「復縁」もあなたが幸せになる選択肢の1つ

130810a

このサイトの目的の1つは、あなたが理想と思える彼女を手に入れることです。

そうなると、一度別れてしまった彼女が、やっぱり理想と思える女性である、という人にとっては、ヨリを戻す「復縁」ということも1つの手段になるわけです。

あなたには、ヨリを戻したいと思う女性がいるでしょうか?

しかし、復縁を実現するというのは、初対面の女性を落としていく作業よりも、複雑で難しい場合がよくあります。

別れた理由によっては、相手の女性からかなりマイナスイメージを持たれているわけですから、初対面の女性を落としていくよりも難しいのは、当然といえば当然です。

そこで今回は、大好きな彼女と別れてしまった男性が、次なる理想の彼女を手に入れるにあたって、復縁をするべきなのか?新しい恋をするべきなのか?

ということについて、私のなりの考えお話します。

ぜひ、あなたが再び、最愛の彼女と過ごせるようになるための、ヒントとなれば幸いです。

 

復縁と、新しい恋を探すことは同時並行しても良い!?

まず、結論から申しますと、

復縁を考える場合でも、新しい恋を探すことも、同時並行で進めても良い

と、私個人としては考えます。

理由としては、それだけ選択肢に幅があった方が、あなたが次の彼女を手に入れるまでに時間がかからなかったり、可能性が広がるからです。

別れたばかりの時点というのは、前の彼女のことばかりを頭の中で考えてしまい視野が狭くなりがちですが、やはり、世の中には、その前の彼女と同等以上に魅力的だったり、相性の良い女性というものは、必ずいるものです。

そして、復縁するにしろ、新しい恋を探すにしろ、そのために、より自分自身を磨いて、魅力的な男性に変わるよう努力するという点で、同じことをやるわけです。

つまり、他の女性を惚れさせるぐらい魅力的になれば、前の彼女と復縁できる可能性も高いわけですし、

逆に、前の彼女から復縁したいと思われるぐらい、男性としての魅力がアップしたのであれば、当然他の女性を惚れさせられる可能性も高いわけです。

せっかく目的達成のために、自分磨きという同じ方向性の努力をするわけですから、必ずしも復縁だけに固執することも無いのです。

が、この復縁と新しい恋を探すことを同時並行でやる場合に、注意しなければならないことがあります。

それは、復縁の「冷却期間」に関係してくることです。

 

「冷却期間」をふまえた上での行動をしよう

復縁を実現するためには、こちらが別れを告げたケースなどを除いて、ほとんどの場合、「冷却期間」が必要です。

「冷却期間」が必要な理由としては、

・相手があなたに抱いているマイナスイメージを和らげる

・あなたの気持ちをクールダウンさせて冷静になる

・なぜ、別れることになったのか原因をじっくり究明して把握する

・自分磨きの時間

などが主に挙げられます。

そして、この冷却期間は、一般的に3~4カ月程度と言われています。

「そんなに期間を空けたら、彼女に新しい男ができて、より難しくなるのでは?」と、思うかもしれませんが、

冷却期間を置かずに、しつこく再アプローチするといことは、3か月後、新しい男ができた彼女にアプローチをすること以上に、復縁の実現の可能性が低いのです。

それだけ、多くの場合において、別れた直後というのは、女性のこちらへの心象というのは最悪な状態なので、冷却期間を置かないということは、決してやってはいけないNGなことなのです。(冷却期間を置かなくても良いケースもありますが、そのお話はまたの機会に・・・。)

