付き合うまでのデートにおいては、基本的には男性が支払う

140218a

社会人男性が、気に入った女性とデートをする場合は、基本的には男性側がデート代を支払うべきです。

大学生ならともかく、一定の収入を得ている社会人男性が、デートに誘っておきながら、支払いがワリカンだったりすると、女性から見れば大きなマイナスポイントになります。

なぜなら、多くの大人の女性は、男性にデートに誘われたら、食事代ぐらいは出してもらう事が普通なので、それに比べて「ワリカンにする男性」というのは、悪い意味で目立ってしまうのです。

付き合う前の段階のデートにおいては、女性はまだ、こちらをある種「品定め」している段階でもあるので、支払いという点に関しても、どんな男性なのか推し量っていたりするわけです。

特に、デート代を1円単位にまで細々とワリカンにするような男性は、まず女性からは恋愛対象外にされてしまいますので、絶対にNGです。

また、こちらの記事でもお話したように、デート代を出す事により、女性から「ごちそうさま」のメールが来たり、男性側の立場を女性より”上”にするためのキッカケにもなるわけです。

女性から恋愛対象と見られるためには、男性側が”上”の立場を形成していく事は非常に重要です。

あなたは、気になる女性・狙っている女性をデートに誘った時は、キチンと支払いをしているでしょうか?

「金がかかって嫌だなあ」と、思う方もいるかもしれませんが、お金が無いのであれば、無理して高い店を使う必要は無いのです。

高級店に行ってワリカンにするぐらいなのであれば普通の値段の雰囲気の良い店に行って全額支払った方が、女性からの印象は圧倒的に良いものになるでしょう。

また、女性と付き合うまでのデートでは、多少無理してでもこちらが全額支払った方が良いですが、付き合ったり、こちらに惚れるようになったら、女性は経済的事情を考えてくれるようになるものです。

女性としても、将来結婚するかもしれない自分の彼氏が、収入に見合わないお金の使い方をする人よりも、キチンとした金銭感覚のある人の方が良いと思うわけですから、付き合ってからは、無理をする必要は無いわけです。

ということで、女性を落とすまでのデートにおいては、男性側がデート代を支払った方が良いわけですが、どうせ同じ金額を支払うのであれば、より「スマートな会計」をした方が、女性からの印象が良くなります。

そこで今回は、デートにおけるスマートな会計の仕方と題して、その具体的方法をお話していきます。

ぜひあなたも、今回のお話の内容を実践して、お目当ての女性から、「この人は他の男性とは違う!」と、思われるようになってください。

ある爽やかな青年実業家が、女性から幻滅されてしまった理由

デートにおける支払いの仕方が、その男性の印象に大きく影響した事例として、こんな話があります。

ある女性が、青年実業家の男性と初めてのデートをした時の事です。

男性は、背が高く容姿も爽やかで、仕事もバリバリ頑張っているようで、デート中の立ち振る舞いも素晴らしく、はじめは、その女性は「なんて魅力的な人なんだろう」と、感じていたそうです。

しかし、食事の会計の時の事です。

その男性が支払いをして、お釣りを受け取った時、小銭を床に落としてしまったそうです。

男性はしゃがみこんで、床に落ちた1円や5円を拾い集めていたそうですが、女性はその姿を見て、急に熱が冷めてしまったそうです。

もちろん、1円、5円をバカにしない男性だからこそ、ビジネスマン・商売人として大成するのだと思います。

私も、この男性の小銭を拾う行為自体は、何ら間違っていない、正しい事だと思います。

しかし、「デートにおけるスマートな支払い」という観点では、その女性から、あまり良い姿には見えなかった様です。

・・・と、このNGな事例をふまえると、デートにおけるスマートな会計の仕方のポイントが見えてきます。

そのポイントとは、“支払いの場面を女性に見せない”ということです。

支払いの場面を女性に見せなければ、先ほどの男性のように小銭を1つ1つ拾う姿も見られないわけですし、女性に変に気を遣わせないで済むわけです。

また、いつの間にか会計を済ませてしまう事で、女性にちょっとした驚きを与えることもできます。

では、具体的には、どのようにすれば、女性に支払いの場面を見せずに、スマートな会計ができるのか、その流れをお話しましょう。

デートにおけるスマートな会計の仕方の流れ

支払いの仕方としては、以下のような流れになります。

 

