気になる女性に、彼氏がいるかどうかは聞く必要無い!?

多くの男性にとって、好きな女性に彼氏がいるかどうかは気になる事

140217a

(c)茶葉

 

多くの片思いをしている男性は、

気になる相手の女性に、「彼氏がいるのかどうか?」

という事を非常に気にします。

 

「そりゃあ、彼女にしたいような女性であれば、

相手に彼氏がいるのかどうかを気にするのは当然だろ!」

 

と、ご指摘がありそうですが、

確かに、男性にとっては、

目当ての女性がフリーなのかどうかは非常に気になるものです。

 

ですから、多くの男性は、

出会いの場で気になる女性がいると、

「今、彼氏いるの?」などという質問を投げかけます。

 

あなたも、合コンなどの出会いの場で、

気になる女性に、そのような質問をした事はありませんか?

 

しかしながら、

その女性を、ゲットしたり、彼女にしたいのであれば、

「彼氏がいるかどうか?」という事を聞くのは、あまり意味がありません。

 

それどころか、この質問をすることによって、

その女性をゲットできる確率が下がってしまう可能性もあるのです。

 

ですから、気になる女性に対して、

彼氏がいるかどうかは、聞く必要の無い事なのです。

 

この理由は、恋愛のおける「女性心理」を理解すると見えてくる事です。

 

そこで今回は、

「なぜ、気になる女性に、彼氏がいるかどうかは聞く必要無いのか?」

という事についてお話していきます。

 

ぜひあなたも、今回のお話を理解して、

好きな女性を落とせる可能性を広げていきましょう。

 

気になる女性に、彼氏がいるかどうか聞く必要が無い3つの理由

 

では早速、

「なぜ、気になる女性に、彼氏がいるかどうかは聞く必要無いのか?」

ということですが、理由としては、以下の3つが挙げられます。

 

①女性は自分が「悪者」になりたくない

 

多くの女性というのは、

恋愛において自分が「悪者」になりたくないという心理があります。

 

ですから、

「彼氏がいるのに、他に男をつくろうとしている腹黒い女」

と、男性に思われる事に抵抗があるのです。

 

ところが、合コンやパーティーなどには、

彼氏がいながらも、関係がうまくいってなかったりで、

新たに出会いを求めて参加している女性も結構います。

 

そんな中、男性から「今、彼氏いるの?」

と野暮な事を聞かれてしまうと、

女性は、新たな恋愛をすることに罪悪感を感じたりして、躊躇してしまうわけです。

 

②次の彼氏と付き合うまでは、今の彼氏と別れない女性は多い

 

女性という生き物は、我々男性以上に、「恋愛」に重きを置いています。

 

ですから、常に自分を愛してくれる存在がいる事をのぞんでいます。

 

そして、これは我々男性が実践する場合も同じですが、

 

常に恋人を途切れさせないためには、

今の相手と別れる前に、次の相手と付き合ってしまう事が

ポイントになってくるわけです。

 

なので、今の彼氏と別れないまま、黙って出会いの場に行って、

次の男と付き合うようになってから、アッサリと前の男を切ってしまう、

なんて女性も結構いるわけです。

 

つまり、ブランクを空けずに、

オーバーラップする期間があるという事ですね。

 

もちろん、全ての女性に当てはまるわけではありませんが、

恋愛経験豊富な女性は、このような行動をする傾向にあります。

 

ですから、もし相手がそのような女性であれば、

出会いの場で、男性から「今、彼氏いるの?」なんて事は、

いちいち聞かれたくないわけです。

 

③彼氏がいようがいまいがアプローチの仕方に変わりは無い

 

基本的に、このサイトで私がお話しているアプローチの仕方は、

相手の女性に彼氏がいようがいまいが、共通して実践できる方法がほとんどです。

 

私個人としては、

相手の女性に彼氏がいるかいないかわからない場合は、

「彼氏がいる」前提で、メールや会話、デートをした方が、

ガッツつかずに、余裕の気持ちでアプローチができると感じます。

 

フリーの子であっても魅力的な女性というのは、

複数の男性からアプローチをされているのが常ですから、

結局、彼氏もちの女性にアプローチするのと同じように、ライバルがいるわけです。

 

ですから、

あなたがその女性をゲットしたり、彼女にしたいのであれば、

相手の女性に彼氏がいようがいまいが、

気にせずに正しいアプローチをしていけば良いのです。

 

積極的に出会いの場に来ている女性であれば、彼氏がいようと、

あなたにそれ以上に魅力を感じれば、平気で乗りかえてくるものです。

(もしあなたが、その様な女性とは恋愛したくないのであれば、

友達になっておけば、そこから合コンなり紹介なり横展開もできるわけです。)

 

ただし、こちらの記事でもお話したように、

その女性に付き合いたてのラブラブな彼氏がいたり、

死ぬほど好きで追いかけている男がいる場合は、

どんな魅力的で恋愛スキルのある男性でも、すぐに落とす事はできません。

 

しかし、その様な好きな男がいる女性が、

合コンやパーティーなどの出会いの場に居たとしたら、

自ら、彼氏や好きな男性がいることを言ってくるでしょうから、

「今、彼氏いるの?」などと聞くまでもないわけです。

 

 

以上が、

気になる女性に、彼氏がいるかどうか聞く必要が無い3つの理由

になります。

 

彼氏がいようがいまいが、気にせず正しいアプローチをしていこう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

気になる女性に、彼氏がいるかどうか聞く必要が無い3つの理由

を、おさらいしますと、

 

①女性は自分が「悪者」になりたくない

②次の彼氏と付き合うまでは、今の彼氏と別れない女性は多い

③彼氏がいようがいまいがアプローチの仕方に変わりは無い

 

と、なります。

 

ぜひ、あなたも今回のお話をふまえて、

相手の女性に彼氏がいようといまいと、

気にせずに正しい手順でアプローチをしていきましょう。

 

気になる女性に、「今、彼氏いるの?」などと聞いてしまう事は、

あなたの恋愛の可能性を自ら狭めてしまう野暮な質問なので、

全く必要の無いことなのです。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