逆を言えば、時間というのは、それだけ多くの事を解決してくれるとも言えるわけです。

ですから、冷却期間というのは、クールダウンして冷静になったり、別れの原因を把握したり、自分磨きをしたり、行動していくわけですが、

前の彼女に対しては、メールもしない、電話もしない、会わない、・・・つまり、「何もしない」ということです。

で、この復縁をするために、多くの場合において必須といえるこの冷却期間が、なぜ新しい恋を探すのと同時並行するにあたり、注意をしなければならないかをお話しましょう。

例えば、ある男性がA子という女性に別れを告げられたとします。

男性は、2日間ほどショックで混乱しましたが、どうにか気持ちを立て直し、A子との復縁について考え出します。

男性は、復縁について色々と調べていくうちに「冷却期間」が必要なことを知り、それを3か月間、実行することにします。

そして男性は、復縁と同時並行で、新しい恋を探すことも視野に入れるようになります。

そんな中、男性は友人に誘われた合コンで、B子という新たな魅力的な女性と出会います。

男性は、B子の事を一目で気に入り、連絡先を交換し、メールのやりとりをするようになります。

そして、B子とは何回かデートをするようになります。

次第に男性は、A子との復縁のことなど忘れるようになり、B子のことばかりを考えるようになりました。

・・・ところが、そんなある日、それまでメールをすれば必ず返信してくれていたB子から、パッタリ連絡が来なくなります。

男性は、2日間ほどB子の返信を待ちましたが、一向に返ってこないので、こちらから再度、次回のデートの約束の確認を含め、メールを送ります。

すると、B子からは、

「すいません。その日は予定が入ってダメになりました。

それと、先日ある男性と付き合うことになったので、もう○○さんとお会いすることはできません。」

と、それまで順調だったのが幻だったかのような、突然のお別れメールが送られてきます。

男性は、そのメールを見て、イケると思っていただけに大きなショックを受けます。

そして、男性はそのショックの反動で、

「まあ、B子は所詮、その程度の冷たい女だったんだ。

・・・そうだ、俺にはA子がいるじゃないか!

やっぱり俺をわかってくれるのはA子しかないない!」

と思い、まだ3カ月の冷却期間を経過していなのに、A子にメールしてしまうのでした。

「元気?A子は何しているの?今度、メシ食いにいかないか?」

・・・このように、

まだA子の中で、男性のマイナスイメージを払しょくできていない段階で、連絡をしてしまうと、「しつこい」というイメージ与えてしまい、それまでの冷却期間もパーになってしまうのです。

つまり、復縁と新しい恋を探すことを同時並行でやる場合の注意点とは、新しい女性にフラれた反動で、うっかり冷却期間中の前の彼女に連絡したり、すがりついたりしてはならないということです。

このような事態を防ぐには、冷却期間中の前の彼女というのはアプローチする対象としては、完全にノーカウントな訳ですから、それ以外に、”複数”の新たな女性にアプローチすれば良いのです。

この男性の例で言えば、B子だけでなく、C子、D子と新たにアプローチできる女性を複数つくっておけば良いわけです。

そうすれば、1人の女性に対する気持ちが重くならずに、余裕の態度で接することができますし、仮にダメになった場合も、まだ他に女性はいるわけですから、冷却期間中の前の彼女に連絡するようなミスはしないわけです。

 

あなたが理想の彼女を手に入れる可能性を上げるために

今回のお話いかがでしたでしょうか?

もちろん、「別れたばかりの時期に、新しい恋愛をしようなんて思えない」という場合は、無理にやる必要はありません。

その場合においても、女性にアプローチしなくても、自分自身をクールダウンさせたり、別れの原因を把握したり、自分磨きをしたり、趣味や仕事に没頭したりすれば、自然とそれが冷却期間になるでしょう。

で、今回は、復縁と新しい恋を探すことを同時並行する場合でしたが、

何度も言いますが、注意しなければならないのは、新しい女性にフラれた反動で、うっかり冷却期間中の前の彼女に連絡したり、すがりついたりしてはならないということです。

そして、その事態を防ぐためにも、あくまで冷却期間中の前の彼女はノーカウントにして、新たな”複数”のアプローチ対象の女性をつくっておくべきなのです。

これにより、あなたが復縁できる可能性、新たな恋を成功させる可能性・・・要するに、あなたが理想の彼女を手に入れる可能性が、トータルで見てグッと上がるわけです。

メルマガ講座のお知らせ

当サイトでは、「たった3つのステップで、誰でも可愛い彼女をつくることができる」無料メルマガ講座を開講しています。

あなたがゼロの状態から可愛い彼女を手に入れるための、「女性との効率的な出会いの増やし方」「好きな女性への正しいアプローチの仕方」を、実践形式で詳しくお伝えしていきますで、ぜひご登録ください。

今なら!"非常識"な恋愛マニュアルを無料プレゼント!

今ならメルマガ講座に登録した方へ、恋愛マニュアル「好きな女性から告白させてしまう”非常識”な恋愛成功術」を無料でプレゼントします!

成功するかわからないイチかバチかの告白をするのは、もうやめにしませんか? 

あなたが「あること」をすれば、こちらから告白するまでもなく、女性の方から告白させてしまうことができるのですから・・・。

このマニュアルでは、好きな女性から告白させてしまう驚きの方法を、恋愛初心者の方でも実践できるように具体的にわかりやすく解説しています。

メルマガ登録はコチラ

メルマガ登録フォーム
メールアドレス

※大切な情報やプレゼントを送らせていただきますので、必ず普段お使いのメールアドレスでご登録ください。