会社内や仲の良い友達グループ内での恋愛を避ける若い人が急増中!?

[出会い]

会社内や友達グループ内での恋愛は気がひける・・・

 

日本社会においては、会社や学校・サークルなどといった、

自分の身近なコミュニティーで恋人や結婚相手を見つけたいと考えている人が非常に多いです。

 

あなたも、職場や学校など身近で彼女や結婚相手を見つけたいと考えているでしょうか?

 

これに関して、非常に興味深い調査結果が明らかになりました。

 

リクルートブライダル総研が、

20~49歳の男女4200人を対象に調査した「恋愛婚活調査2017」によると、

恋人や結婚相手との最も理想的な出会い方としては、

1位が「職場」で33,1%、2位が「学校・サークル」と30.0%となりました。

 

つまり、60%以上もの人が、職場や学校などの身近なコミュニティーでの、

いわゆる「自然な出会い」を求めているわけですね。

 

ところがその一方で、同じくリクルートブライダル総研の調査によると、

 

「コミュニティー内(会社・サークル・仲良しグループ等)の中での恋愛は何となく気が引ける」

と考える人は、20代は34.1%、30代は28.3%、40代は25.2%。

 

「好きな異性がいても、振られるリスクを思うと告白したいとは思わない(仲のいい友人のままでも良い)」

は、20代が37.6%、30代が31.1%、40代が28.1%。

 

と、特に若い人ほど、コミュニティー内での恋愛を避けている傾向にあることが明らかになりました。

 

これは、「恋愛をすることで、コミュニティー内の輪を乱したくない」

と考えている若い人が増えていることが理由のようです。

 

やはり、職場や学校・サークル内で恋愛するとなると、うまくいけば良いですが、

失敗したり、付き合うことができても別れてしまったら、人間関係がギクシャクしてしまいますからね。

 

つまり、多くの人が職場や学校・サークルなどで恋人や結婚相手と出会いたいと思う反面、

恋愛をすることでコミュニティー内の輪を乱したくないと考えている人も多いわけです。

 

以下の記事でもお話しましたが、特に男性の場合は職場恋愛をする場合はリスクが伴います。

恋愛初心者には職場恋愛がおすすめできない5つの理由

 

学校で恋愛に失敗しても数年で卒業しますし、サークルであれば最悪辞めてしまうこともできますが、

職場というものは簡単にやめることができるものではありませんし、

そこでの人間関係がギクシャクしてしまったら、出世や仕事のパフォーマンスにも影響しかねないわけです。

 

職場恋愛というのは、失敗が許されないわけなんですね。

 

もちろん、職場恋愛であっても、相手の女性がこちらに明らかな好意をもっていたりと、

絶対にうまくいく状況なのでれば、アプローチしても問題無いと思います。

 

ですが、特に恋愛初心者の男性の場合は、

イチかバチかで職場の好きな女性にアプローチしてしまうのは避けた方が良いわけです。

 

そうなると、職場内や仲のいい友達グループ内での出会いのみ依存するのではなく、

自分自身で新たに出会いをつくっていく必要があるわけです。

 

職場や仲間内以外で、新たに出会いをつくるためには!?

 

恋愛をすることで、職場内や友達グループ内のコミュニティーの輪を乱したくないのであれば、

それ以外で新たに出会いをつくっていくしかありません。

 

身近なコミュニティー以外で、新たに出会いをつくっていくことができれば、

仮に失敗したり別れても、それっきりなので人間関係がギクシャクするようなこともありませんし、

また別の女性に行けばいいだけですからね。

 

そして、現代社会においては、職場や学校以外にも、様々な男女の出会いの場があるわけです。

 

先ほどのリクルートブライダル総研の調べによると、

婚活サイトなどの婚活サービスを利用して結婚に至った人の数は、

2000年には1.4%だったのが、2016年には11.3%にまで増えたそうです。

 

引用元:婚活実態調査2017 /リクルートブライダル総研

 

特に20代の若い人ほど、婚活サイトなどの婚活サービスを利用することに、

「人間関係が面倒くさくない」という理由でポジティブなイメージを持つ人が多く、

積極的に利用している傾向にあるそうです。

 

これは、身近なコミュニティーでの恋愛を避ける若い人が増えていることと、

密接に関係しているわけですね。

 

ただ、その一方で婚活サービスで出会った人の場合は、

出会ったきっかけを親や友人に堂々と言えた人は27.5%と少ないです。

 

やはり、婚活サービスというものは、多くの人(特に年配者)にとってはなじみがないものなので、

説明しづらいということがあるようです。

 

とはいえ、出会いのきっかけは何であろうと、恋愛は「幸せになったもの勝ち」です。

 

婚活サービスで出会ったことが周囲に言いづらいのであれば、

「友達の紹介でい知り合った」とか、適当に答えておけばよいわけですからね。

 

さて、婚活サービスと言っても色々あるわけですが、

当ブログの読者の多くの方が結果を出しているのが「婚活サイト」です。

 

婚活サイトであれば、合コンやパーティーなどのリアルの出会いの場とは比較にならないぐらい、

圧倒的多数の真剣に出会いを求めている女性達と出会うことができるわけですし、

しかも、大した労力もなく、次から次へと好みの女性にアプローチできるわけです。

 

また、婚活サイトに登録している女性達というのは、どちらかというと恋愛経験が少ない傾向にあるので、

恋愛初心者の男性であっても正しくアプローチすれば、比較的簡単に可愛い彼女をつくることができるわけです。

 

もちろん、婚活サイトであればどれでもいいというわけではなく、

以下の記事でもお話しましたように、男女比のバランスが良く、女性会員の真剣度が高い、

男性にとって結果を出しやすい婚活サイトを選ぶ必要があります。

男性が結果を出しやすいおすすめ婚活サイトランキング

 

婚活サイトはおすすめの出会いの場の1つではありますが、

「ネットの出会いよりも、リアルの出会いの場の方がいい」という方は、

以下の記事でお話したような、フリースタイルパーティーがおすすめです。

異業種交流会で美女と出会いまくろう

 

このように、職場や仲の良い友達グループなどの身近なコミュニティー以外でも、

出会いはいくらでもつくることができるわけです。

 

ということで、

あなたも職場内や友達グループ内のコミュニティーの輪を乱したくないのであれば、

ぜひそれ以外でも新しい出会いをつくってみましょう。

 


あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?

 

さらに、その大好きな女性を彼女にするためには、

一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、

毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、

イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。

 

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。

 

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、

確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。

 

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、

アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、

必ず大好きな女性を彼女にすることができます。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも今すぐ正しいアプローチの方法を学んで、

大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?

あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたにおすすめの記事

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

後藤孝規のWoman master project ?レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたの恋愛の悩み、全て解決します!

 


サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮

佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