筋肉質な体型の男性は、女性との性交渉のチャンスが多い!?

131029a

恋愛において男性は、生まれつきの顔の善し悪しなど、先天的な見た目の要素は、女性に比べれば大した問題ではありません。

髪型、ファッション、清潔感、雰囲気など、後天的な要素を磨き上げていけば、誰でもカッコいい男性になる事ができます。

さて、そんな後天的に磨き上げられる見た目の要素として、ぜひともあなたに取り組んでいただきたいのが“体型”です。

以下の記事等でもお話しましたが、最も女性ウケするのは筋肉質な引き締まった体型です。

女をひきつける体を手に入れる!

あなたは、自分自身の体型をしっかりと管理できているでしょうか?

もちろん、太りすぎの男性であれ、痩せすぎの男性であれ、女性にモテている人はたくさんいます。

しかし、そのような男性は、体型を補うような様々な魅力があったり、たまたま女性側が、太っている男性や痩せている男性がタイプであった場合です。

やはり、より多くの女性のストライクゾーンに入るには、筋肉質で引き締まった体型であった方が良いわけです。

髪型やファッションはその日のうちに変える事ができるのに比べ、体型を変えるには、どうしても3ヶ月程度は時間がかかってしまいますが、

こちらの記事などでお話した様な、高負荷低回数のウエイトトレーニングの方法であれば、比較的短時間で実践できるため、忙しい男性でも続けやすく、習慣化さえしてしまえば、実は割と楽なトレーニングです。

筋肉を増大させることにより、体質自体を脂肪を燃焼しやすいものに変えるため、マラソンの様な有酸素運動の様に、やめた途端にリバウンドということもありません。

そして、どんな男性でも継続すれば、必ず逆三角形のカッコいいシルエットの体型になるわけです。

さらに、「カッコいいシルエットの体型の男性」というのは、女性からは「優れた遺伝子を持つ男性」と認識され、魅力的と思われたり、性交渉をしたいと思われやすいことが、生物学においても証明されているのです。

そこで今回は、具体的に「カッコいいシルエットの体型」とは、どのようなバランスの体型なのか、その黄金比についてお話します。

題して、「モテる男のカラダの黄金比」です。

「モテる男のカラダの黄金比」は誰でも手に入れることができるので、ぜひあなたも逆三角形のカッコいいシルエットの体型を手に入れて、その立ち姿だけで、女性に「オス」を感じさせ、メロメロにさせてしまいましょう。

 

「モテる男のカラダの黄金比」を割り出す3つの数値

「モテる男のカラダの黄金比」は、BMI、WHR、SHRという、3つの数値が関連してきます。

では、それぞれ説明していきましょう。

 

●BMIについて

健康診断などでもおなじみのBMIは、身長と体重の数値から割り出される肥満度の数値の1つです。(体脂肪率とは異なります。)

BMIは、以下の公式で算出します。

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

日本肥満学会によると、肥満の判定基準は以下の通りです。

肥満度 BMI値(判定基準)
非肥満(低体重)  18.5未満
非肥満(普通体重)  18.5以上~25未満
肥満度Ⅰ  25以上~30未満
肥満度Ⅱ  30以上~35未満
肥満度Ⅲ(高度肥満)  35以上~40未満
肥満度Ⅳ(高度肥満)  40以上~45未満

 

普通体重とされるのはBMI=18.5~25の範囲というわけです。

そして、女性に最も好まれるBMIの数値は22です。

例えば、身長175cmの男性であれば、(1.75×1.75)×22=約67kgが理想的というわけです。

 

●WHRについて

WHRとは、Waist  Hip  Ratio の略で、ウエストとヒップのサイズの比率のことです。

WHRは、以下の公式で算出します。

WHR=ウエスト(cm)÷ヒップ(cm)

そして、女性に最も好まれるWHRの理想値は0.9です。

例えば、ヒップ90cmの男性であれば・・・90cm×0.9=81となり、81cmが理想的なウエストサイズとなるわけです。

以前、こちらの記事で、我々男性が美しいと思う女性のWHRは0.7という事をお話しましたが、男性の場合は、ここまで細いくびれは求められていないということですね。

ちなみに「ウエスト85cm以上はメタボ体型」かのような風潮がありますが、それは一概には言えません。

その人の身長や骨格にもよりますし、体脂肪率が低かったり、このWHRの値が小さければ、ウエスト85cmだろうと、メタボ体型ではありません。

 

●SHRについて

SHRとは、Shoulder  to  Hip  Ratio の略で、肩まわりとヒップのサイズの比率のことです。

SHRは、以下の公式で算出します。

SHR=肩まわり(cm)÷ヒップ(cm)

