女性と連絡先交換してからデートまでの間、具体的にどのようなメールを送れば良いのか!?

[ポジショニング, メールテクニック, 女心]

初デートまでの間は、具体的などんな文章のメールを送れば良いのか!?

 

前回の記事では、知り合ったばかりの女性とは、

基本的には“必要最低限以外の余計な連絡はするべきはではない”というお話をしました。

 

なぜなら、知り合って連絡先交換をしたばかりの時点においては、

女性は、こちらに多少の興味や関心はあるかもしれませんが、

まだ異性としての好意までは持っていない可能性が高いからです。

 

一般的に女性は、彼氏や好きな男性からマメに連絡されるのは嬉しいのですが、

まだ好きでもない男性からマメに連絡されたところで、嬉しいとは感じませんし、

それどころか「重い」とか「迷惑」などと感じてしまい、

その結果、女性から返信が来なくなったり、音信普通になったりするわけです。

 

ですから、女性がこちらに異性としての好意を持つなり、付き合うなりするまでは、

基本的には必要最低限以外の余計な連絡はするべきはではないわけです。

 

いつまでもダラダラとメールやLINEのやりとりをするのではなく、

まずは「デート」をして、二人の関係を進展させていくべきなのです。

 

さて、前回の記事でこのお話したところ、数名の読者の方から、

「じゃあ、具体的にどんな内容のメールを送ればいいんですか?」

「デートまでの間はどんな文章を送ればいいんですか?」

などといった、より具体的な内容についてのご質問をいただきました。

 

そこで今回は、

女性と連絡先交換してからデートまでの間、具体的にどのようなメールを送れば良いのか!?

と題して、連絡先交換してから初デートまでの具体的なやりとりを、

メールの文章を交えながら解説していきます。

 

ぜひあなたも今回のお話をふまえて。

好きな女性にアプローチしていくにあたっての参考にしてみてください。

 

連絡先交換してから初デートまでの具体的な流れ

 

まず、今回のお話をするにあたっての大前提となるのが、

知り合ったばかりの女性と連絡のやりとりをする最大の目的というのは、

「デートをするための連絡」であるということです。

 

もちろん、メールやLINEのやりとりでもある程度は仲良くなれますが、

それ”だけ”では、絶対に二人の関係を進展させることはできないわけです。

 

やはり、二人の関係を具体的に進展させるのは「デート」の場面になるわけです。

 

「100回のメールよりも、1回のデート」というわけです。

 

ですから、知り合って連絡先交換したばかりの女性とは、

なるべく余計な連絡はせずに、デートの日程を決めたり、待ち合わせの連絡をしていく形になります。

 

これをふまえた上で、連絡先交換してから初デートまでの間は、

以下のような流れで連絡のやりとりをしていくことになります。

 

STEP1:できれば連絡先交換の時点で次回会う約束をしておく

STEP2:連絡先交換後、女性が家に帰っているぐらいの時間帯にメールを送る

STEP3:女性から最初の返信が来たら、ある程度時間を空けてメールを送る

(デートの日程を提案するメール)

STEP4:女性から2通目の返信が来たら、ある程度時間を空けてメールを送る

(デートの日程決定の連絡メール)

STEP5:デートの日が決定したら、後は余計な連絡はしない

STEP6:デート当日の2~3日前に待ち合わせの連絡をする

 

全6ステップありますが、メールのやりとりとしては、たった4往復のみです。

もちろん、携帯のキャリアメールであっても、LINEであったも、考え方は同じです。

 

初デートの日がいつになるかによって、やりとりする期間は異なりますが、

1週間だろうと、2週間だろううと、3週間だろうと、

基本的にはこの6つのステップ、4往復のメールのやりとりだけで良いわけです。

 

では次に、この6つのステップについて、

どのようなやりとりをすれば良いのか、具体的なメールの文章を交えながら解説していきましょう。

 

STEP1:できれば連絡先交換の時点で次回会う約束をしておく

 

できれば、女性と連絡先交換をしている時点で、次に会う約束をしておくと良いです。

(口約束程度でも良いです。)

 

例えば、合コンなりパーティーで出会ったお気入りの女性に対して、

以下のような流れで連絡先交換をするわけです。

 

あなた「今度、また飲みに行こうよ」

女性「いいですね、ぜひ」

あなた「じゃあ、連絡先教えて」

 

いきなり「連絡先教えて」と言っても、教えてくれたりはしますが、

やはり、次また会う提案をした上で連絡先交換をした方が、

“理由付け”ができるので、よりスムーズになるわけです。

 

ちなみに、いきなり1対1のデートに誘うのが無理そうな場合は、

まずは合コンや飲み会など、複数で遊ぶイベントを提案して連絡先交換すると良いです。

 

