恋人の、身体的浮気、精神的浮気、どちらが許せないですか?

131025a

男性と女性というのは、様々な点において、モノの捉え方や考え方に違いがあります。

この違いを理解しておくことは、恋愛で成功するため、または失敗しないために、重要な事です。

さて、今回はそんな男女の違いのうち、「浮気」の捉え方・考え方の違いについてお話していきます。

男性だろうと、女性だろうと、大好きな恋人に浮気をされるのが嫌なのは同じです。

しかし、男性と女性とでは、「身体的浮気、精神的浮気、どちらが嫌か?」という問いに対する答えに、大きな違いがあります。

あなたは、自分の彼女に、身体的浮気をされるのと、精神的浮気をされるのは、どちらが嫌でしょうか?

・・・。

あなたが嫌と思った方が、必ずしも女性側も嫌と思う方とは限らないわけで、ここにすれ違いや誤解が生じる可能性があるわけです。

ぜひ、あなたも、この点について男女の考え方の違いを理解し、相手にいらぬ誤解を与えるのを防いだり、また、浮気が発覚してしまった場合の対応のヒントとしてください。

 

男と女では、浮気をされた場合のリスクが異なる

「身体的浮気、精神的浮気、どちらが嫌か?」という事について、

早稲田大学の森川友義教授が、男女の学生を対象にアンケートを行ったところ、以下の様な結果が出ました。

 

●Q:恋人にされると嫌なのは身体的浮気?精神的浮気?

     男性   女性
 身体的浮気    61.9%     22.0%  
 精神的浮気   38.1%   78.0%

 

多くの男性は、身体的浮気をされる方が嫌で、多くの女性は、精神的浮気をされる方が嫌である、

と、男女で全く違う答えが多数派という結果になりました。

このように意見が別れる原因は、男性と女性とでは、子供をつくった場合の、最大のリスクが異なるからです。

ということで、その男女にとってのリスクの違いを見ていきましょう。

 

●男性にとっての最大のリスク

まず、男性が、自分の子供をつくる場合というのは、相手の女性の体で産んでもらうわけですが、ここに男性が思う最大のリスクが潜んでいる可能性があるわけです。

人間と言うのは動物的本能として、自分の遺伝子を残したいからこそ、生殖活動をするわけです。

ですが、子供は、女性の体から産まれるわけですから、その子が本当にその男性の遺伝子を受け継いだ子供なのかは、科学的調査をしなければ、確証は持てないわけです。

要するに、他の男の子供の可能性もあるわけです。

一方、女性は自分の体で産んでいるので、科学的調査などするまでもなく、間違いなく自分の遺伝子を受け継いだ子供と言えるわけです。

実際、日本においても、母親から生まれてくる子供が、父親の子供ではない確率が、1~2%程度あると言われています。

もちろん、その中には、自分の子供では無いと理解した上で育てていくケースもあるでしょうが、動物の本能としては、やはり、確実に自分の遺伝子を残したいと考えるものです。

ですから、多くの男性にとっては、自分の恋人に身体的浮気をされる事が、精神的浮気をされる事以上に嫌なことなのです。

 

●女性にとっての最大のリスク

次に女性が子供をつくる場合の最大のリスクですが、それは、体に子供を身ごもり、出産、そして子育てとなると、自由に活動ができなくなる事です。

男性の場合は射精したら終わりですが、女性の場合は、子供を身ごもっている期間が約10カ月、そして、多大な激痛とストレスを伴う出産、産まれた後は授乳させたり、子供につきっきりである必要があり、2~3年の間は、身軽に動けません。

その間は、食糧を運んできたり(お金を稼いできたり)外敵から自分や子供の身を守ることは、男性側に任せざるをえないわけです。

しかし、そんな中、男性に、他の女性に心を奪われるような「精神的浮気」をされてしまったら、自分や子供に安定的に食糧やお金が供給されなくなったり、外敵から守ってもらえなくなるリスクが出てくるわけです。

もちろん、「身体的浮気」の場合も、他の女性に、食糧やお金が供給されてしまいますが、風俗や一夜限りの関係であれば、それは単発的なものにすぎないので、「精神的浮気」に比べれば小さいものなのです。

男性に「精神的浮気」をされてしまったら、より長期間、継続的に浮気をされてしまう可能性が高く、その間の食糧やお金の安定供給や、自分や子供を守ってもらう事に支障がでてきてしまうわけです。

彼氏の風俗やちょっとした女遊びには、比較的寛容な女性が、肉体関係は無くても精神的なつながりを他の女性と持つ事を、嫌がったりしますが、それは、このような女性のリスク管理の本能があるからなのでしょう。

以上、男性と女性では、相手に浮気をされた場合の「最大のリスク」が異なるため、「相手にされると嫌な浮気の質」も全く違ってくるのです。

つまり、我々男性からすれば、肉体関係が無いからセーフと思っていた事が、彼女からすれば、肉体関係以上に許せない事だったりするわけです。

例えば、「彼氏に他の女とセックスをされるよりも、キスをされる方が嫌!」という女性が結構多いのですが、

これは、女性からすれば、キスの方が、より精神的つながりの意味合いの強い行為だからでしょう。

反対に、我々男性が思う以上に、肉体関係を軽く考えていて「たかが1回でしょ。本気で好きだったわけじゃないし!」という感覚の女性も少なからずいるというわけです。

 

彼女にそれとなく、浮気の「許容範囲」を聞いておこう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

“多くの男性は、身体的浮気をされる方が嫌で、多くの女性は、精神的浮気をされる方が嫌である”

と、このように、「浮気」の捉え方・考え方1つにしても、男女の違いがあるのです。

ということで、あなたが、彼女にいらぬ誤解を与えたり、すれ違いを起こさないためにも、

事前にそれとなく、「どのような行為が浮気と感じるのか?」「どこからが浮気なのか?」という事を聞いておき、相手の許容範囲を把握しておく事をおすすめします。

案外、あなたが何でも無いと思っていた行為が、彼女にとっては、許せない裏切り行為だったりするので、知っておいて損はありません。