多くの女性は「特に興味の無い男性」からの初デートの誘いにも応じる!?

161121a

男性の中には、気になる女性と初デートの約束ができただけで、「ひょっとして、あの子、俺に気があるのかな?」などと、舞い上がってしまう人がいます。

あなたもそのような経験はありませんか?

私自身はかつて、そんなオメデタイ男でした(笑)

しかしながら、以下の記事でもお話しましたように多くの女性は「特に興味の無い男性」からのデートの誘いでも応じることがあるわけです。

7割以上の女性が「特に興味の無い男性からのデートの誘いでも応じる」

つまり、女性は、初デートに誘われた時点においては、相手の男性に多少の興味や関心はあったとしても、まだ恋愛感情までは持っていないことが多いわけです。

なぜなら、多くの女性にとって、初デートというものは、あくまでも相手の男性がどんな人物なのか、「品定めをする場」ぐらいに考えているからです。

また、以下のグラフが示すように、男女間では恋愛感情の高まりに時差があります。

131114a

これは、男性は相手の容姿が好みであれば、早い段階で恋愛感情が芽生えるのに対して、女性はたとえ相手の容姿が好みであっても、「どんな人なんだろう?」などと、興味が湧くぐらいで、いきなり恋愛感情が芽生えるのではなく、じょじょに時間をかけて高まっていくことを示しています。

この様に、女性側がまだ恋愛感情が芽生えていないにも関わらず、男性側だけ舞い上がってしまい、ガツガツしてて余裕の無い行動をしたり、あからさまに好意丸出しの行動してしまったりすると、女性から「重い」とか「価値の無い男」などと思われて、恋愛対象外とされてしまうわけです。

ですから、我々男性としては、女性と初デートの約束したぐらいの時点においては、相手はまだこちらに恋愛感情を持っていないことを認識した上で、こちらもあからまさに好意丸出しにしないよう、ニュートラルな態度で接するべきななのです。

・・・では、初デートを終えて、さらに2回目、3回目のデートに誘って、それに女性が応じた場合というのは、どうなのでしょうか?

これに関して、読者の方から以下のご質問をいただきました。

 

user1

【質問内容】

佐藤様、大変参考になる記事が多く、感謝しております。

特にスキンシップの重要性については、大変勉強になりました。

私は今まで、女性と連絡先交換したり、デートに誘うことはできていたのですが、
いつも、2回、3回とデートしても関係を進展させることができずに終わってしまい、
その原因がスキンシップ不足であることに気付かされました。
(いつも、女性と手をつなぐこともできませんでした。)

今度3回目のデートをする女性がいるのですが、
その子に対しては、これからスキンシップをしていこうと思っています。

そこで質問なのですが、
2回目、3回目とデートに応じてくれる子は、
スキンシップを全くしていなくても、デートに来てくれるということは、
まだ”脈あり”とプラスに考えてもよいのでしょうか?

 

先ほどもお話しましたように、初デートに誘った時点においては、多くの場合において、女性はまだこちらに恋愛感情は持っていないわけです。

ですが、2回目、3回目のデートの誘いに女性が応じた時点となると、二人が出会ってから、さらに時間も経っているので、女性側の感情にも変化があると考えられるわけです。

とはいえ、この読者の方は、二人の関係を進展させるための必須行為である「スキンシップ」を全くしていないようです。

では、この読者の方は、お相手の女性から、どのように思われているのでしょうか?

・・・・・・。

そこで今回は、この読者の方のご質問にお答えする形でお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、好きな女性にアプローチしていくにあたっての参考にしてみてください。

ただデートの回数を重ねた”だけ”では、女性の恋愛感情は芽生えない!?

まず、結論から申しますと、この読者の方は、お相手の女性からは興味や関心を持たれていることは確かです。しかしながら、恋愛感情を持たれているかどうかは判断できません。

この女性は、1回目のデートだけでなく、2回目、3回目と、この読者と二人きりの時間を過ごすことに応じたわけですから、良い感情を持っていることは間違いないと言えるでしょう。

ですが、それだけでは、恋愛感情をもっているか否かはハッキリとはわかりません。

なぜなら、世の中の多くの男性が、

「女性と3回デートして告白すれば付き合える」などという“神話”を信じて、同じ女性と3回4回とデートを重ねた後、告白するも、「いい人なんだけど、そんな風には見れないの・・・。」などと言われて、見事フラれて玉砕してしまうようなパターンに陥っているからです。

