女が男に求める「やさしさ」の本当の意味

女性が男性に求める「やさしさ」

 

テレビや雑誌などのメディアで、

たびたび取り上げられる「女性が男性に求めるものランキング」

といった類のアンケートがあります。

 

そこで、「収入」や「ルックス」をおさえ、

たびたび上位、またはトップに来るのが「やさしさ」です。

 

この女性が男性に求める「やさしさ」なのですが、

実はちょっとやっかいな言葉なのです。

 

捉え方によっては、間違った解釈をしてしまい、

男性の思わぬ悲劇を生んでしまう可能性があります。

 

「なぜ、俺はこんなにあの子にやさしくしてるのに

振り向いてもらえないんだ!?」

 

「なんで、あの子は、

やさしい俺じゃなくて、凶悪そうな男とくっついてるんだ!?」

 

・・・といった疑問をもっている方は、

今回のお話を聞いて「女性が求めるやさしさ」の本当の意味

理解してください。

 

これによって、

あなたは、もっと肩の力を抜いて

ラクに女性にモテるようになるでしょう。

 

女性が好きな男性に求める 「やさしさ」の大前提

 

どんな時でも車で送り迎えをしている、

なんでも欲しいものは買ってあげる、

言うことはなんでも聞いてあげている・・・

 

・・・好きな女性に対して、ここまでやっているのに、

全く振り向いてもらえない男性がいます。

 

それどころか、出会った当初より、

女性は男性に対して冷たくなっていたりします。

 

・・・こんな男性、あなたの周りにもいませんか?

 

実は、これらの行為は、

女性が好きな男性に抱く「やさしさ」では無いのです。

 

 「やさしい人」ではなく、「都合のいい人」

になってしまっているのです。

 

では、女性が求めている「やさしさ」とは何なのか?

 

その大前提としておさえておくべきことが、

以下の記事でもお話した“ポジショニング”の概念です。

>>DA-PUMP ISSAはなぜモテる!? 男と女のポジショニング

 

ポジショニングとは、男性であるあなたと、相手の女性との、

力関係・パワーバランスのようものです。

 

好きな女性を落とすには、

男性側が下手に出るのではなく、

立場が上の雰囲気をつくりだし、女性側がおいかけてくる体制を

つくらなければならない、という考え方です。

 

仮に相手の女性の方が社会的地位などが上で、

最初は下手に出なかればならない場合であっても、

最終的に女性を落とす時には、男性側が上のポジションを形成し、

女性を惚れさせなければならないのです。

 

もちろん、男性が土下座して泣きながら

「お願いだから付き合ってください!貴方がいないと死んじゃいます!」

と、極端に下手に出て、とりあえずカップルになる場合もあるでしょう。

 

しかし、そんなポジショニングでは、

いくら大好きな女性と付き合えても、

男性側が恋愛の主導権を握れず、

いつもコテンパにやられて、惨めな思いをすることでしょう。

 

そんなの男性からしたら面白くないですよね?

 

で、今回の女性が求める「やさしさ」についてですが、

 

これに関しても、あくまでも、

男性が女性より上の立場のを形成すること

が大前提なのです。

 

つまり、

ご機嫌を伺うような態度や媚びるような態度というのは、

女性から見れば、その男性に価値を感じなくなり、

恋愛対象として見れなくなってしまうのです。

 

いわゆる“お姫様”“じいや”の関係ですね。

 

お姫様が、なんでも言うことを聞いてくれるじいやに

恋愛感情なんて抱きませんよね?

 

では、一体、

女性が好きな男性に抱く「やさしさ」とは

どんなものなのでしょうか?

 

女性が言う 「やさしさ」の真意

 

さきほどのお話の通り、

女性が好きな男性に求める「やさしさ」とは、

男性が女性より、上の立場を形成してこそ、

女性が感じることなのです。

 

立場が上の人間が、ふとした時にやさしさを見せると、

下の人間はうれしく思いますよね。

 

普段厳しい上司が、時折部下に見せるやさしさや気遣い、

ある種の「アメとムチ」に近いものです。

 

男女の恋愛で言えば、

 

普段は冗談を言ったり、キツイことも言うけど、

女性の体調が悪かったり、肝心な時には気遣いができたり、

 

女性が間違っていることをしていたら、

キチンと教育をしてあげることができたり、

 

こういった、相手に媚びたやさしさではなく、

本質的な意味での「やさしさ」に、女性は惚れてしまうのです。

 

女性に媚びるようなやさしさは必要無い

 

では、男性としての価値を下げてしまうNGな行動、

「女性に媚びるようなやさしさ」について、見ていきましょう。

 

あなたも、つい好きな女性に対してやってしまっていないか、

チェックしてみましょう。

 

女性があなたに対して夢中だったり、相違相愛なのであれば、

やっても問題無い場合もありますが、

まだ狙っている最中の女性に対してはNGです。

 

✔メールで「好きだよ」とか「可愛いね」などの好意むき出しのメッセージを送る

 

✔いつどんな時でも、女性から連絡があれば車で迎えにいいく

 

✔女性の言うことは、ワガママだろうと何でも聞いてあげる

 

✔高価なプレゼントを頻繁に送る

 

✔女性から冗談やキツイことを言われても、かぶせたり反論できない

 

✔女性が欲しいというものを何でも買ってあげる

 

✔いつまでも敬語や「さん」付けで呼ぶ

 

✔常に女性の機嫌を伺っている

 

✔女性に気を使いすぎて、恋愛自体をリードできない

 

いかがでしたでしょうか?

 

こういった行動では、女性にとっては「都合のいい人」どまりで

恋愛対象にはならないのです。

 

恋愛というのは、あくまでも男性であるあなたが主導権を握ってあげて

リードしてあげるのことも「やさしさ」なのです。

 

これだけは覚えておこう

 

今回、これでは覚えておいてください。

 

女性が男性に求める「やさしさ」というのは、

相手のことを本当に思ってあげる「本質的なやさしさ」です。

 

逆に、

女性の機嫌を常に伺うような行動や、媚びるようなやさしさは、

男性としての価値を落としてしまい、恋愛対象として見られなく

なってしまうのでNGです。

 

この「やさしさ」、本当に間違って捉えている男性が多いので、

注意が必要です。

 

それでは、今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?

 

さらに、その大好きな女性を彼女にするためには、

一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、

毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、

イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。

 

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。

 

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、

確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。

 

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、

アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、

必ず大好きな女性を彼女にすることができます。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも正しいアプローチの方法を学んで、

大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?

あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