STEP1:店を出る時間のちょっと前に席を立つ

店に入って2時間ほど経ち、あなたがそろそろ出ようと考えている時間になったら、「ちょっとトイレ行ってくる」と言って席を立ちます。

 

STEP2:レジに行って会計を済ませる

あなたは、そのままレジに行って、店員にカードを渡して会計をお願いし、トイレに行きます。

そして、トイレから出てきたら、再びレジに行ってサインします。

その際、レジの位置が、女性からは死角である事がポイントです。

 

STEP3:何事も無かったかのように席に戻る

会計を済ませたあなたは、何事も無かったかのように女性のいる席に戻ります。

 

STEP4:5分~10分ほど普通に会話したら、二人で席を立つ

そして、女性と5分~10分普通に会話をしてから、「じゃあ、そろそろ行こうか」と、あなたは言います。

女性は驚いた様子で、「え!?お会計は!?」と、聞いてくるでしょう。

あなたは当然のような顔で、「もう払ったよ。行くよ。」と言って、男らしい振る舞いで、女性を連れて、店を後にします。

以上が、デートにおけるスマートな支払いの流れになります。

尚、女性がトイレに行っている間に、席に店員を呼んで会計するというやり方でも良いのですが、その場合だと、店員が来るタイミングが遅かったりすると、途中で女性にバレてしまう可能性もあります。

なので、自らレジに行って会計を済ませてしまう方が、より女性にわからないように支払いができるでしょう。

あなたもスマートな支払いをして、他の男性と差をつけよう

デートにおけるスマートな会計の仕方いかがでしたでしょうか?

ポイントとしては、“支払いの場面を女性に見せない”という事です。

このようなやり方は、バブル期に青春を送った男性は、当たり前のようにこなしているのですが、20代、30代の男性は案外不慣れだったりします。

ですから、そんな不慣れな男性が多い中、あなたがスマートな支払いをすれば、それだけでも、女性からは「この人は他の男とは違う!」と、思われるポイントになるわけです。

尚、今回のお話では、よりスマートなやりとりができるよう、カードでの支払いという流れになっていますが、念の為、現金でも払えるよう、手持ちも多めに持っていくと良いです。

なぜなら、店によっては、ごく稀に支払いが現金のみの場合もあるからです。

そこでカードしか持っていなくて、現金が無くて、女性に食事代を立て替えてもらったりしたら、最高に格好悪いですよね?

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、デートにおいて、どうせお金を支払うのであれば、スマートな会計を当たり前の様にこなして、女性からの印象をより良いものにしましょう。

メルマガ講座のお知らせ

当サイトでは、「たった3つのステップで、誰でも可愛い彼女をつくることができる」無料メルマガ講座を開講しています。

あなたがゼロの状態から可愛い彼女を手に入れるための、「女性との効率的な出会いの増やし方」「好きな女性への正しいアプローチの仕方」を、実践形式で詳しくお伝えしていきますで、ぜひご登録ください。

今なら!"非常識"な恋愛マニュアルを無料プレゼント!

今ならメルマガ講座に登録した方へ、恋愛マニュアル「好きな女性から告白させてしまう”非常識”な恋愛成功術」を無料でプレゼントします!

成功するかわからないイチかバチかの告白をするのは、もうやめにしませんか? 

あなたが「あること」をすれば、こちらから告白するまでもなく、女性の方から告白させてしまうことができるのですから・・・。

このマニュアルでは、好きな女性から告白させてしまう驚きの方法を、恋愛初心者の方でも実践できるように具体的にわかりやすく解説しています。

メルマガ登録はコチラ

メルマガ登録フォーム
メールアドレス

※大切な情報やプレゼントを送らせていただきますので、必ず普段お使いのメールアドレスでご登録ください。