そして、女性に最も好まれるSHRの理想値は1.3です。

例えば、ヒップ90cmの男性であれば・・・90cm×1・3=117となり、117cmが理想的な肩まわりのサイズとなるわけです。

 

ポイントは肩まわりのサイズアップとウエストのサイズダウン

以上、3つの数値の「モテる男のカラダの黄金比」を、各サイズごとに理想値を割り出していくと、以下のようになります。

まず、BMI=22の場合、身長別による適正体重は以下の様になります。

 

●表1:BMI=22とした場合の、身長別適正体重

身長(cm)   160   165   170   175   180   185   190
体重(kg)  56.3  59.9  63.6  67.4  71.2  75.3  79.4

 

次に、WHR=0.9、SHR=1.3とすると、肩まわり、ウエスト、ヒップ、それぞれのサイズは下の様なバランスになります。

 

 ●表2:WHR=0.9、SHR=1.3とした場合の、各サイズ

肩まわり(cm) 97.5 104 110.5 117 123.5 130
ウエスト(cm) 67.5   72   76.5   81   85.5   90
ヒップ(cm)   75   80     85   90      95 100

 

もちろん、人によっては、

「俺はフルマラソンをやっているから、BMI=22は高すぎる」

「フルコン空手の重量級の選手だからBMI=30ぐらいある」

「ボディビルの大会に出るので、WHR=0.7ぐらいにしたい」

など、特別な事情があるかもしれません。

しかし、特にそのような事情が無いのであれば、BMI=22、WHR=0.9、SHR=1.3を、1つの目安に体づくりをしていくと、最も女性ウケするシルエットになるわけです。

特にポイントとなってくるのが、「肩まわり」および「ウエスト」のサイズに関連してくるトレーニングですね。

「肩まわり」の数値を大きくしたいのであれば、肩まわりの三角筋、胸の大胸筋、背中の背筋などを、トレーニングで肥大させていけば良いわけです。

「ウエスト」の数値を小さくしたいのでれば、腹直筋、外腹斜筋を鍛えて、筋肉が肥大させ、腹まわりの脂肪を燃焼したり、せり出ていた内臓を引っ込めて、サイズダウンすることができるわけです。

ちなみに、よく「ビール腹」と言われるような、お腹だけせり出た、妖怪の「餓鬼」のような体型の方がいますが、あれは、お腹まわりに脂肪が付いているというよりも、腹筋が弱くて、内臓が前に飛び出ているのが主な原因なのです。

gaki

この場合も、腹筋を強くすることによって、内臓が中におさまり、ウエストが細くなるわけです。

ということで、もしあなたが「モテる男のカラダの黄金比」を手に入れたいのであれば、

三角筋や大胸筋、背筋の肥大による肩まわりのサイズアップ、そして、腹直筋や外腹斜筋を鍛えてウエストまわりのサイズダウン、この2点を特に意識してトレーニングすれば良いわけです。

 

今すぐ、あなたの3つの値を計算してみよう!

「モテる男のカラダの黄金比」のお話いかがでしたでしょうか?

BMI=22、WHR=0.9、SHR=1.3、という数値を手に入れる事は、それほど難しい事はありません。

仕事が忙しい方でも、運動が苦手な方でも、トレーニングを継続すれば必ず手に入れる事ができます。

モチベーションの保ち方の1つの方法としては、あなたが理想とするスポーツ選手や俳優の上半身裸の写真などを、部屋や手帳に貼ったり、パソコンの壁紙にして、いつでも目に入るようにしておくと良いでしょう。

ということで、まずは早速あなたの現時点のBMI、WHR、SHRの3つを、今すぐ算出してみましょう。

そして、もし理想とかけ離れている数値があれば、あなたはどのトレーニングをやれば良いのか、自ずと答えが出てくるわけです。

SHRの値が1.3より低いのであれば、三角筋や大胸筋、背筋の肥大による肩まわりのサイズアップをしていけば良いわけです。

WHRの値が0.9より高いのあれば、腹直筋や外腹斜筋を鍛えてウエストまわりのサイズダウンをしていけば良いわけです。

何度も言いますが、トレーニングを継続すれば、必ずカッコいいカラダは手に入ります。

カラダがカッコよくなれば、シンプルな服装でもキマるようになります。

肩周りが大きければ、身長の低さもカバーできます。

ぜひ、あなたの男性的魅力を最大限に引き出して、女性達をメロメロにさせていってくださいね。