アバター恋愛は夢幻の如くなり

女性とのメールのやりとりだけで満足してしまう男

130517a

 

私はかつて、何年も彼女ができなかった時期、

女性からメールが来ただけで、飛び上がるほど喜んでいました。

 

そして、その喜びを何度も味わいたいがために、

さらに色々とあの手この手で、女性へメールを送るわけです。

 

あなたもこのような経験はあるでしょうか?

 

で、問題なのは、

その時の私は、女性とのメールのやりとりだけで満足してしまい、

デートにも誘い出そうとしていなかったことです。

 

女性からしてみれば、

一定の時期を過ぎても、メールだけで一向に誘ってこないのであれば、

「この人は、何がしたいんだろう?」

と、不思議な人と感じてしまいます。

 

そして、女性は、

その男性とメールのやりとりをしていること自体にも疑問を感じ、

いずれ、メールの返信をしなくなり、音信不通になるわけです。

 

・・・で、このような、

メールを送るだけで満足してしまい、

最終的には女性と音信不通になってしまう男性ですが、

 

似たような光景は、

mixi、モバゲー、アメーバブログなどの

SNSなどのインターネット上でも見られることです。

 

特に、モバゲーやアメーバブログなどの

いわゆる“アバター”と呼ばれる、

利用者の分身となるキャラクター が使えるネット上のサービスで、

その傾向が強く見られます。

 

私は、恋愛において、インターネットというものを、

キッカケなりツールなりに使うことは否定していませんが、

依存しすぎることの危険や、無意味さを何度かお話してきました。

 

そこで今回は、

そのネット上のアバターを通じて女性と仲良くなる、

“アバター恋愛”についてお話します。

 

ある男性が、アバター恋愛にのめりこみ、半年間交流した結末

 

まず、“アバター”がどのようなものか

見たことが無い方にサンプルをお見せしますと・・・

 

モバゲーは、

mobage

 

 

 

 

 

 

 

アメーバブログは、

女の子C

 

 

 

 

 

といった感じで

利用者の分身のキャラクターを作成することが

できるわけです。

 

ちなみに、

私のアイコンである、

佐藤 亮

 

 

 

 

 

も、アメーバブログで作成したものです。

 

で、ご覧になって、

あなたもお感じになったと思いますが、

 

特にこのモバゲーとアメーバブログで作成できるアバターは、

非常に愛らしいキャラクターなのです。

 

おそらく2社とも、日本人の感性を考慮して、

愛着がわくようなアバターになるよう、

徹底的にリサーチした上で、デザインしているのでしょう。

 

で、このように非常に愛らしいアバターの女性たちと

ネット上で、出会うとどうなるか、ということですが・・・

 

冒頭でお話した、

女性とのメールだけで満足していた、かつての私のように、

アバター間の交流だけで満足してしまう男性も出てくるわけです。

 

例えば、ある男性は、

モバゲーで知り合った、可愛いアバターの女性の伝言板に、

 

毎朝欠かさず「おはよう」のメッセージを書き込んだり、

会社から帰ってきたら、今日一日の出来事を報告したり、

 

それを半年もの間続けていました。

 

このようなSNSサービスでは、

セールスや出会い目的は禁止されているため、

ある意味、それを律儀に守っている真面目な男性とも言えるのでしょう。

 

ですから、その男性は、

アバター間のみの交流をささやかに楽しんでいたのです。

 

しかし、ある日突然、その女性はモバゲーを退会してしまい、

その半年間の交流が何も無かったかのように、

二人の交流は消えてしまいました。

 

もちろん、そのようなバーチャルな交流のみが目的の人もいるでしょう。

 

夫婦間がうまくいなくて、でも浮気をするわけにもいかないので、

とりあえずSNSのアバター恋愛で気を紛らわしている男性もいます。

 

また、出会い系サイト同様に、

不倫目的の主婦などの、割り切った関係の女性とは、

出会いやすい媒体と言えるでしょう。

 

しかし、ちゃんとした彼女がほしい男性が、

アバター恋愛にのめりこんでしまうのは本末転倒です。

 

女性からすれば、

先ほどのメールの例と同様に、

いつまでもネット上でしかやりとりの無い男性は、

やはり「不思議な人」と感じます。

 

携帯のメールアドレスを交換する場合なら、

1度は面と向かって会っている関係でしょうが、

 

