自己紹介

ごあいさつ

 

はじめまして

 

管理人の佐藤 亮(さとう りょう)と申します。

都内の中小企業に勤務する30代のサラリーマンです。

 

ハッキリ言って何の取り柄もないダメ男なのですが、

そんな私でも、それなりに女性にモテるようになり、理想の彼女を手に入れ、

現在では幸せな結婚生活を送っています。

 

当サイトでは、

そんなダメ男の私ですら、結果を出すことができた、

再現性の高い恋愛手法や恋愛テクニックの情報を発信して参ります。

 

恋愛の仕方がわからない・・・

 

私は、学生時代以来、

社会人になってから5年以上も彼女がいませんでした。

 

気づいたら20代終盤、30歳近い年齢になっていました。

 

同級生たちは結婚したり、婚約者がいたり、

当たり前のように可愛い彼女を手に入れていました。

 

「お前まだ彼女いないの?

80歳ぐらいまでには見つけろよ。」

 

などと、飲み会のたびに悪友たちのネタにされ、

表向きはヘラヘラ笑っていましたが、

内心はかなり凹んでいました。

 

しかし、、悪友たちの前では素直になれず、

見栄をはったり、強がっていました。

 

ですから、友人に対しては、

 

「どうやったら彼女ができるの?」

 

「俺に女紹介してよ」

 

などと、下手に出ることができませんでした。

 

それどころか、

 

「一応、彼女いるよ」

 

などと、ウソまでついてしまう始末でした。

 

そんなウソ彼女でその場をしのぎつつも

 

「一体どうやったら彼女ができるんだろう?」

 

「何で女性との出会いが無いんだろう?」

 

などと、一人で考えこみ、悩んでいました。

 

そこで、恋愛の仕方を勉強してみようと、

テレビ、ラジオ、雑誌、書籍といったメディアを

くまなく調べてみるのですが、

 

どれも聞いたことあるような普通のことばかりだったり、

イマイチ、ピンとくる情報は見つかりませんでした。

 

で、当時、新たなメディアとして、

現代人の生活やビジネスシーンに定着してきたものが、

 

インターネット

 

でした。

 

インターネット検索で、

「メールの返信の仕方」「デートの仕方」やら

検索すると、様々な情報が出てきました。

 

中でも、「ヤフー知恵袋」や「教えて!goo」などの

相談掲示板には一般の方のリアルな体験談を

垣間見ることができました。

 

そして、その当時、

インターネットメディアの中でも、さらに新たな媒体が登場し、

私はこの媒体で学び、様々な恋愛をすることができるようになりました。

 

 ダメ男が恋愛できるようになった理由

 

その媒体は、「情報商材」と呼ばれるもので、

ネット上でe-bookや音声ファイル、動画などの

デジタルコンテンツをダウンロード販売されているものでした。

 

この「情報商材」の広告は、

一見すると、刺激的な文章で、怪しげな雰囲気のものばかりです・・・。

 

この中には、恋愛に関する教材もあるのですが、

私は様々な教材の広告文を夢中になって読み、

かなりの数、購入もしたのですが、

 

今思うと、当たり前に事しか書いていない

ダメなモノがほとんどでした。

 

しかし、

中には、非常に優れた“教材”と呼ぶにふさわしいものが存在し、

他のメディアでは手に入らない合理的な方法が学ぶことが出来たのです。

 

この「情報商材は、数万円が相場で、

一般書籍より高額なのですが、

 

その分、その道のスペシャリストである著者の

メール相談などのサポートを受ける権利が付いており、

プロに手とり足とり教えてもらいながら、

非常に効率的に結果が出せるわけです。

 

一般的にプロの対面コンサルティング指導などは、

1回数万円~数十万円かかってしまいますが、

 

情報商材なら、一度購入してしまえば、

無期限・回数無制限でサポートを受けられる教材もあり、

圧倒的なコストメリットがあるのです。

 

私自身もそうでしたが、社会人男性は恋愛において、

親身になって的確なアドバイスをくれる相談相手というのは

なかなかいません。

 

それが

何千人もの顧客に結果を出させているプロとあなたが、

常にコンタクトが取れるのであれば、

非常に心強いものですよ。

 

