恋愛トークになった時、自分の事を正直に話すべきか

ほぼ全ての女性が大好きな「恋愛トーク」

130707a

 

あなたが狙っている女性を、落としていくデートにおいて、

必ず実行すべきことの1つが、「恋愛トーク」をすることです。

 

恋愛トークというのは、ほとんどの女性が好きな話題なので、

必ず会話が盛り上がりますし、

また、二人の関係が、友達以上に発展していくことを、

女性に意識させるキッカケにもなるわけです。

 

あなたは、女性との最初のデートなどで、

しっかり恋愛トークへ誘導できているでしょうか?

 

「恋愛トーク」となると、過去に恋愛経験が無い男性の場合は、

できないのではないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

以下の記事でもお話したように、

恋愛経験の無い男性であっても、あらかじめ「当たり障りの無い設定」

さえしておけば、後は女性側が自分自身の事を話す展開になるので、

聞き役にまわれば、恋愛トークで盛り上がることができるのです。

恋愛経験の無い男性が、女性と”恋愛トーク”をするには?

 

つまり、恋愛経験が無いことを正直に話して、

女性に不審に思われたり、価値の無い男と思われたり誤解されるような、

あえてこちらが不利になるような事を言う必要など無いのです。

 

さて、今回はそんな恋愛トークをするにあたって、

恋愛経験の無い男性の場合では無く、

“彼女がいながら、他の女性とデートをするようなケース”

についてのお話です。

 

これは浮気に限らず、

例えば、今の彼女と相性が悪くて、この先付き合っていくのが難しいと感じたり、

相手の気持ちがこちらから離れて、修復不可能と感じたりして、

こっそり、次の彼女候補の女性とデートしている場合などです。

 

この様な同時並行は、悪い事と思う方もいるかもしれませんが、

女性側もやっていたりすることなので、

あなたが理想の彼女を手に入れるための手段の1つとして考えても、

決して罪悪感を持つ必要は無いのです。

 

ということで、このようなケースにおいて、

どのように恋愛トークをしていけば良いかお話します。

 

ぜひ、あなたも恋愛トークで、

墓穴を掘ったり、自分の価値を下げるようなこと無く、

女性との関係を進展させていってください。

 

彼女がいることを正直に言うべきか!?

 

まずはじめに、

まだこちらに好意を抱いていない女性とのデートで、

恋愛トークをしていくにあたっての大前提があります。

 

それは、

 

こちらが不利になったり、立場を下げてしまったり、

相手の女性を手に入れる妨げになるようなことは、

正直に言うことは無い、

 

ということです。

 

簡単に言えば、

“野暮な事は言う必要は無い“ということです。

 

これは、先ほどの

恋愛経験の無い男性が、

あえて今まで彼女がいなかった事を言う必要が無い事も、

この大前提の上にあります。

 

では、今回の

今の彼女との関係の終わりを感じていて、

次の彼女候補の女性とデートしている場合ですが、

具体的には、以下の質問をされた時にどう答えるかということです。

 

女性「今、彼女いるの?」

 

・・・やはり、この問いに対しても、

あなたがその女性を落としたいのであれば、正直に答える必要は無いのです。

 

例えば、これに対してあなたが、

 

「彼女いるよ。でも別れそうなんだ。」

 

なとと正直に答えてしまうとします。

 

すると、女性に中には、

「彼女がいる男性とは付き合えない」

という信念の子もいるので、落とせる可能性を下げてしまうわけです。

 

では、どのように答えれば良いかということですが、

 

1つは、先ほどの恋愛経験の無い男性のケースの様に、

「彼女は3ヶ月ほどいない。仕事の都合で遠距離になってしまい別れた。」

といったような、あたりさわりの無い設定で話して、

後は、女性側の恋愛話を聞いてあげる展開にすることです。

 

この様にあらかじめ設定をしておき、それだけ話してしまえば、

後は女性は自分の恋愛話ばかりベラベラ喋るものです。

 

そしてもう1つの答え方としては、

「冗談で返す」というやり方です。

 

例えば、

 

女性「今、彼女いるの?」

 

あなた「うーん、50人ぐらいいるかな」

 

女性「あ、そうなんだ、すごいね(笑)」

 

といった調子です。

 

この様に冗談で返すと、その場では、

女性はそれ以上つついてはこないのです。

 

そして、その先、

女性があなたの事が好きになった時や、体の関係を持った時に、

どうしても真実を話してほしいということになれば、

実は、別れそうな彼女がいることを話してあげれば良いのです。

 

女性があなたに完全に好意を抱いた後であれば、

盲目的になっているので、「それでもいい」と受け入れてくれるのです。

 

ですから、女性側がまだこちらに好意を抱いていない段階では、

あなたが不利になったり、立場を下げてしまったり、

相手の女性を手に入れる妨げになるようなことは、正直に話さずに、

あたりさわりの無い設定で話したり、冗談で返せば良いのです。

 

最終的にあなたと相手の女性が幸せになればOK

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

好きな女性の気を引こうと、

自分を実力以上に大きく見せたり、見栄を張ることは、

後になって真実がバレた時、

女性からは「嘘つき」と思われ、悪い印象になるでしょう。

 

やはり、「嘘つき」という印象の男性は、女性から嫌われますので、

この様な自慢や見栄といった方向の嘘は特にNGです。

 

ですから、基本的には、

あなたの正直な姿でアプローチしていくべきなのです。

 

しかし、だからと言って、

こちらが不利になったり、立場を下げてしまったり、

相手の女性を手に入れる妨げになるようなことまでは、

正直にすべて洗いざらい話すことは無いのです。

 

まだ女性側がこちらに好意を抱いていない時点での恋愛トークは、

正にそれを使い分けるべき場面と言えるでしょう。

 

“嘘も方便”と言いますが、

その臨機応変な恋愛トークによって関係が深まれば、

結局はあなたも相手の女性も幸せになることができるわけです。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