女性を自宅に連れ込もうとしたら、「泊まるのは絶対嫌だ」と拒否される

161029a

我々男性が、好きな女性との関係を進展させていくにあたっては、デート中の「スキンシップ」は絶対不可欠な重要な行為です。

なぜなら、ほとんどの女性にとっては、「スキンシップ」というものは、彼氏や特別な関係の男性としかやらない特別な行為だからです。

ですから、デート中にこちらがスキンシップを仕掛けて、それを女性に受け入れさせることができれば、女性にこちらが特別な存在であることを認識させることができるわけです。

ハッキリ言って、「スキンシップ」無しで二人の関係を進展させるのは、不可能と言っても過言ではありません。

あなたは、好きな女性に対して、しっかりとスキンシップをしているでしょうか?

さて、そんなデート中のスキンシップに関連して、読者の方から以下のご質問をいただきました。

user1

【質問内容】

佐藤様、お世話になります。

昨日、ある女の子と初デートをした件で相談です。

デートでは結構いい感じになり、
キスを迫ったところ、相手も舌を入れて来るくらい積極的でした。

女の子の方は「今日は終電で帰る」と言ってきましたが、
僕の方は、キスができたのでイケると思い、自宅に連れ込もうとしたところ、
女の子から「泊まるのは絶対嫌だ」と言われてしまい、
結局、そこで別れて、お互い終電ギリギリで帰りました。

別れ際に次のデートを提案したのですが、曖昧な返事をされてしまい、
約束することができませんでした。
あと、その時女の子は「反省、反省」などと言ってました。

家に着くころに女の子からは「楽しかったです^_^」とラインが来ましたが、
これに対して、正直どのように対応すれば良いのかわからず、まだ返信していません。

このような場合、どうすれば良いのでしょうか?

この読者の方は、初デートから積極的にスキンシップを仕掛けていったようですね。しかしながら、女性とキスまではできたものの、体の関係を持つことはできなかったようです。

一体なぜ、この読者の方は、女性を自宅に連れ込もうとするも拒否されてしまったのでしょうか?

そして、今度どのようにアプローチしていけば良いのでしょうか?

そこで今回は、この読者の方のご質問にお答えする形でお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、好きな女性にアプローチしていくにあたっての参考にしてみてください。

なぜ、この女性から拒否されてしまったのか!?

まず、なぜこの読者の方は、女性を自宅に連れ込もうとするも拒否されてしまったのか、ということですが、それは、この女性が「今日は絶対に終電で帰る」ということを、自分の中でルールとして決めていたからです。

いくら女性がキスを受け入れて、イイ感じになってたとは言え、初デートで、女性が「今日は絶対に終電で帰る」と心に決めているところを、強引に自宅に連れ込もうとしたら、拒否されてしまうものです。(これが二回目以降のデートであれば、拒否されることも無かったと思います。)

また、女性が「反省、反省」などと言っていたということは、過去に別の男性との初デートにおいて、流れに身を任せていたら嫌な思いをしたトラウマがあるのかもしれません。

もちろん、この読者の方が、デート中しっかりとスキンシップを仕掛けていって、キスまでできたということまでは良かったのですが、この女性との初デートでは、そこで別れておくのがベストだったと言えます。

では次に、この状況から、どのように女性にアプローチしていけば良いかお話していきましょう。

今後、どのようにアプローチしていけば良いのか!?

今後のお相手の女性に対するアプローチとしては、以下の流れですすめてみてください。

STEP1:何事も無かったように次のデートに誘ってみる

STEP2:デートの約束をしたら、必要最低限以外の余計なメールはしない

STEP3:二回目のデートでは最初からスキンシップをしてカップルのように振る舞う

STEP4:相手の女性が拒否する様子が無ければ体の関係を持つ

STEP5:デート中に三回目のデートの約束をしておく

残念ながら、今の状況からですと、お相手の女性がデートの誘いに応じるか否かは五分五分といったところですが、もし女性が応じたら、この流れですすめてみてください。

では、それぞれのステップにつき、説明していきましょう。

STEP1:何事も無かったように次のデートに誘ってみる

先ほどもお話しましたように、残念ながら、今の状況からですと、お相手の女性がデートの誘いに応じるか否かは五分五分といったところです。

なので、お相手の女性の心理状況を確認する意味でも、何事も無かったように次のデートに誘うメールを送ってみると良いです。

例えば、「昨日はお疲れ^^今度○○日か○○日あたり、また飲み行こう」みたいな、感じのアッサリしたメッセージで良いです。

これに対して、女性からデートに応じる返信が来たら、またアプローチを再開すれば良いわけです。

尚、間違っても、「昨日はホント、ゴメンね。俺、メチャクチャ反省してるよ」みたいな、こちらの立場を下げるようなメールは送らないようにしましょう。

こちらの立場を下げるようなメールを送ったら、ますます状況が悪くなってしまいますからね。

STEP2:デートの約束をしたら、必要最低限以外の余計なメールはしない

STEP1でデートに誘ってみて、女性がそれに応じて約束ができたら、後は必要最低限以外の余計なメールは送らないようにしましょう。

意味も無く「おはよう」や「おやすみ」のメールを送ったり、今日あった出来事を報告する日記のようなメールを送ったり、写メやスタンプを送りまくっても、こちらの立場を下げるだけです。