私自身はサポートはそれほど使いませんでしたが、

教材を読んで「行動」することにより、

様々な恋愛経験をすることができました。

 

ちょっと恥ずかしい話かもしれませんが、

私はひとつの優れた恋愛教材によって、人生が救われた部分があります。

 

情報商材の落とし穴

 

しかし、この「情報商材」ですが、

残念ながら、誇大広告で商品の内容は薄っぺらだったり、、

一般書籍でも入手できるような、当たり前の内容のものもあります。

 

ここ数年で、 質の悪い商品や業者は淘汰されてきましたが、

価格の何倍もの価値を感じることができるような“教材”

呼べるものは、本当に極わずかしかありません。

 

特に、恋愛系の情報商材は、

男性の本能的な欲望に訴え掛ける広告を作れば売れてしまう

ということもあるせいか、80%はダメ商材という惨状です。

 

私自身、こういった教材に多額を投じてきました。

 

ですから、まずは、正しい恋愛教材を選ぶ必要があるのです。

 

そして、

 

恋愛教材を購入するにあたり、

正しい教材を選ぶことと、

もう1点注意しなければならないことがあります。

 

それは、

 

あくまで行動するのはあなた自身である

 

ということです。

 

いくら優れたノウハウで誰でも結果を出せる方法であっても、

あなた自身が行動しなければ結果は出ません。

 

つい教材を購入しただけで満足してしまう人がいるのですが、

 

行動せずに結果を出さないでいると、今度は、

 

ノウハウコレクターに陥る危険性

 

があるのです。

 

せっかくいい教材を買って、も読むだけで行動せずに、

次から次へと魅力的な広告の教材に手を出すわけです。

 

恋愛の知識ばっかり持っていて

行動せずに全く結果が無いって、メチャクチャカッコ悪いですよね?

 

数学や物理の知識なら

使わなくても教養になってカッコいいかもしれませんが、

恋愛の頭でっかちなんて、かなり滑稽ですよね。

 

恋愛はやはり、あなたが結果を出して幸せになってナンボです。

 

ぜひ、恋愛教材は、1つ良いものを購入したら、

結果が出るまで使い倒してください。

 

恋愛は普遍的なものなので、

そうそう簡単に新しいノウハウが生まれるわけがありません。

変化があるとしても、スマホやFacebookなどテクノロジーの進化ぐらいでしょう。

 

そして、あなたが

「今は彼女なんていらない」

という気持ちなのであれば、その気持ちに素直になって、

無理に彼女をつくることもありません。

 

その場合は、ひとまず購入は控えて、

また恋愛をしたい時に検討しましょう。

 

あなたが最愛の彼女を手に入れるための近道

 

私がこのサイトを立ち上げた理由は、

あなたに効率的に確実に最愛の彼女をつくってもらうためです。

 

そのための情報は惜しみなく発信していきます。

 

あくまで私の主観と経験則も入ってきます。

 

例えば、

 

「ストリートナンパだけで彼女をつくる」

 

ということを目指すのは、おすすめしません。

 

ナンパはトレーニングにもなりますし、

コミュニケーションという点で、恋愛以外にも

有効な人生経験になるので、実践すること自体はおすすめします。

 

実際、無愛想だった女の子がじょじょに警戒心を解いて

こちらに心を開いてくる瞬間は快感です。

 

しかし、

最終的に、最愛の彼女を手に入れる手段としては、

日本という環境においては、9割の男性にとっては、

再現性が低いと考えるからです。

 

なにしろ私自身、ナンパで最愛の彼女をつくったことが無いので、

このサイトのコンセプトと合いません。

 

あなたが本当に愛せる女性と出会い、深い信頼関係を構築し、

生涯幸せになっていただくことが目的ですので、

それに沿った情報発信が主体になります。

 

何の取り柄もない相当なダメな男ですら実現できたので、

あなたも絶対に理想の女性と出会い、最高の恋愛をすることができます。

 

ということで、

どうぞ、ごゆっくりと本サイトをお楽しみください。

 

あなたが最高の人生をエンジョイされることを願っています。

 

2012年11月11日

佐藤 亮

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