SNS上でのやりとりだけなら、

相手の顔すらわからないので、なおさら「不思議な人」です。

 

その女性にとっては、

半年間、SNS上のみでやりとりをした男性よりも、

今日初対面でも、直接会って5分でも話した男性の方が、

圧倒的に現実味があり、信頼できる存在だったりするのです。

 

つまり、

アバター恋愛が、現実の恋愛になる可能性は

天文学的確率なみの低さになるわけです。

 

しかも、可愛いアバターのキャラクターにより、

相手の女性のイメージを妄想してしまいがちですが、

その女性の本当の容姿も可愛いなんて保証は全く無いのです。

 

そして、その女性が退会してしまったり。

男性が運営会社に通報されてしまったら、

その何ヶ月の関係も、泡のごとく消えてしまうのです。

 

正に、“アバター恋愛は夢幻の如くなり”です。

 

アバターの魔力に惑わされず、現実を見よう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

アバター恋愛だけで満足してしまっている男性というのは、

ある意味、真面目でやさしい人なのかもしれません。

 

私自身、かつて女性とのメールだけで喜んでいましたし、

さらにそこに、“愛らしいアバター”という魔力が加わると、

その関係に中毒になってしまう気持ちがわからないでもありません。

 

バーチャルと割り切って楽しむなら、それはそれでアリでしょう。

 

しかし、本当の彼女がほしいなら、

とっとと直接出会える場に行くべきなのです。

 

ネットを使うにしても。

ダラダラとメールやメッセージのやりとりをせず、

早々に誘い出して、直接会って落としていくべきなのです。

 


あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

あなたは、心の底から好きだと思える

"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にしたいと思いませんか?

 

・・・しかしながら、世の中の多くの男性というのは、

本当に好きなタイプの女性にかぎって付き合うことができず、

結局、妥協して好きでも無いどうでもいい女性と付き合うことになっています。

 

あなたにもそのような経験はありませんか?

 

なぜなら、世の中の多くの男性というのは、

美人な女性がウジャウジャいるようなおいしい出会いの場や、

女性への正しいアプローチ方法というものを知らないからです。

 

もし、あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れたいのであれば、

美女がウジャウジャいるおいしい出会いの穴場スポットで出会いを増やしまくって、

さらにその女性達に正しくアプローチしていく必要があります。

 

逆に言えば、恋愛経験が全く無い男性であっても、出会いが全く無い男性であっても、

友達がいない男性であっても、アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、

おいしい出会いの場で美女との出会いを増やしまくり、正しくアプローチしていけば、

必ず心の底から好きだと思える"妥協なしのイイ女"を彼女にすることができるのです。

 

私の様な何の取り柄もない最底辺の陰キャラのダメ男ですらできたことなので、

あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも、"美女との出会いの増やし方"や"正しいアプローチ"方法を学んで、

友人や同僚達から心の底から羨ましがられるような、

"妥協なしの本当にイイ女"を手に入れてみませんか?

あなたが"妥協なしの本当にイイ女"を彼女にする方法

 

よく読まれている記事

あなたが結婚相手にするべき女性とは?

彼女をつくるにはどのぐらいの期間が必要なのか?

後藤孝規のWoman master project  レビュー

あなたは毎回デートプランで悩んでいませんか?

後藤孝規がひたすら隠してきた出会いの穴場スポットとは!?

女性タイプ別の落とし方

あなたも妥協なしのイイ女を手に入れてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 プロフィール

佐藤 亮
佐藤亮と申します。当サイトへご訪問ありがとうございます。

私はかつて、家と職場を往復するのみの、女性との出会いすら無い生活を送っており、何年も彼女がいませんでした。しかし、様々な試行錯誤の末、ある場所に行って爆発的に女友達を増やしたり、理想と言える彼女も手に入れ、結婚することができました。

私のような冴えない男にできたことなので、あなたにできないはずがありません、安心してください。

私の詳しいプロフィールはコチラです。

ブログランキング1位獲得!

お陰様で人気ブログランキング

1位獲得しました。

blogranking      

現在の順位はコチラ↓


純愛 ブログランキングへ

雑誌に掲載されました

週刊SPAより取材依頼を受け、当サイトが掲載されました。

SPA

【4月22日発売号】

spa02

【6月24日発売号】

最近の記事

このページの先頭へ