のデートに誘えるようになるわけです。

 

ということで、

いきなり1対1のデートに誘うのが無理そうな女性に対しては、

まずは、複数で遊ぶイベントを提案して、ワンクッション置きましょう。

 

 

以上、

女性を初デートに誘う時、断られないための6つのポイント

について、お話しました。

 

あなたも、好きな女性を上手にデートに誘い出そう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

おさらいしますと、

女性を初デートに誘う時、断られないための6つのポイント

は、以下の通りです。

 

①出会いの場に行く前に第一印象を磨き上げておく

②なるべく直接会っている時に約束を取り付ける

③必要最低限以外のメールをしない

④初デートは食事デートが無難

⑤デートの日程は、複数の候補日を提案して女性に選ばせる

⑥いきなり1対1が無理そうであれば、まずは複数で遊ぶ提案をする

 

これらのポイントをしっかりとおさえることにより、

女性を初デートに誘って断られることは、ほぼ無くなるわけです。

 

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、

好みの女性と連絡先交換したら、上手に初デートに誘い出していきましょう。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