つまり、ただデートの回数を重ねた”だけ”では、相手の女性に恋愛感情が芽生えているかどうかはわからないわけです。

おそらく、この読者の方も、今の状態でお相手の女性に告白をしたところで、OKの返事をもらえるか否かは、五分五分といったところでしょう。

では、一体どうすれば女性の恋愛感情を確実に高めていくことができるのかと言うと、これは読者の方もお気づきの通り、そのための最も重要な行為が「スキンシップ」になるわけです。

このサイトでは何度もお話していることで、くどいようですが、「スキンシップ」というものは、大人の女性であれば、彼氏や特別な関係の男性としかやらない特別な行為なわけです。

なので、こちらがデート中にスキンシップを仕掛けて、それを女性に受け入れさせることができれば、「この人は、私にとって特別な存在なんだ。だから、こんなことをしているんだ・・・。」などと、認識させることができるわけです。

もちろん、いきなり抱きついたり、キスをしようとしら、女性から拒否されてしまいますので、以下の記事でもお話したように、はじめは軽いスキンシップからはじめて、じょじょにじょじょに親密なスキンシップへステップアップさせていくわけです。

好きな女性を落とすための16段階のスキンシップ

そして、デートを重ねるたびに、

1回目のデートでは「手をつなぐ」

2回目のデートでは「キスをする」

3回目のデートでは「体の関係を持つ」

といったように、確実にスキンシップをステップアップさせていくことにより、二人の関係も進展させていくことができるわけです。

一般的な貞操観念のある日本人女性であれば、相手の男性とキスをしたり、体の関係を持った以上は、「私は誰とでも寝るような軽い女じゃない。この人のことが好きだから関係を持ったんだ。」などと、自己を正当化する意味でも、相手に恋愛感情を持たざるを得なくなるわけです。

そうなると、女性の方から、「あたしたちってどういう関係なの?」などと、告白めいた言葉を言ってくるわけです。

女性がこの言葉を言ってきた時こそが、確実にこちらに異性としての好意を持っていると断言できる瞬間なのです。

つまり、我々男性が、好きな女性にアプローチしていくにあたっては、しっかりとスキンシップを仕掛けていって、最終的にキスをしたり体の関係を持てば、こちらが告白するまでもなく、女性の方から好意を伝えてきてくれるというわけです。

「スキンシップ」というものは、我々人類にとって「言語」以上に太古の昔から行ってきた、根源とも言えるコミュンニケーション方法なので、それだけ理屈抜きに相手に訴えかけるパワーがあるわけです。

ですが、これとは反対に、2回、3回とデートをしているにも関わらず、手もつないでなかったりすると、女性の恋愛感情を増幅させることは難しいわけです。

さらに、4回、5回とデートをしても、全く手を出さなかったら、女性から「この人とはこれ以上デートしても無駄ね」などと愛想を尽かされたり、「この人、なんで私を毎回デートに誘ってるの?なんだか不思議な人」などと思われて、それ以降は急に関係が冷えてしまったり、音信不通になってしまったりするわけです。

そこでイチかバチかの告白をしたところで、確実にフラれてしまうわけです。

この読者の方ご自身も認識されている通り、過去に同じ女性と2,3回デートするも関係が進展させられなかったのは、スキンシップ不足が主な要因と考えられます。

今アプローチ中の女性とは、これまで2回デートをして、その間スキンシップはしておらず、これから3回目のデートとのことですが、ここからはしっかりとスキンシップを実践してください。

お相手の女性からすれば、この読者の方のデートに3回も応じたわけですから、今のところ、悪い印象は持っていないでしょうし、興味や関心を持っていることは確かです。

しかしながら、それと同時に、「今度のデートでも何もないのかな?」などと、思っている時期でもあるわけです。

おそらく、次の3回目のデートでも手すらつながずに終えてしまったら、お相手の女性から愛想を尽かされてしまう”デッドライン”かもしれないわけです。

ですから、次の3回目のデートでは、以下の記事でもお話しましたように、はじめは「肩や肘、膝が当たる」などといった軽いスキンシップからはじめていって、そこからじょじょに親密なスキンシップへステップアップさせていって、デートの終わりまでには女性と手をつなげるようにしましょう。

好きな女性を落とすための16段階のスキンシップ

さにら、それ以降もデートでも、スキンシップをステップアップさせていけば、確実にデートの回数を重ねるびに、二人の関係を進展させていくことができるわけです。

ということで、とにかく次の3回目のデートでは、お相手の女性と確実に手をつなげるよう、プランニングしておいてください、

以上、ご参考になれば幸いです。