この様に、連絡先交換した時点で次に会う約束をしておけば、

その後のメールのやりとりにおいても、いきなり本題から入ることができるので、

より少ないメールで、よりスムーズにやりとりできるわけです。

 

ということで、連絡先後のメールのやりとりを楽にするためにも、

できれば連絡先交換の時点で、女性に次回また会うことを提案しておきましょう。

 

STEP2:連絡先交換後、女性が家に帰っているぐらいの時間帯にメールを送る

 

連絡先交換したら、すぐにメールを送るのではなく、

女性が家に帰っているぐらいの時間にメールを送ります。

 

なぜなら、連絡先交換後にすぐにメールを送ったりしたら、

ガツガツして余裕の無い感じになってしまうからです。

 

また、相手の女性が女友達と合コンなりパーティーに来ていたのであれば、

まだ家に帰っていなくて友達と一緒にいるようなタイミングでメールを送ってしまうと、

女性達の間でネタキャラにされてしまい、恋愛対象外にされてしまう危険性もあります。

 

やはり、女性が1人になっているであろう時間帯に送った方が良いです。

 

なので、連絡先交換後、最初にメールを送るタイミングとしては、

相手の女性が家に帰っていそうな時間帯にしましょう。

 

例えば、夜の7時~9時ぐらいの時間帯のパーティーで女性と出会ったのであれば、

オールをしていなければ、だいたい夜の11時ぐらいには家に帰っていると推測されるので、

そのぐらいの時間帯にメールを送るか、翌朝ぐらいに送るわけです。

 

メールの文章としては、

「今日はお疲れ。また今度飲みにいきましょう。」

みたいな感じで、社交辞令とも受け取れるような、アッサリとしたメッセージで良いです。

 

社交辞令とも受け取れるような、アッサリしたメッセージなので、

女性としても重荷に感じることはなく、気軽に返信できるわけです。

 

STEP3:女性から最初の返信が来たら、ある程度時間を空けてメールを送る

 

STEP1でこちらがメールを送ったら、女性からは

「昨日は楽しかったですね。はい、ぜひ飲みに行きましょう^^」

みたいな返信が、翌日中ぐらいまでには来るでしょう。

 

こちらが社交辞令とも受け取れるようなアッサリとした誘い方をすることにより、

女性の方も半信半疑で社交辞令のような返信をしてくるかもしれませんが、

社交辞令だろうと何だろうと、ここで女性に「YES」を言わせることに意味があります。

 

女性に一旦「YES」と言わせた以上は、

本当に二人でデートをするような空気に持っていけるわけです。

 

なので、これにより二人がデートをすること自体は決定事項になり、

次は具体的なデートの日程を決めるためのやりとりをしていきます。

 

ここで、デートの日程を決めるためのメールを送るにあたっては、

女性から返信が来てからすぐに返すのではなく、ある程度時間を空けてから送りましょう。

 

やはり、間髪いれずにすぐに返信してしまったら、

ガツガツして余裕の無い感じになってしまいますし、

女性の方も「この人、返信が異様に早いけど、私も早く返信しなくちゃいけないのかなぁ」

などと思って、やりとり自体にプレッシャーを感じてしまうからです。

 

例えば、女性からの最初の返信が連絡先交換した日の翌朝に来たのであれば、

早くてのその日の夜ぐらいか、翌日の朝ぐらいに返信するわけです。

 

メールの文章としては、

「じゃあ、新宿か渋谷あたりで飲もう^^

今月か来月の土日で空いている日ありますか?」

みたいな感じ送ります。

 

デートの日程を提案するにあたっては、

「○月×日空いてますか?」などとピンポイントで指定しまうと、

女性の予定が空いてなくて、さらに何往復もメールのやりとりする可能性があるので、

なるべく日程の選択肢に幅を持たせてあげるようにしましょう。

 

これにより、女性としてもより回答しやすくなるわけです。

 

STEP4:女性から2通目の返信が来たら、ある程度時間を空けてメールを送る

 

STEP3で、こちらのデートの日程の提案に対して、女性からは、

「新宿でも渋谷でもOKです。○月×日と、○月△日なら大丈夫ですよ~^^」

などと返信が来ると思います。

 

これに対して、あなたは都合の良い日を選んでデートの日を決定して、

女性に連絡します。

 

これについてもSTEP3と同様に、女性からの返信にすぐ返すのではなく、

ある程度時間を空けてから送るようにしましょう。

 

メールの文章としては、

「では、○月×日の夜の7時ぐらいに新宿待ち合わせで考えておいて。

また連絡します。」

といった感じです。

 

この時点で、デートの日程は決まるわけです。

 

STEP5:デートの日が決定したら、後は余計な連絡はしない

 

