合コンの主催者はモテやすい、では他の参加者は!?

130904a

このサイトでは、女性との出会い方として、あなたが合コンの“主催者”になることは、1つの効率的な方法であることを、何度かお話しました。

あなたは合コンの主催者(幹事)をしたことがあるでしょうか?

合コンというのは、お互いの友達を紹介し合うので、女性側もこちらに不信感を抱きににくいですし、共通の友達ができるので、小さいながらも同じコミュニティに帰属している意識を植え付ける事ができます。

そして、合コンのただの一参加者ではなく“主催者”になることによって、様々なメリットが出てくるのです。

例えば、合コンの主催者というのは、その場のリーダーなわけですから、女性メンバーからは頼られますし、自分に都合よく場をコントロールできます。

主催者ということを口実に、ナチュラルに女性全員の連絡先を聞き出す事もできます。

要するに、ただ主催者というだけで、女性にモテやすくなってしまうわけです。

合コンを主催することのメリットについては、詳しくは以下の記事などもご覧ください。

合コンの「主催」がオイシイ理由

ということで、合コンの主催をし続けていれば、女友達は嫌でも増えていきますし、その中からよりタイプの女性を選ぶ事もできるわけです。

もちろん、合コンの段取りというのは簡単な事ですし、今現在、女友達がゼロの人でも、簡単にツテをつくる方法もあります。

ですから、ぜひあなたも、合コンを主催して、そのうまみを味わってほしいと思います。

さて、そんな合コンですが、あなたが主催者ではなく、一参加者という場合もあるでしょう。

例えば、あなたの男友達が頻繁に合コンを主催していて、たびたび、そこへ誘ってくれているとします。

そうなると、先ほどお話したように、その主催者の男友達というのは、その場においてモテやすいのに対し、一参加者に過ぎないあなたは、その場においては、それほど女性ウケしないという場合もあるでしょう。

そして、毎回収穫無しの合コンになってしまっているかもしれません。

そこで今回は、合コンにおいて、他の男友達ばかりが女ウケしていて、あなたが女性から興味を持たれていない場合の打開策について、具体的事例を交えてお話します。

毎回合コンにおいて、他の男友達ばかりがチヤホヤされていて、あなたが女性から興味を持たれていなかったとしても、そこから女性にモテる事は全然可能なのです。

 

合コンに誘われても、友達ばかりモテている・・・

私の友人で、ヒロユキという32歳の会社員の男性がいます。

ヒロユキは、職場には、おばさんしかいませんし、プライベートでも、たまに誘われる合コン以外は、女性との出会いがありませんでした。

で、この、たまにヒロユキを合コンに誘ってくれる男友達がカズヤという同級生でした。

このカズヤはなかなかのイケメンで、しかも毎回、合コンの主催者なわけですから、先ほどのお話のように、いつも彼ばかり女性にモテていました。

カズヤは気をつかって、女性たちに「ヒロユキはいい男だよ。」などと売り込んでくれるのですが、

ヒロユキからすれば、彼女らが大抵はカズヤの事を気に入ってしまっていることがわかるので「みんなカズヤが良いんだろ?はぁ~今回も収穫無しかぁ・・・」と、毎回落ち込んで終わるのでした。

・・・と、このように、ヒロユキは、彼にとって唯一の出会いの場でも、これといった結果が出ないのでした。

そんな彼でしたが、ある時から、“発想の転換”をすることにより、カズヤに誘ってもらう合コンで、じょじょにモテるようになったのです。

それは、友達のカズヤがモテている状況を、逆に利用してしまったのです。

 

ちょっとした”発想の転換”でモテるようになった

ヒロユキが、カズヤの主催する合コンで、じょじょにモテるようになった“発想の転換”とは、“初対面では女性からモテなくても良い、まずは友達として仲良くなっていく”という事です。

それまでのヒロユキは、初対面で女性が自分に興味が無さそうだったり、他の男友達の事を気に入ってるとわかると、そこで全てを諦め、女性と連絡先交換すらしていなかったのです。

それが、初対面では女性から興味を持たれていなくても、とりあえず、連絡先交換してまずは女性と友達関係を構築するようになったのです。

そして、特にカズヤの事を気に入っている女の子には、「俺で良かったら、カズヤの事教えるよ」などと、恋愛相談を口実に、連絡したり、会ったりするようになったのです。

女性としても、カズヤの事をよく知っているであろうヒロユキと連絡を取ったり、会ったりすることにメリットはあるわけです。

そうやって、接触回数を増やしていくうちに、女性たちは、ヒロユキにもじょじょに心を開いたり、彼に興味が出てきたりするわけです。

結局、ヒロユキは、そのような事を続けているうちに、2ヶ月程度で、頻繁に会う関係の女友達と、さらには彼女をつくることができたのです。

流れとしては、

①合コンで女性から興味を持たれていなくても、とりあえず連絡先交換をしておく

②女性が他の男友達の事を気に入っているようであれば、それをネタに連絡したり会ったりして、接触回数を増やしていく

③友達として信用されるようになれば、今度は女性の中で彼氏候補として見なされるようになってくる

④女性側がこちらに興味を持ち始めたと感じたら、スキンシップなど恋愛関係を感じさせる行為も織り交ぜて、関係を進展させていく。

といった感じになります。

 

初対面で女性から興味を持たれていなくても関係無い

今回のお話いかがでしたでしょうか?

「なんだよ、会った瞬間から、女性にモテないのかよ!」と、思うかもしれませんが、

やはり、女性というのは、我々男性と違って、第一印象だけでは、いきなり好意を持つことはありません。

たとえ、初対面で男性の容姿がカッコいいと思ったとしても、それはまだ好意ではなく、「どんな人なんだろう?」と興味がある程度なのです。

男性に比べ、女性は時間をかけて異性を好きになっていく生き物なのです。

ですが、逆に言えば、時間や接触回数をかけることにより、初対面ではこちらに興味が無かった女性も、ふりむかせることが出来るのです。

「まずは友達から」でも、全然良いのです。

ということで、合コンなどで、あなたが女性から興味を持たれていなかったり、女性が他の男友達を気に入っている場合であっても、いくらでもこちらに振り向かせる事は可能なのです。

ですから、あなたがタイプの女性から初対面では何とも思われていなくても、アプローチ次第でどうにでもなるので、安心してください。

あなたの大好きな女性を"たった3回のデート"で確実に彼女にする方法

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?  

では、その大好きな女性を彼女にするためには、一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?  

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。  

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。  

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。  

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、必ず大好きな女性を彼女にすることができます。  

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、あなたにできないわけがありません。安心してください。  

あなたも今すぐ正しいアプローチの方法を学んで、大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?