あなたは、女性の”くびれ”はお好きですか?

131024a

恋愛において、私たち男性は“視覚的情報”から、相手の女性を判断することが多いです。

つまり、女性の“容姿”が好みであるかどうかを、大きな価値基準としているわけです。

顔がタイプとか、体つきがそそるとか・・・

あなたはどうでしょうか?

女性の“容姿”を第一に見ているとなると、何だか、人の外面しか見ていないような風にも思えますが、実は、生物学的観点から言えば、女性を選ぶにあたって、理にかなった判断でもあるのです。

特に体型に関しては、見た目のフォルムの美しさだけでなく、その女性が「安全かつ、たくさん子供を産めるのか?」という判断材料にもなる事が、科学的に実証されています。

そこで今回は、女性の体型の中でも、ウエストとヒップの比率、いわゆる”くびれ”と、女性の生殖能力に関する興味深いデータをシェアします。

ぜひ、あなたも、出会った女性の“くびれ”にビビッときたら、その様な直感を大事にした方が良いかもしれません。

 

女性の体型と生殖能力は関係する!?

女性が、安全にかつ、たくさん子供を産める事と、ウエストとヒップの比率が関連している事について、オランダのある人工受精クリニックが、以下の調査結果を発表しました。

まず、ウエストとヒップの比率は、WHRと言います。

WHRは以下の公式で算出されます。

WHR=ウエストのサイズ(cm)÷ヒップのサイズ(cm)

そして、このWHRの値が、受胎率に関係するという結果が出たのです。

実際には、以下の2つのケースについて調査しました。

・ケースA:ヒップ:90cm、ウエスト:63cm、WHR:0.7

・ケースB:ヒップ:90cm、ウエスト:72cm、WHR:0.8

すると、WHR値=0.7だったケースAは、WHR値=0.8のケースBに比べて、30%も受胎率が高いという結果になりました。

さらに、WHR値=0.7の女性は最も多産型というデータも出ました。

そして、多くの男性は、WHR=0.7のバランスの女性を視覚的に最も美しいと認識します。

つまり、たかがウエストのくびれとは言え、生物のオスの本能として、視覚的情報から、子供をたくさん産めるメスを、実に合理的に選んでいると言えるわけです。

また、女性の体型から判別できる事として、生殖力がわかるWHRと同じぐらい重要なのが、BMI・・・つまり肥満度を表す数値です。

BMIはその女性が健康な母体であるかの指標になります。

BMIは以下の公式で算出します。

BMI(肥満指数)=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

そして、日本肥満学会による、肥満を判定する基準は以下の通りです。

肥満度 BMI値(判定基準)
非肥満(低体重)  18.5未満
非肥満(普通体重)  18.5以上~25未満
肥満度Ⅰ  25以上~30未満
肥満度Ⅱ  30以上~35未満
肥満度Ⅲ(高度肥満)  35以上~40未満
肥満度Ⅳ(高度肥満)  40以上~45未満

普通体重とされるのは、BMI値=18.5以上~25未満になり、健康的な体型の1つの指標となるわけです。

これに対して、多くの男性が、女性に求めるBMI数値は20前後となっており、この普通体重の範囲内で、やや細身体型が好みというわけですね。

以上のことから、男性が求めるWHRの値=0.7、BMIの値=20、として、女性の体型に当てはめていくと、多くの男性は以下ぐらいのバランスの体型を魅力的と感じるわけです。

●WHR=0.7とした場合の、理想のウエスト・ヒップサイズ

ウエスト(cm) 51 53 55 57 59 61 63 65 67 69
ヒップ(cm) 72 76 78 81 84 87 90 93 96 99

●BMI=20とした場合の、理想の体型

身長(cm) 155.0 157.5 160.0 162.5 165.0 167.5 170.0 172.5
体重(kg)   45.0   49.6   51.2   52.8   54.5   56.1   57.8   59.5

 データ参考文献:早稲田の恋愛学入門/森川友義 著 (東京書店)

 

そして、このバランスの体型の女性は、我々男性が視覚的に魅力的と感じると同時に、生殖能力が高く、健康である可能性も高いというわけですね。

 

あなたもオスとしての直感を大事にしよう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

私が中学生の頃、ラジオ番組で、ある男性ミュージシャンがこんな事を言っていました。

「俺は、女をケツで選んでいる」

当時の私は、女性のカラダと言えば「胸」に真っ先に目が行っていたので、この言葉にそれほどピンときませんでした。

しかし、今考えてみると、このミュージシャンはオスの本能で、ヒップの大きさからWHRの値を推測して、生殖能力の高いメスを選んでいたのかもしれません。

ということで、あなたも、女性の体型のという視覚的情報から、魅力を感じたら、それはオスとしての本能が、生物として合理的で正しい判断をしているサインかもしれませんね。

案外、頭であれこれ考えるよりも、この様な直感的な部分が、ベストパートナーを選ぶヒントになるかもしれませんよ。