「聞く技術」は会話の大事な要素の1つ

130824a

恋愛に限らず、人と人とのコミュニケーションにおいて、会話というものは、重要なものの1つです。

そして会話というものは、こちらが話すだけで無く、相手も話をするわけですから、「聞く技術」も必要なわけです。

あなたは人の話を聞くのは得意でしょうか?

よく、「話し上手は聞き上手」ということが言われますが、これは話を聞くということが、相手に気持ち良く話しをさせることに繋がるからでしょう。

人間は誰でも、自分の話したいことを気持ち良く話すことができれば、その場を楽しいと思いますし、聞き手に対しても良い感情を抱くものです。

ですから、特にデートなど1対1で仲を深める場面においては、相手の話を聞いてあげて、気持ち良くさせてあげる技術というのは、有効であると言えるでしょう。

さて、そんな「聞く技術」にも様々なものがあるのですが、今回はその中でも、最もシンプルで強力な技術をお話します。

これは、人の話を聞くにあたって、基本中の基本の事なのですが、案外多くの人が出来ていなかったり、実は私自身も時々これができていなくて、反省することがあります。

非常にシンプルにして基本的なことなのですが、これができていれば、相手の女性からは間違いなく好かれますし、逆にできていなければ、そのデートを最後に女性から連絡が来なくなることもあるでしょう。

ぜひあなたは前者になって、デートで女性を気持ち良く楽しい気分にさせて、「また、会いたい」と思わせるようにしてください。

 

「口数が少なくておとなしい人」=「聞き上手」とは限らない

まず、あなたは、人と会話するにあたって、よくしゃべるタイプでしょうか?

それとも、口数が少なく、おとなしいタイプでしょうか?

私自身は、前者のようになっている時もありますが、基本的には、後者の様な、おとなしいタイプの人間です。

で、人の話を聞く場合ですが、前者のようなタイプの人が、自分ばかりがしゃべりすぎて、相手の話を聞かずにつまらない思いをさせてしまうというのは、よくあるケースです。

では、後者のようなタイプの人は、自分の口数が少ない分、相手の話を聞く時間が長いので、「聞き上手」となるのでしょうか?

確かに、口数が少なくておとなしい人というのは、「聞き上手」になることができる素養はあると思います。

しかしながら、私自身、どちかというと後者のタイプの人間ですが、今までの経験で、聞き上手になりきれていないと自認することが多々あります。

つまり、

よくしゃべる人 = 人の話を聞かない

口数が少なくおとなしい人 = 聞き上手

という公式は、必ず当てはまるものでは無いと感じるわけです。

よくしゃべる人の中にも、相手の話を聞くべき時はしっかり聞いて、さらに上手に質問を返して話を盛り上げていく、「聞き上手」の人はたくさんいます。

そして、口数少なくておとなしい人であっても、人の話を全然聞いていない人もいるわけです。

ですから、話を聞く技術といのうは、よくしゃべる人だろうと、口数が少ない人だろうと、どちらのタイプの人も、意識するべきことなのです。

今回お話することに関しても、よくしゃべる人だけでなく、口数が少ない人も、案外多くの人が、できていないことなのです。

 

「聞く技術」の中で最も基本的で重要な事

さて、その「聞く技術」のうち、とてもシンプルで基本的で重要なことですが、

それは、“相手の話を最後まで聞いてあげる”ということです。

「なんだ、そりゃあ? そんなの誰でもできることじゃん!」と、あなたは思ったかもしれません。

そうです。誰でもできることです。

人間どころか、ただ黙って聞いているのなら、人形でもできることです。(人形の場合は相槌が打てませんが・・・)

ですが、この相手の話を最後まで聞いてあげるという、誰でもできることが、人間、しかも大の大人で、出来ていない人が意外と多いのです。

例えば、相手の話が終わらないうちに、さえぎってしまったり、自分が話したいことを喋り出したり、間違っていることを訂正したり、相手の言いたかったオチを、得意気に言ってしまったりすることです。

よく職場で、女子社員がまわりくどい説明をしているのに対し、男性の上司がそれをさえぎって「結論から言いなさい!」と言う場面がありますが、それに少し似ているかもしれません。

業務効率を重視する職場のような場面ならともかく、デートのような仲を深めることが目的の場面でそれをやっては、女性は言いたいことが言えず、フラストレーションがたまってしまい逆効果です。

特に、男性が女性の話を聞く場合は、性差による脳の構造の違い(男性は論理的、女性は感情的な傾向がある)もあるので、脈略もオチもない話を延々と聞かされる場面もあるでしょう。

ですから、そのような女性の話を途中でさえぎったり、いちいち訂正を入れたり、こちらが先に結論を言ってしまうのも、わからないでもありません。

しかし、毎回毎回、そのように話し終える間もなく遮られてしまっては、相手は気持ち良く会話ができません。

そして、それが積もり積もって、相手はその場が退屈でつまらないものと感じたりしてしまうわけです。

先ほどもお話したように、人間はどんな人でも、自分の話たいことを話して、それを相手に聞いてもらうことは、気持ちよくて楽しいことなのです。

ですから、相手が話終わってスッキリするまでは、こちらは「うんうん」などと相槌を打って最後まで聞いてあげるのです。

そして、それに対して言いたい事がある場合は、しっかりと相手が話終えてから、自分の話をしたり、訂正をしたりすれば良いのです。

私自身、どちらかというと、口数が少なくおとなしいタイプにも関わらず、お酒が入っていたり、二人きりのシュエーションだったりすると、ついつい相手の話を最後まで聞かない事がありました。

しかも、私の場合、30歳超えてからの方が、ヘタに社会経験や知識が増えたせいか、相手が話し終わる前に、口を挟んでしまうことがあり、反省するところです。

 

さっそく今日から実践してみよう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おそらく、あなた自身が会話をしていて、自分の話を毎回毎回、丁寧に最後まで「うんうん」と聞いてくれる人がいたら、その人物に対して、好印象を抱くのではないでしょうか?

それと同じように、あなたが、毎回丁寧に、相手の話を最後まで聞いてあげれば、必ず相手から、好印象を抱かれるようになります。

ということで、さっそく今日から、誰かと会話する機会があったら、相手が話を最後まで聞いてあげるようにしてください。

特に、相手と仲を深めたいシュチュエーションであれば、尚の事です。

話を聞く技術の中では、とてもシンプルで基本的なことではありますが、徹底して実践すれば、あなたは多くの人に好かれたり、味方にできるはずです。

メルマガ講座のお知らせ

当サイトでは、「たった3つのステップで、誰でも可愛い彼女をつくることができる」無料メルマガ講座を開講しています。

あなたがゼロの状態から可愛い彼女を手に入れるための、「女性との効率的な出会いの増やし方」「好きな女性への正しいアプローチの仕方」を、実践形式で詳しくお伝えしていきますで、ぜひご登録ください。

今なら!"非常識"な恋愛マニュアルを無料プレゼント!

今ならメルマガ講座に登録した方へ、恋愛マニュアル「好きな女性から告白させてしまう”非常識”な恋愛成功術」を無料でプレゼントします!

成功するかわからないイチかバチかの告白をするのは、もうやめにしませんか? 

あなたが「あること」をすれば、こちらから告白するまでもなく、女性の方から告白させてしまうことができるのですから・・・。

このマニュアルでは、好きな女性から告白させてしまう驚きの方法を、恋愛初心者の方でも実践できるように具体的にわかりやすく解説しています。

メルマガ登録はコチラ

メルマガ登録フォーム
メールアドレス

※大切な情報やプレゼントを送らせていただきますので、必ず普段お使いのメールアドレスでご登録ください。