女性にスキンシップを仕掛けても拒否されてしまう3つの理由

女性にスキンシップをしたら、ドン引きされてしまった・・・

140325a

 

このサイトでは、デートにおいて「スキンシップ」は、

必ずやるべき重要な事であると、何度もお話してきました。

 

髪をなでる、手をつなぐ、キスをする、

 

・・・この様なスキンシップというのは、

多くの大人の女性にとっては、

特別な関係の男性や恋人にしかされない行為です。

 

ですから、こちらとしては、デート中にスキンシップを仕掛ける事によって、

女性の頭の中に「この人と私は特別な関係なんだ」

という潜在意識を芽生えさせる事ができるのです。

 

そして恋愛感情も芽生えさせる事ができるわけです。

 

「スキンシップ」は、ヘタなセリフよりも、

恋愛感情を芽生えさせるのに、圧倒的に効果があるのです。

 

女性と何回もデートをしているのに、

なかなか関係が進展しないという男性は、

多くの場合、この「スキンシップ」が不足しているのです。

 

「出会ったばかりだし、

スキンシップなんかしたらセクハラになるんじゃないだろうか?」

などと、躊躇することは無いのです。

 

あなたは、好きな女性とのデートにおいて、

しっかりとスキンシップを仕掛けているでしょうか?

 

さて、このデートにおいて必ずやるべき重要な行為である

「スキンシップ」ではありますが、

 

先ほどのスキンシップを躊躇してしまう男性とは対照的に、

勇気をもって仕掛けていったのに、女性に拒否されてしまう男性もいます。

 

例えば、

 

女性の髪をさわろうとしたら、嫌がられた、

女性の手を握ろうとしたら、ふりほどかれた、

女性にキスをしようと顔を近づけたら、避けられた、

 

などといった反応をされてしまうわけです。

 

この様な失敗は、読者の方や私の男友達など、

男性側からもよく聞くことがありますし、

 

女性側からも、過去のダメなデートの事例として、

男性からのスキンシップを拒否した話を聞くことがあります。

 

あなたはデート中、女性にスキンシップを仕掛けて、

拒否されたり、ドン引きされたことはるでしょうか?

 

私自身は、過去に何回かあります(笑)

 

デートにおいてスキンシップを仕掛ける事自体は正しい事なのに、

一体なぜこのような失敗の事例が多いのでしょうか?

 

私が様々な事例を分析するに、

女性にスキンシップを仕掛けても拒否されてしまう理由としては、

大きく3つあると考えます。

 

3つとも、誰でもすぐに改善できるようなポイントです。

 

逆を言えば、この3点を改善すれば、

女性にスキンシップを仕掛けても拒否されることは無いと言えます。

 

ということで今回は、

女性にスキンシップを仕掛けても拒否されてしまう3つの理由

と、題してお話していきます。

 

ぜひあなたも今回のお話のポイントをおさえて、

女性にスキンシップを仕掛けて拒否される確率をゼロにしましょう。

そして、女性に躊躇なくスキンシップを仕掛けて、

どんどん深い仲になれるようにしましょう。

 

女性にスキンシップを仕掛けても拒否されてしまう3つの理由

 

早速ですが、

女性にスキンシップを仕掛けても拒否されてしまう3つの理由

とは、以下の通りです。

 

①第一印象をしっかり磨いていない

②スキンシップの段階を踏んでいない

③部屋や車内が異様に汚い

 

先ほどもお話したように、

逆を言えば、この3つのポイントさえ改善すれば、

女性にスキンシップを拒否される可能性が激減しますので、

躊躇せず、どんどん仕掛ける事ができるわけです。

 

それでは1つ1つお話していきましょう。

 

①第一印象をしっかり磨いていない

 

恋愛において、やはり「第一印象」は重要です。

 

そして、男性の場合の「第一印象」とは、

生まれつきの顔の良い悪いといった、先天的要素は

それほど関係ありません。

 

重要なのは、髪型、ファッション、清潔感、雰囲気など、

誰でも改善できる後天的要素をしっかりと磨きあげる事です。

 

スキンシップにおいても、

やはり「第一印象」が悪い男性が仕掛けたら、

女性からは拒否されてしまう可能性が高くなります。

 

特に、スキンシップというのはお互いの体が触れ合う行為なわけですから、

“清潔感”は重要な要素になってきます。

 

例えば、

 

爪が伸びていて黒いカスがたまっている

鼻毛が伸びている

口が臭い

耳にカスがたまっている

唇がカサカサ

 

・・・女性が、こんな男性を見て、

手をつないだり、キスをしたいと思うでしょうか?

 

特に、清潔好きな民族である日本人女性が相手なのであれば、

これらの点に気を配る事は重要です。

 

また、相手の女性との最初の出会いの場合が、

パーティーや合コンといった直接会う場ではなく、

出会い系サイトや婚活サイト、ミクシィなど、

ネット上の出会いの場合は、特に注意が必要です。

 

なぜなら、パーティーや合コンで出会ってから、初デートという流れであれば、

その時点で、女性から、第一印象に関しては及第点を得ている可能性が高いのですが、

ネットの出会いは、初デートが初対面なわけですから、

その時点ではじめて、女性から第一印象のジャッジを受ける事になるわけです。

 

つまり、ネット上の出会いだと、第一印象を磨いていない男性でも、

女性をデートに誘えてしまうことがあるため、

そこではじめて外見を見られて、ドン引きされる事があるわけです。

 

