前回までのあらすじ

130917a

今回は、前回の記事「合コンにジャイアントロボあらわる!!前篇」に引き続き、後篇をお話していきます。

前回のお話を軽くおさらいしますと・・・

私は、mixiのとある武道系のコミニティの掲示板で、アヤネという、外見はやや性格がキツそうなキャバ嬢風で、ちょっと不思議なノリの25歳の女性と知り合いました。

アヤネは非常に積極的な女性で、トントン拍子で、私たちは4:4で合コンを開催する運びになりました。

そして合コン当日、急きょ友達の1人が欠席となったので、私含め、男性メンバー3人で待ち合わせ場所に向かいました。

待ち合わせ場所に着くと、巨大な銅像の前に、アヤネ含め3人の女性が待っていました。

私は、「結局女性側も3人になったのか、丁度良かったな」と思いつつ、店に移動することになったのですが

その時突然、女性たちの背後にあった巨大な像が動き出したのでした!

 

ジャイアントロボ始動!!

「おい、サトちゃん、ジャイアントロボがいるじゃねえか!」と、私に言ったのは、男性メンバーの1人である、会社の先輩のAさんでした。

・・・そうです。

私が「巨大な銅像」と思い込んでいたのは、実は「巨大な女性」だったのです。

あなたは「ジャイアントロボ」という、キャラクターをご存知でしょうか?

私は、この時「ジャイアントロボ」を知りませんでしたが、何となくマジンガーZやガンダムのような巨大ロボであることは、容易に想像できました。

ちなみに、「ジャイアントロボ」について、簡単にご説明しますと・・・

130915a

全長:30メートル

重量:500トン

動力:原子力(予備含め)

装備:背中にロケット推進装置、最高飛行速度マッハ17。宇宙航行や水中も可

耐熱:3000℃

武器・技:ロケット弾、レーザー光線、メガトンパンチ、他

*Wikipedesiaより引用

 

このジャイアントロボ似の女性(以下 ロボ美さん)が、今回の合コンの4人目の女性メンバーだったのです。

私はとりあえず、店に向かう道中、男性メンバーである2人に平謝りをします。

すると、メンバーの1人である、大学時代の友人のカズ君は、

「合コンってこういうモンでしょ。開けてビックリみたいな(^^)」

と、私を慰めてくれました。

女性側の幹事のアヤネは、ちょっと不思議なノリで予測不可能な子で、しかも、私たちの出会いはネットで、今日が初対面、そして、背後には巨大ロボ。

・・・そんな不安要素を抱えつつ、私たちは店に入り、合コンがスタートするのでした。

 

人間動物園

合コンがスタートすると、最初はぎこちなかったものの、すぐに和み、輪が出来上がりました。

男性メンバーである、Aさんもカズ君も話が面白いので、笑いが絶えず、慣れない幹事をしていた私には大助かりでした。

しかし、そんな中、女性陣の中で、アナネ1人は、笑うことなく無表情です。

私は「あれ?何か機嫌が悪いのかな?」と、心配したのですが、突然彼女が「あーはーはーはーはー!」と、奇怪な笑い声を上げました。

何事かとビックリして、Aさんとカズ君も話を止めて、アヤネに注目します。

そして、Aさんとカズ君は、同時に私の方を見て、

「おい!何でこの子は不思議な笑い方をするんだ!?」「今の会話に笑うところはあったのか!?」

と聞くかのように、無言でサインを送ってきました。

私自身、アヤネとはずっとメールのやりとりで初対面だったので、その奇怪な笑い方に驚きを隠せずにいましたが、「ま、まあ、こんな感じの子なんですよ・・・。」と、無言で二人の方を向いて、サインを送ります。

さてここで、もう1人の気になる人物である、ジャイアントロボことロボ美さんですが、この女性も我々の意表を突きました。

130915a

 

「うふふふふ♪ うふふふふ♪

 

 

 

ロボ美さんは、その巨体や風貌に似合わず、非常に可愛らしい声なのです。

そしてまた、Aさんとカズ君はすかさず、驚きの表情で私の方を無言で見てきます。

さらに趣味の話題になった時も、

130915a

 

「趣味はお菓子作りとピアノです♪」

 

 

 

といった調子で、その風貌に似合わず、実はロボ美さんは育ちの良いお嬢様のようでした。

・・・と、ここでワンテンポ遅れて、またあの笑い声が聞こえてきます。

アヤネ「あーはーはーはーはー!」

そしてまた、Aさんとカズ君はすかさず、驚きの表情で私の方を無言で見てきます。

その場が盛り上がれば盛り上がるほど、

「あーはーはーはーはー!」

「うふふふふ♪ うふふふふ♪

「あーはーはーはーはー!」

「うふふふふ♪ うふふふふ♪

の大合唱になっていきました。

「おい、サトちゃん、ここは動物園か!?」と、Aさんが私に言ってきましたが、正にそんな状態でした(笑)

そんなこんなで、不思議な合コンも無事終わり、ひとまず女性たちだけを、新宿駅まで送り帰すことになりました。

で、私が別れ際、アヤネに「今日はどうもありがとう」と言ったその瞬間です。

アヤネ「押忍!」

・・・ここで、突然、彼女が武道の挨拶である押忍ポーズをしたのです。

道行く人の何人かはこちらに注目しています。

これに対し、私が「ああ・・・それじゃあ、気をつけて帰ってね。」と返すと、Aさんが私に「おい、ここはサトちゃんも元気よく押忍ポーズやれよ(^^)」とニヤニヤしながら耳打ちしてきます。

しかし、私は彼女たちと別れ、振り向かず数十メートル歩いていきます。

そこでAさんが私の肩をグイと掴み、こう言います。

「おい!あの子まだやってるぞ!」

振り返ると、小さくなったアヤネが、まだ繰り返し押忍ポーズをしているのでした。

私は彼女のその姿を見て「ああ、不器用なだけで、悪い子じゃないんだろうなあ。今日はどうもありがとう・・・」と、思うのでした。

 

あなたも気軽に合コンを企画してみよう!

今回のお話いかがでしたでしょうか?

結局、グダグダに終わった合コン失敗談のように、あなたは感じたかもしれません。

今回のケースで言えば、確かに直接会った事もない女性と、いきなり合コンをやるというのは、予測不可能な要素があるので、事前に少しでも顔を合わせた方がベターではあるでしょう。

しかし、こんな出会い方でしたが、その後アヤネから何度か遊びに誘ってもらったり、恋愛相談を受けたり、女性を紹介してもらったりしました。ちょっと不思議な女性であっても、友達になってみると面白いものです。

ですから、トータルで見て失敗談どころか、面白い体験談の1つになるわけです。

この時は、私も合コンの主催をあまりやったことありませんでしたが、以下の記事でもお話したように、最もおさえるべき重要ポイントである「男性メンバーのセレクト」さえ間違えなければ、面白い会になるものです。

合コンを主催するにあたり、最も重要なこと

ということで、ぜひあなたも、安心して気軽に合コンを企画してみてくださいね。

思わぬところで人の輪が広がり、あなたは男性にも女性にもどんどんモテるようになりますよ。

あなたの大好きな女性を"たった3回のデート"で確実に彼女にする方法

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?  

では、その大好きな女性を彼女にするためには、一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?  

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。  

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。  

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。  

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、必ず大好きな女性を彼女にすることができます。  

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、あなたにできないわけがありません。安心してください。  

あなたも今すぐ正しいアプローチの方法を学んで、大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?