STEP4で、デートの日程決定の連絡をしたら、

後はデート当日の2~3日前に待ち合わせの連絡をする以外は、

余計な連絡をする必要はありません。

 

ここで、変に間をつなごうとして意味も無くメールを送ってしまう男性がいるのですが、

そうなると、こちらの立場を下げることになったりして、

最悪女性の気持ちが冷めてデートをドタキャンされる可能性もあります。

 

デートの日程が決定した以上は、変にメールで間をつながなくても、

二人は確実に再会できるわけですから、何も焦る必要は無いわけです。

 

ここで、

「でも、何日も連絡しないと女性が不安になるんじゃないの?」

などといったお声もあるかもしれませんが、

この「不安」こそが女性の感情を揺さぶり、恋愛感情が芽生えるキッカケになるわけです。

 

こちらが何日も連絡しなくて、女性が、

「○○君、ホントにあたしとデートしてくれるのかなぁ?」

などと、一時的に不安になったとしても、

 

デート当日の2~3日前に待ち合わせの連絡をしてあげれば、

「良かった~^^ちゃんとデートしてくれんだ^^」

などと思って、女性の不安だった気持ちが一気に安堵に変わり、

めちゃくちゃ嬉しい気持ちになったりするわけです。

 

そして、女性は嬉々としてあなたとのデート当日を迎えるわけです。

 

ですから、デートまで1週間や2週間ぐらい空いていたとしても、

デートの日程が決まった以上は、後は待ち合わせの連絡ぐらいで、

余計なメールやLINEを送る必要はないわけです。

 

もちろん、その間、

女性からこちらへの質問のメールや緊急の用事のメールがが来た場合は、

返信してあげても大丈夫です。

 

STEP6:デート当日の2~3日前に待ち合わせの連絡をする

 

先ほどもお話しましたように、

デート当日の2~3日前に具体的な待ち合わせの場所や時間の連絡します。

 

メールの文章としては、

「お疲れ様です。○月×日は、

夜7時にJR新宿駅の東南口の改札前のひつようさいげんの待ち合わせでよろしく。

着いたら連絡ください。」

といった感じです。

 

この文章を送れば、こちらとしては後は何もメールを送る必要は無くなるわけです。

 

このメールに対して、女性から、

「はい、わかりました^^当日楽しみにしてますね!」

などといった返信が来ると思いますが、

 

それに対して、こちらから

「俺も○○ちゃんに会えるのメチャクチャ楽しみにしてるよ^^」

などと返信する必要はありません。

 

なぜなら、こちらが待ち合わせの連絡をして、それに対して女性から了解の返信が来て、

その時点で会話は完結しているわけですからね。

 

それなのに「俺も楽しみにしてるよ」みたいなメールを送ってしまったら、

何だか女性に媚びているみたいで、こちらの立場を下げるだけです。

 

些細なことではありますが、メールのキャッチボールというものは、

基本的には女性側のメールが最後で終わらせた方が、

こちらが女性よりも上の立場を形成するキッカケになるわけです。

 

 

ということで、以上、

連絡先交換してから初デートまでの間の具体的な流れ、

についてお話しました。

 

あなたも初デートまでの間は、なるべく余計な連絡はひかえよう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

おさらいしますと、

連絡先交換してから初デートまでの間の具体的な流れ、

については、以下の通りです。

 

STEP1:できれば連絡先交換の時点で次回会う約束をしておく

STEP2:連絡先交換後、女性が家に帰っているぐらいの時間帯にメールを送る

STEP3:女性から最初の返信が来たら、ある程度時間を空けてメールを送る

(デートの日程を提案するメール)

STEP4:女性から2通目の返信が来たら、ある程度時間を空けてメールを送る

(デートの日程決定の連絡メール)

STEP5:デートの日が決定したら、後は余計な連絡はしない

STEP6:デート当日の2~3日前に待ち合わせの連絡をする

 

全6ステップありますが、メールのやりとりとしては、たった4往復のみです。

もちろん、携帯のキャリアメールであっても、LINEであったも、考え方は同じです。

 

初デートの日がいつになるかによって、やりとりする期間は異なりますが、

1週間だろうと、2週間だろううと、3週間だろうと、

基本的にはこの6つのステップ、4往復のメールのやりとりだけで良いわけです。

 

これにより、余計な連絡をしてこちらの立場を下げることなく、

必要最低限の連絡で、女性との初デートにこぎつけることができるわけです。

 

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて。

好きな女性にアプローチしていくにあたっての参考にしてみてください。

 


 

あなたにおすすめの記事

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

後藤孝規のWoman master project ?レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたの恋愛の悩み、全て解決します!

 


サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮

佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