女性に嫌われる3つの話題

130822a

このサイトでは、あなたが好きな女性にアプローチしていく過程において、特にNGである会話として、以下の3つの挙げています。

・自慢話

・他人の悪口(陰口)

・愚痴・ネガティブな話

これらの話題を、こちらからしてしまうと、自慢話であれば、女性は退屈に感じますし、他人の悪口であれば、あなたを信用できない人物と思いますし、愚痴やネガティブな話は、その場の楽しい雰囲気が壊れてしまいます。

あなたは女性の前で、ついついこれらの話をしてしまうことはありませんか?

しかし、これらの話題というのは、ある種の中毒性があり、本人が「話すまい」と思っていても、ついつい話してしまい、それを楽しんでしまうという人が多いのです。

ですから、逆に、あなたからではなく、“女性の方から”この様な話題が出てきた場合は、それだけ女性はあなたを信頼して心を開いてたり、リラックスしていたり、会話を楽しんでいる証拠とも言えるわけです。

例えば、女性があなたに自慢話をしているということは、彼女は自分の話したいことを話して、気持ちよくなっているということです。あなたとの空間を存分に楽しんでいるわけです。

他人の悪口や愚痴に関しても、たまっていたものを吐き出してスッキリしたり、悩みを聞いてくれたあなたにシンパシーを感じたりするわけです。

もちろん、四六時中、自慢話や他人の悪口ばかり言っているような女性は、あなたは恋愛対象と思えなかったり、信用できないかもしれませんが、

普段はそのような事をいわない女性が、あなたに、これらの話題をするようになったとすれば、それなりの信頼を勝ち得ている証拠とも言えるでしょう。

つまり、自慢話、他人の悪口(陰口)、愚痴・ネガティブな話の、3つの話題というのは、こちらから女性に話すのはNGですが、女性から話してきて、あなたがそれを聞いてあげる場合は、相手の信頼を勝ち得たり、仲を深めるのにとても効果的なのです。

さて、そんな3つのNGな会話のうち、今回は「他人の悪口(陰口)」に関して、2万人以上を対象に行った興味深いアンケート結果をシェアしたいと思います。

世間一般の人は、「他人の悪口(陰口)」に関して、どのような意識を持っているのでしょうか?

このデータが、あなたが女性と会話で仲を深めていく際の、1つのヒントとなれば幸いです。

 

男と女、人の陰口が好きなのはどちら?

今回ご紹介するアンケート結果は、「リサーチパネル」さんの調査結果と、「瞬刊リサーチ」さんの記事を参照させていただきました。

アンケートの内容は「陰口を言うことに関して、あなたは普段どうしていますか?」という問いに対し、

「絶対に言わない」

「なるべく言わない」

「つい言ってしまう」

「陰口を言うのを楽しむ」

「この中にはない」

の、5つの選択肢から1つ回答を選ぶものです。

あなたは、このうちどれが当てはまるでしょうか?

アンケート結果は以下の通りです。

 

Q:陰口を言うことに関して、あなたは普段どうしていますか?

 

・絶対に言わない:10.6%

・なるべく言わない:59.0%

・つい言ってしまう:22.4%

・陰口を言うのを楽しむ:2.6%

・この中にはない:5.5%

(回答総数:29685件)

 

引用元:リサーチパネル http://research-panel.jp/rpdr/view.php?eid=238085
瞬刊リサーチ http://shunkan-news.com/archives/4445

 

まず、ちょっと意外に感じたのが、「絶対に言わない」「なるべく言わない」を含め、陰口を言わない派が、実に全体の7割を占めていることです。

確かに、私自身、男女問わず、数多くの方と接する中、「ああ、この人は陰口を言わない事を信念にしているんだな」と感じる人は、10人に1人ぐらいはいると感じます。

しかし、「なるべく言わない」人が59%もいたのは、意外です。

私がお酒の席という、本音が出やすい場で、人と話す機会が多いせいかもしれませんが、男女問わず結構多くの人の口から、陰口を聞く場面があるからです(^^;