よく、

「ネットの出会いなら、見た目がダメでも大丈夫」

などと言う人がいますが、そんな事はありません。

 

ただ単に、直接出会う場合と比べて、

第一印象をジャッジされるタイミングにタイムラグがあるだけです。

 

どんな出会い方であれ、

しっかりと第一印象を磨きあげておくことは重要なのです。

 

そして、第一印象を磨いて、見た目の良い男になることは、

正しいコーディネートをすれば、誰にでも可能な事なのです。

 

これにより、

スキンシップを女性に拒否される確率が激減するわけです。

 

②スキンシップの段階を踏んでいない

 

このサイトの読者の方の場合は、

①のポイントは、しっかりとできている方が多いと思うので、

このポイントが最も気をつけるべき点かもしれません。

 

スキンシップというのは、

最初はより軽いスキンシップをして、女性がそれを受け入れたら、

じょじょに深いスキンシップにエスカレートさせていくのが基本です。

 

肩や肘がぶつかる ⇒ ツッコミを入れる ⇒ ほっぺたをつつく

⇒ 髪を触る、頭を撫でる ⇒ わき腹をつつく ⇒ 耳・首筋を触る

⇒ 髪の匂いを嗅ぐ ⇒ 手をつなぐ・・・

 

・・・といったように、軽いスキンシップから深いスキンシップに、

じょじょにじょじょにエスカレートさせていけば、

非常に自然な流れになり、女性に拒否されることは無いのです。

 

また、スキンシップを仕掛けていくにあたっては、

対面の席では無く、横並びの席で食事をしたり、

女性のパーソナル・スペースに入り込んでいけるよう、

「物理的距離」をどんどん近づけていくことも重要です。

 

この様な段階を踏まない男性の場合は、

デートの最中、ずっと当たり障りの無い会話しかせず、

軽いスキンシップもロクにしていなかったのに、

 

デートの別れ際に、

急に手をつなごとしたり、ハグをしようとするから、

女性から、拒否されたり、ドン引きされてしまうわけです。

 

スキンシップを仕掛けようという心がけ自体は非常に良いのですが、

段階を踏まずに、いきなり深いスキンシップを仕掛けたら、

失敗する可能性があるのです。

 

こちらの記事では、女性と体の関係を持つまでの、

16段階のスキンシップについてお話しました。

 

女性を落とすまでのアプローチの過程というのは、

非常に端的に言ってしまえば、

スキンシップをどんどんエスカレートさせて、

女性と体の関係を持ってしまう事にあるのです。

 

ですから、我々男性としては、

「いかにスキンシップをエスカレートさせて、最終的に体の関係を持つか」

というシンプルな意識を持ってデートをこなしていけば、

高い確率で女性を落とす事ができるわけです。

 

早ければ、数時間でこなせてしまう場合もありますし、

4~5回のデートまでかかってしまう場合もあるでしょう。

 

これは、あなたのレベルや、女性が恋愛慣れしているかどうか、

二人の関係性など、状況によって変わってきます。

 

いずれにせよ、

段階を踏んで軽いスキンシップから深いスキンシップへ、

じょじょにじょじょにエスカレートさせていけば、

女性に拒否されたり、ドン引きされることは無くなるのです。

 

③部屋や車内が異様に汚い

 

これは、個室居酒屋やカラオケボックス、公園、ホテルなどではなく、

あなたの部屋や車の中でスキンシップを仕掛ける場合の話です。

 

「けっこういい感じの人だったのに、

部屋に行ったら、汚すぎて一気に冷めた」

と言う女性がかなり多いのです。

 

やはり部屋の中が、

ホコリだらけ、ゴミだらけでは、女性から幻滅されてしまい,

イチャイチャするムードも壊れてしまうものです。

 

インテリアにこだわるとか、間接照明を置くとか、

それ以前に、やはりここでも大切なのは“清潔感”です。

 

掃除をしたり、不要な物を捨てるだけなら、

お金もかかりませんし、大した労力ではありませんよね?

 

もちろん、それにプラスアルファ、

インテリアにこだわるに越した事はありませんが、

①と②がしっかりできていれば、簡素な部屋であっても、

じゅうぶんスキンシップを楽しむことはできます。

 

①のポイントと同様、ここでも“清潔感”が重要になってくるわけです。

 

 

以上が、

女性にスキンシップを仕掛けても拒否されてしまう3つの理由

でした。

 

スキンシップが上手い男は、恋愛が上手い男

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

女性にスキンシップを仕掛けても拒否されてしまう3つの理由

をおさらいしますと、

 

①第一印象をしっかり磨いていない

②スキンシップの段階を踏んでいない

③部屋や車内が異様に汚い

 

です。

 

あなたには思い当たる点はあるでしょうか?

 

この中でも特に注意していただきたいポイントが、

②の段階を踏んでスキンシップをしていくという事です。

 

この3点さえ、しっかりとおさえて改善しておけば、

スキンシップを仕掛けて、女性に拒否されたり、ドン引きされる事は、

まず無くなるでしょう。

 

ぜひあなたも、これらのポイントをおさえて、

デートではどんどん女性にスキンシップを仕掛けていきましょう。

 

スキンシップができるようになっただけで、

急にモテてしまう男性というのは結構多いのです。

 

“スキンシップが上手い男は、恋愛が上手い男”

と言っても過言ではないのです。

 

あなたもそんな男性になって、恋愛を思う存分楽しんでみてください。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