好きな女性にメールやLINEで長文を送ったら嫌われる!?

[メールテクニック, 女心]

多くの男性が、好きな女性に長文のメールやLINEを送ってしまっている!?

 

メールやLINEというものは、

いつでも好きな時に手軽にメッセージが送ることができ、

現代人にとっては欠かせない連絡ツールと言えます。

 

ですが、その手軽さゆえに、多くの男性が好きな女性に対して、

メールやLINEで、不用意なメッセージを送ってしまっているのです。

 

その結果、女性から、面倒くさいと思われたり、嫌われてしまい、

じょじょに返信が来なくなり、やがては完全に音信不通になってしまうわけです。

 

そんな多くの男性が、好きな女性に対して送ってしまう不用意なメッセージの1つに、

「長文のメッセージを送ってしまう」

ということが挙げられます。

 

あなたも、好きな女性に長文のメールやLINEを送ってしまったことはありませんか?

 

・・・・・。

 

ハッキリ言って、好きな女性に対して、長文のメールやLINEを送ってしまったら、

女性から恋愛対象外にされてしまう可能性が高いです。

 

あなたはなぜだかわかるでしょうか?

 

そこで今回は、

好きな女性にメールやLINEで長文を送ったら嫌われる3つの理由

と、題してお話していきます。

 

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、

好きな女性にアプローチしていくにあたっての参考にしてみてください。

 

好きな女性にメールやLINEで長文を送ったら嫌われる3つの理由

 

それでは早速ですが、

好きな女性にメールやLINEで長文を送ったら嫌われる3つの理由

とは、以下の通りです。

 

①女性から「重い」とか「面倒くさい」と思われる

②女性から、「自分より下の存在」と思われる

③女性から「男らしくない」と思われる

 

好きな女性に対して、長文のメールやLINEを送ってしまうと、

このように思われてしまい、恋愛対象外とされてしまうわけです。

 

では、それぞれの理由について説明していきましょう。

 

①女性から「重い」とか「面倒くさい」と思われる

 

女性からすれば、男性から長文のメッセージが送られてきたら、

「あたしも長文送らないといけないのかな、なんだかこの人とのやりとり面倒くさい・・・。」

などと思ってしまうわけです。

 

つまり、メールやLINEのやりとり自体が、重荷に感じてしまうわけですね。

 

そうなると、女性は返信しなくなり、やがて完全に音信不通になってしまうわけです。

 

②女性から、「自分より下の存在」と思われる

 

想像してみてほしいのですが、メールやLINEのやりとりにおいて、

毎回男性側が熱のこもった長文のメッセージを送っていて、

それに対して女性側は「OK」とか「そうだね」といったような短文で返している、

・・・そんな状況だったらどうでしょうか?

 

明らかに、

「男性側が女性側を必死に追いかけている関係性」

になってしまっていますよね?

 

特に、メールやLINEのやりとりというのは、

メッセージが「形」としてハッキリと残るわけですからね。

 

そして、男性側が女性側を必死に追いかけている関係性になると、

女性から「自分よりも下の存在の男性」とみなされてしまうわけです。

 

このサイトでは何度もお話しているように、

女性は自分より上の存在と感じる男性は、恋愛対象として見ますが、

自分より下の存在と感じる男性は、恋愛対象外とみなします。

 

つまり、長文のメッセージを送ってしまうという行為は、

自分の立場や価値を下げてしまう行為とも言えるわけです。

 

③女性から「男らしくない」と思われる

 

長文のメールやLINEを送っているということは、

それだけメッセージの中に、大事なことや想いが詰まっているのでしょう。

 

ですが、女性からすれば、

「大事なことを直接面と向かって言わないで、

メールやLINEで伝えてくるなんて男らしくない」

などと感じてしまうわけです。

 

また、

「デートでは全然そんなそぶりないのに、

メールでは好意丸出しで、意気地がないなあ・・・。」

なんて思われてしまうわけです。

 

このサイトでは何度もお話していることですが、

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

「会っていない時は好意を伝えず、会っている時に好意を匂わせる」

というスタンスが鉄則です。

 

つまり、メールやLINEではそっけなくて好意など全く見せずに、

デートなど直接会っている場面で、思わせぶりな発言やスキンシップをして、

好意を匂わせていくわけです。

 

これによって、こちらの立場を下げることなく、

女性に好意を伝えていくことができるわけです。

 

ですが、メールやLINEで長文のメッセージを送るという行為は、

好意丸出しなわけですから、これと真逆の行動になってしまっているわけです。

 

メールやLINEでは好意丸出しの男性に限って、

デートの場面では女性の手すら握れなかったりしますからね。

 

ですから、メールやLINEの場面では、絶対に好意を見せないようにしましょう。

 

 

ということで以上、

好きな女性にメールやLINEで長文を送ったら嫌われる3つの理由

についてお話しました。

 

好きな女性に対して、長文のメッセージを送る必要は全くない

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

まとめますと、

好きな女性にメールやLINEで長文を送ったら嫌われる3つの理由

とは、以下の通りです。

 

①女性から「重い」とか「面倒くさい」と思われる

②女性から、「自分より下の存在」と思われる

③女性から「男らしくない」と思われる

 

好きな女性に対して、長文のメールやLINEを送ってしまうと、

このように思われてしまい、恋愛対象外とされてしまうわけです。

 

先ほどもお話しましたように、

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

「会っていない時は好意を伝えず、会っている時に好意を匂わせる」

というスタンスが鉄則です。

 

メールやLINEでは必要最低限の連絡のみで、少しそっけないぐらいで丁度良いのです。

 

好きな女性に対して、長文のメッセージを送る必要など全く無いのです。

 

女性に好意を伝えるのは、

デートなどの直接会っている場面で、思わせぶりな発言やスキンシップをして、

こちらの立場を下げずに、さりげなく匂わせていくべきなのです。

 

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、

好きな女性にアプローチしていくにあたっての参考にしてみてくださいね。

 


あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?

 

さらに、その大好きな女性を彼女にするためには、

一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?

 

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、

いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、

毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、

イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。

 

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。

 

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、

確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。

 

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、

アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、

必ず大好きな女性を彼女にすることができます。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも今すぐ正しいアプローチの方法を学んで、

大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?

あなたの大好きな女性を"わずか3回のデート"で確実に彼女にする方法

 

あなたにおすすめの記事

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

後藤孝規のWoman master project ?レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたの恋愛の悩み、全て解決します!

 


サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮

佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