この選択肢の中の、中間層である「なるべく言わない」「ついつい言ってしまう」の2つには、実は非常に近いニュアンスとも感じます。

現に、「なるべく言わない」と答えた人の中でも、

「絶対に言わないよう心掛けてはいますが、相手に釣られてついつい口にしてしまうことも希にあります。反省!」

なんて、ついつい言ってしまっている人の声がありました。

つまり、「なるべく言わないけど、ついつい言ってしまう」という人が、59%+22.4%=8割以上という見方をすれば、私個人的には「ああ、そんなもんだろうな」と感じてシックリきます。

やはり、多くの人は、「陰口は言わない」と意識をしていても、悪気は無いにしても、ついつい、口から出てしまうということを表しているのだと思います。

「陰口を言うのを楽しむ」という人は2.6%と非常に少数でしたが、男女別にみると、男性は3.3%、女性は1.7%と、特に、10代~30代では、男性は4%以上に対し、女性は2%前後と、開き直って積極的に陰口を言うのは男性の方が多いようです。

しかし、「ついつい言ってしまう」の総数では、女性の方が多く、陰口の言う派全体では、女性の方が多い結果になりました。

これは、一匹狼気質で周囲をライバル視する男性と、周囲と協調しようと、空気に流されやすい女性と、それぞれの性別の生物的気質の違いが何とく出ているのかもしれません。

ということで、ほとんどの人は「陰口を言うのは悪い事」という認識のようです。

しかしながら、その思いに反して、実際にはほとんどの人が、ついつい陰口を言ってしまうことがあるようです。

ですから、大抵の人は、自分以外の誰かが陰口を言っているのを見ると、「悪い事だ」と感じるが、自分自身はついつい陰口を言ってしまうものなのでしょう。

つまり、逆に考えれば、相手が女性にしろ男性にしろ、

“こちらは絶対に人の陰口は言わないけど、相手が陰口を言っていたら、黙って聞いてあげる”

というスタンスが、相手に最も信頼されやすいと言えるでしょう。

 

いない人の悪口を言うのでなく、”褒めて”みよう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

昔、ある企業の創業者が、人生のモットーの1つとして、

「いない人の悪口は言わない、むしろ褒める」

ということを掲げていると、著書で語っていました。

「そんなの偽善者じゃないか!」と思うかもしれませんが、その人の場合はその通りで、人の陰口は絶対に言わないで、逆に褒める事により、その他大勢のついつい陰口を言う人と自分が差別化され、結果、多くの人に信頼され、自分が成功するためのプラスになるという、完全な“計算”の上でそれを行ってたとの事でした。

私はその人物が、計算の上でそれを実践していると知って、逆に気持ちよさを感じました。

狡猾と思うかもしれませんが、目的達成のために徹底する姿勢には見習うべきものがあります。

ということで、あなたが好きな女性や、仲良くなりたい男友達の前で、「いない人の悪口を言うので無く、褒める」ということだけを徹底するだけで、魅力的な人物と思われるポイントとなるでしょう。

なかなかできないことかもしれませんが、タダでその日から実行できることでもあるのです。

徹底して実践すれば、恋愛だけでなく、プライベートや仕事もうまくいってしまうことでしょう。

メルマガ講座のお知らせ

当サイトでは、「たった3つのステップで、誰でも可愛い彼女をつくることができる」無料メルマガ講座を開講しています。

あなたがゼロの状態から可愛い彼女を手に入れるための、「女性との効率的な出会いの増やし方」「好きな女性への正しいアプローチの仕方」を、実践形式で詳しくお伝えしていきますで、ぜひご登録ください。

今なら!"非常識"な恋愛マニュアルを無料プレゼント!

今ならメルマガ講座に登録した方へ、恋愛マニュアル「好きな女性から告白させてしまう”非常識”な恋愛成功術」を無料でプレゼントします!

成功するかわからないイチかバチかの告白をするのは、もうやめにしませんか? 

あなたが「あること」をすれば、こちらから告白するまでもなく、女性の方から告白させてしまうことができるのですから・・・。

このマニュアルでは、好きな女性から告白させてしまう驚きの方法を、恋愛初心者の方でも実践できるように具体的にわかりやすく解説しています。

メルマガ登録はコチラ

メルマガ登録フォーム
メールアドレス

※大切な情報やプレゼントを送らせていただきますので、必ず普段お使いのメールアドレスでご登録ください。