ですから、デートの約束ができたら、後はデート当日の2~3日前に待ち合わせの詳細を連絡するぐらいで良いのです。

STEP3:二回目のデートでは最初からスキンシップをしてカップルのように振る舞う

初デートではしっかっりとスキンシップをして、キスまでしたようですから、二回目のデートでは、最初から当たり前のようにスキンシップをして、カップルのように振る舞っていきましょう。

例えば、待ち合わせの場所で会った時点から手をつないで歩いたり、ドライブデートであれば、女性が車内に乗った時点に軽くキスをするわけです。

このように、デートの初っ端から当たり前のスキンシップをしていけば、デートの終わりごろには、体の関係を持つことも当たり前のようなムードになっているわけです。

STEP4:相手の女性が拒否する様子が無ければ体の関係を持つ

デートの初っ端から手をつないだりキスをしていれば、カップルらしいムードも出来あがってきますので、自宅やホテルに連れ込んでも、女性から拒否されるようなことは無いと思います。

ですが、今回のケースでは、初デート時のことがあるので、もし、女性が帰りたがっている様子があれば、キスまでして帰してあげましょう。

ここで、帰してあげることにより、女性の中で、この読者の方の評価は上がると思います。

ということで、二回目のデートでは、いけそうであれば体の関係を持って、女性が帰りたがっているのであれば、帰してあげましょう。

STEP5:デート中に三回目のデートの約束をしておく

STEP1のように、デート後にメールで次のデートの約束をするとなると、どうしても、女性からはぐらかされたり、無視されてしまう可能性も出てきます。

やはり、相手と直接会っている時の方が、圧倒的にOKをもらいやすいのです。

ですから、今後もこの女性との関係を続けたいのであれば、しっかりとデート中に次のデートの約束を取り付けておきましょう。

これにより、確実に次につなげることができるわけです。

以上、今後のお相手の女性に対するアプローチの流れについてお話しました。

まとめ

今回のお話、いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、この読者の方のお相手の女性に対する今後のアプローチとしては、以下の流れですすめていきましょう。

STEP1:何事も無かったように次のデートに誘ってみる

STEP2:デートの約束をしたら、必要最低限以外の余計なメールはしない

STEP3:二回目のデートでは最初からスキンシップをしてカップルのように振る舞う

STEP4:相手の女性が拒否する様子が無ければ体の関係を持つ

STEP5:デート中に三回目のデートの約束をしておく

残念ながら、今の状況からですと、お相手の女性がデートの誘いに応じるか否かは五分五分といったところですが、もし女性が応じたら、この流れですすめてみてください。

尚、今後また別の女性にアプローチする際には、体の関係を持つのは、初デートではなく、二回目以降のデートにした方が、より確実です。

特に、彼女にしたいような女性が相手の場合は、二回目以降のデートにした方が良いです。

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、好きな女性にアプローチしていくにあたっての参考にしてみてください。

メルマガ講座のお知らせ

当サイトでは、「たった3つのステップで、誰でも可愛い彼女をつくることができる」無料メルマガ講座を開講しています。

あなたがゼロの状態から可愛い彼女を手に入れるための、「女性との効率的な出会いの増やし方」「好きな女性への正しいアプローチの仕方」を、実践形式で詳しくお伝えしていきますで、ぜひご登録ください。

今なら!"非常識"な恋愛マニュアルを無料プレゼント!

今ならメルマガ講座に登録した方へ、恋愛マニュアル「好きな女性から告白させてしまう”非常識”な恋愛成功術」を無料でプレゼントします!

成功するかわからないイチかバチかの告白をするのは、もうやめにしませんか? 

あなたが「あること」をすれば、こちらから告白するまでもなく、女性の方から告白させてしまうことができるのですから・・・。

このマニュアルでは、好きな女性から告白させてしまう驚きの方法を、恋愛初心者の方でも実践できるように具体的にわかりやすく解説しています。

メルマガ登録はコチラ

メルマガ登録フォーム
メールアドレス

※大切な情報やプレゼントを送らせていただきますので、必ず普段お使いのメールアドレスでご登録ください。