オタク趣味自体は悪くは無いが、オタクを連想させる「見た目」はマイナス

130925a

日本人社会において日本人女性と恋愛するにあたって、「オタク」的な要素というのは、あまり女性ウケが良くありません。

しかしながら、「オタク趣味」それ自体は、全く問題ではありませんし、それと両立して女性にモテる事は全然可能な事です。

特に、男性は女性に比べて、1つの事にのめりこんだり、探求する性質があります。

ですから、全ての男性は、程度の差やジャンルの違いはあれ、多かれ少なかれ「オタク気質」を持っていると、私は感じます。

あなたも何かの分野において、マニアックな趣味があるのではないでしょうか?

では、一体何が恋愛の弊害になってくるかと言うと、以下の記事でもお話しましたが、「オタク」を連想させるヴィジュアルが、問題なのです。

オタク趣味と女性にモテる事の両立は可能か

逆に言えば、見た目さえ整えてしまえば、いくら「オタク趣味」を楽しんでいようが、女性にモテるわけです。

また、「オタク趣味」が無くても、「オタク」を連想させるヴィジュアルの男性は、女性ウケが悪くなってしまうわけです。

さて、「見た目」と言えば、真っ先に髪型やファッションという要素が思い浮かぶと思いますが、もちろん、それらを改善することは重要です。

今回は、「見た目」の要素として、髪型・ファッション以外で、さらにもう1つ重要な要素をお話したいと思います。

多くのオタク系の男性は、この点がにおいて、女性に大きなマイナスイメージを与えている傾向にあります。

もし、あなたが「オタク趣味」がある無いにかかわらず、見た目に気をつかているのに、女性ウケがイマイチなのであれば、この点を改善してみれば、ガラリと反応が変わることでしょう。

簡単に改善できる事ですが、女性に対して、あなたの男性的魅力を、さりげなくアピールできるようになります。

 

あるオタクの男性が、女性から恋愛対象に見られなかった理由

私の知り合いに、Tさんという30代の独身男性がいます。

Tさんは、アニメが大好きな、いわゆる「オタク趣味」を持つ男性で、つい半年前までは、髪型やファッションなどには、全く気をつかっていませんでした。

そんなTさんでしたが、女友達や彼女を作るために、「まずは自分の見た目を変えてみよう!」と、半年前に一念発起しました。

ヘルメットのようにこんもりしていた髪型を、美容室でベリーショートにして、大学時代から変わっていなかった服も買いかえ、シンプルながら、小奇麗な格好になりました。

これによってTさんは、以前より明らかに女性からの反応は良くなりました。

やがてTさんは、何人か女友達ができて、デートも何回かするようになりましたが、なぜか毎回、女性から恋愛対象に見られないまま、関係が終わってしまっていました。

私はその時のTさんを見て、確かに髪型や服装といった点では格段に良くなったと感じましたが、ある点について、何となく「オタク」を連想させるような、あまり女性ウケしない部分を強烈に感じたのです。

これこそ、冒頭でお話した重要な要素の事です。

それは、彼の「雰囲気」が醸し出すものでした。

で、その彼の醸し出す雰囲気の原因となっていたのが、彼の「動き」でした。

具体的に言うと、Tさんは1つの1つの動作が、妙に細かくて素早いのです。

また、時折、無駄な動きをしています。

歩く時も、妙に小股で素早く移動しているのです。

もちろん、時と場合によって、そのような素早い動きが必要な場面もあるでしょう。

しかし、女性とのデートの場面で、妙にチョコマカ動く男性がいたらどうでしょうか?

女性は、明らかに「小者の臭い」「自分より格下」と感じてしまうわけです。

以前にもお話しましたが、一般的に女性は、自分より”上”と感じた男性に、恋愛感情を抱いていくわけです。

ですから、自信が溢れていたり、余裕のある「雰囲気」の男性に惹かれていくわけです。

それが、

・1つ1つの動きが、妙に細かくて素早い

・無駄な動きが多い

・妙に小股で素早く歩く

・・・こんな男性からは、女性は自信や余裕のある雰囲気を感じる事ができないわけです。

なぜか、オタク系の男性は、このような動きをしてしまう傾向にあります。

・・・では、どうすれば良いのか?

これは、簡単です。

真逆の事をやれば良いのです。

つまり、

・1つ1つの動きを、ゆっくりと行う

・無駄な動きをしない

・大股でゆっくりと歩く

といった動きをすれば良いのです。

例えば、タバコを吸うにしても、スパスパ吸わずに、ゆっくりとタバコを口に運び、一呼吸置いてから火をつけ、ゆったりとくゆらせるわけです。

映画などで、ヤクザの親分やマフィアのボスの役者を見ると、必ず無駄な動きはせずに、1つ1つの動きをゆっくりと行って“大物感”を演出していますよね?

逆に、下っ端の役はチョコマカと動いて、“小者感”を演出していたりするわけです。

私はTさんに対して、ちょっと失礼かなと思いながらも、無駄な動きをせず、1つ1つの動きをゆっくり行い、大股で歩いてみるよう、率直にアドバイスを伝えてみました。

Tさんが凄いのは、この事を言われて、それを素直に認め、改善の為に即実行に移した事です。

もちろん、何十年もTさんの体に染みついていた動きのクセですから、すぐには直りませんでしたが、1ヶ月もしたら、随分とサマになっていました。

Tさんは現在、新たな女性にアプローチ中ですが、以前よりも全然好感触のようで、今度はうまくいきそうとの事です。

ということで、もしあなたが、なかなか女性から恋愛対象に見られないということであれば、自分の「動き」について、今一度見直してみる事をおすすめします。

 

あなたも「ゆっくり動く」ことを意識してみよう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

くどいようですが、私は「オタク趣味」自体は、悪いものだと思っていませんし、むしろ、どんな事であれ趣味を持つのは、人生を豊かにする良い事だと思います。

ですが、恋愛においては、「オタク」を連想させるような「見た目」があると、大きなハンディキャップになってしまいます。

せっかく中身が素晴らしい男性であっても、それでは勿体ないということです。

「見た目」については、髪型やファッションだけでなく、「雰囲気」も重要な要素となってきます。

そして、その「雰囲気」を醸し出す1つの原因として、「動き」は、特に意識すると変わってきます。

おさらいしますと、

・1つ1つの動きを、ゆっくりと行う

・無駄な動きをしない

・大股でゆっくりと歩く

といった動きをするわけです。

ぜひ、あなたも意識してみてください。

これらを行うだけで、あなたの女性からの反応は明らかに変わるはずです。

あなたの大好きな女性を"たった3回のデート"で確実に彼女にする方法

あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか?  

では、その大好きな女性を彼女にするためには、一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか?  

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。  

好きな女性を彼女にするためには、"正しいアプローチ"をする必要があります。  

これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。  

たとえ、恋愛経験が全く無い男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、必ず大好きな女性を彼女にすることができます。  

私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、あなたにできないわけがありません。安心してください。  

あなたも今すぐ正しいアプローチの方法を学んで、大好きな女性の身も心も手に入れてみませんか?